セレンディップ・ホールディングス【7318】のIPO抽選申込どうする?

3日後以内に上場予定のIPO銘柄があるかチェックします 本日、需要申告(BB)に申し込めるIPO銘柄があるかチェックします 最新IPOの上場結果/予定/カレンダーが確認できます 投票IPO申し込みアンケート投票の状況が一覧で確認できます
> > セレンディップ・ホールディングス【7318】のIPO抽選申込どうする?

スポンサードリンク

セレンディップ・ホールディングス【7318】のIPO抽選申込どうする?

 

 

serendip-hd-ipo

作成:2021/05/27

セレンディップ・ホールディングス IPOの紹介

 

コード 7318
会社名

セレンディップ・ホールディングス(株)

市場

マザーズ

事業内容

ものづくり企業を中心としたM&Aによる投資。
傘下に収めた企業では自動車部品製造、FA装置製造。
企業価値の回復、向上を図るプロ経営者、エンジニアの派遣

上場日

2021/06/24

初値  

 

 

需要申告(ブックビルディング)スケジュール

 

セレンディップ・ホールディングス の株式割り当て抽選への参加は誰でも可能ですが、まず以下の期間に指定の証券会社で需要申告する必要があります。=>IPOの応募の流れやルールなどはこちらを参考

 

2021/06/08(火)~06/14(月)まで

=>最新IPOスケジュールをカレンダーで確認

 

IPOの申し込み期間は約7日間と短くなっていますので申し込み忘れにご注意下さい。

※申し込み可能な証券会社は、ページ最下部で紹介しています。

 

 

IPO抽選対象の株数

 

977,400株

 

(内訳)

公募: 850,000

引受人の買い取り引受による売り出し: なし

オーバーアロットメントによる売り出し: 127,400

 

過去数年のデータをもとにした市場別の株数のおおよそ規模感

serendip-hd-ipo-maza-zu
serendip-hd-ipo-kabusuu

 

 

想定発行価格と仮条件の価格

 

想定発行価格 1130円
仮条件の価格 ※2021/06/04に決定予定

 

 

セレンディップ・ホールディングスの強み

tsuyomi

※独自の見解な どを含みます。

  1. M&Aに関わる全般的な業務を自社グループで一気通貫
    ※金融に精通したプロフェッショナル人材が多数在籍
  2. プロ経営者の派遣
    ※中小企業経営の近代化・複雑化・高度化に対応
    ※経営執行にコミットしたPMIの実行、コンサルティング
  3. エンジニアの派遣
    ※専門性の高いプロフェッショナルを正社員として雇用
    ※自動運転や電動化で自動車分野とは異なる高度な技術者のニーズが高まってる
  4. M&Aによって傘下に収めた自動車産業に関わる中小企業
    ※自動車製造業において高い品質の部品を安定供給し続けるサプライヤー
    ※FA装置製造企業

 

point<管理人コメント>

 

以下は2020/03期の売上高に対する各事業の内訳です。

serendip-hd-uriageuchiwake

売上の内訳を見ると、ほとんどが「ものづくり事業」となっています。

 

M&Aノウハウや経営コンサルティングが土台にあるものの、売上の中身としては、自動車部品製造、FA装置製造による事業が中心となっているようです。

serendip-hd-kogaisha

 

 

直近の決算状況と業績の推移

serendip-hd-gyouseki

 

クリック>>業績データを開く/閉じる

 

 

以下、連結決算。

  2019/03 2020/03 2020/12
(第3四半期)
売上高
(百万円)
12961 15196 10551
経常利益
(百万円)
116 215 384
当期純利益
(百万円)
378 91 371
1株当たり
配当額(円)
- - -
1株当たり
当期純利益(円)
131 30 120

※単位(百万円)、(円)の小数点以下端数は全て四捨五入で表示しています。

 

↓ 前年同期比へ置き換えたものがこちら

  2019/03 2020/03 2020/12
(第3四半期)
売上高の
前年同期比
- 17.24% -30.57%
経常利益の
前年同期比
- 85.34% 78.60%

 

以下、単体決算。

serendip-hd-gyouseki2

  2015/12 2016/12 2017/12 2018/03 2019/03 2020/03
売上高
(百万円)
160 202 186 48 233 333
経常利益
(百万円)
2 23 42 2 △ 3 22
当期純利益
(百万円)
△ 1 24 55 1 △ 7 9
1株当たり
配当額(円)
- - - - - -
1株当たり
当期純利益(円)
△ 7 145 383 5 △ 2 3

※単位(百万円)、(円)の小数点以下端数は全て四捨五入で表示しています。

 

↓ 前年同期比へ置き換えたものがこちら

  2015/12 2016/12 2017/12 2018/03 2019/03 2020/03
売上高の
前年同期比
- 26.25% -7.92% -74.19% 385.42% 42.92%
経常利益の
前年同期比
- 1050.00% 82.61% -95.24% -250.00% 833.33%

 

point<管理人コメント>

連結決算のデータが少ないので傾向を判断することは難しいですが、
直近の売上は拡大傾向?2020/12時点の進捗状況は鈍化ペース?
直近の経常利益は拡大傾向です。

 

コロナウィルスによる影響ですが、 M&Aニーズが一段と増加した一方で、 ものづくり事業においては「大きな打撃」を受けたとのこと。 ただし2020/12時点では売上が回復してきているとのこと。

 

コロナウィルスによる影響を受けて徹底的なコストの削減・見直しに注力したとありました。 売上の伸びに対して、経常利益の伸びが大きくなっているのはその影響でしょうか?

 

 

・連結子会社の詳細

設立/子会社化 会社名 所在地
2015/10 佐藤工業㈱ 愛知県
2018/08 三井屋工業㈱ 愛知県
2014/10 天竜精機㈱ 長野県
2018/12 ㈱サンテクト 名古屋市
2020/03 セレンディップ・フィナンシャルサービス㈱ 名古屋市

 

 

新規発行による手取金の使途

serendip-hd-ipo-shito

 

新規発行による手取金の概算額 872 百万円
第三者割り当て増資の手取概算上限 132百万円

 

人件費、採用・教育費 484 百万円
※プロ経営者候補となる人材
R&D、DXへの投資 400 百万円
※新製品、新素材・技術開発のためのR&D
※教育管理IoTツールを活用した生産性の高い工場
※先進的な工場設備、システム活用をしたものづくり事業の生産性向上
※業務効率化のための統一システムによりシェアード化構築
※グループ企業間のコミュニケーション向上のためグループウェア構築

運転資金 120 百万円
残額 0円

 

 

セレンディップ・ホールディングスの成長余力

 

※独自の見解などを含みます。

  1. M&A・アライアンス戦略の実行
    ※主に成長性の見込めるスマートファクトリー、オートモーティブサプライヤー分野
    ※共同出資を前提とした金融機関や事業会社との戦略的アライアンス
    ※自社グループの自動車分野の成長に必要なベンチャー投資
  2. 子会社向上の生産性向上
    ※スマートファクトリーのモデル工場とし、マルチランゲージに対応したタブレット端末等
  3. グループシェアードサービスの推進
    ※人事、労務、経理、財務、法務、IT部門等のバックオフィス業務の標準化
  4. 新市場への進出
    ※CASE、AI/Iot、5G、医療機器等の分野を検討
  5. 生産技術革新・現場改革を推進
    ※リサイクル率向上、低騒音化
    ※工場の省人、無人化による生産性・品質の向上
    ※DX推進によるアナログプロセス撤廃
  6. 海外生産拠点の展開
    ※北米、ASEAN地域
    ※高品質デリバリー、リモート生産管理体制等の技術伝承を提供予定
    ※高度外国人材の採用・育成・活用

 

point<管理人コメント>

 

serendip-hd-jigyou

 

 

株主の構成とロックアップ期間など

 

上位株主の所有割合と一定期間、株の売却ができないロックアップ条件の詳細になります。
  

氏名、又は名称 役職、関係性など 所有割合 ロックアップ
髙村 徳康 代表取締役会長、
子会社の取締役
19.39% 180日間
竹内 在 代表取締役社長、
子会社の取締役
19.39% 180日間
諸戸グループマネジメント株式会社   12.07% 180日間
以下続きを開く/閉じる
一徳合同会社 ※A 8.05% 180日間
ネクストシークエンス合同会社 ※A 8.05% 180日間
株式会社カリン   4.60% 180日間
アント・ブリッジ4号A投資事業有限責任組合   4.60% 90日間、1.5倍除く
セレンディップグループ従業員持株会   3.79% 180日間
芦部 喜一   1.72% 180日間
株式会社大垣共立銀行   1.53% 180日間
東山株式会社   1.53% 180日間
株式会社名南経営コンサルティング   1.53% 180日間
芦部 誠   0.89% 180日間
吉野 友美   0.89% 180日間
川口 美佐子   0.89% 180日間
芦部 奈菜   0.89% 180日間
芦部 さやか   0.89% 180日間
小野 賢一 子会社の取締役 0.87% 180日間
植村 達司 子会社の取締役 0.87% 180日間
みずほ成長支援第2号投資事業有限責任組合   0.77% 90日間、1.5倍除く
杉本 一成   0.77% 180日間
杉本 哲也   0.77% 180日間
株式会社東海電子ホールディングス   0.76% 180日間
株式会社三十三銀行   0.61% 180日間
小谷 和央 取締役 0.60% 180日間
上記合計   96.72%  

※上記以下は省略しています。

 

180日のロックアップ期間:2021/12/20

90日のロックアップ期間:2021/09/21

初値形成後に発行価格の1.5倍以上で売却がなされる場合があります。

ロックアップ期間中でも主幹事会社は、裁量で解除できる権限を有しています。

第三者割当等に関して割当を引き受けたものとの間で継続所有等の確約あり。

 

 

売り出し株式の詳細

 

なし

 

 

初値上昇の期待について管理人コメント

 

point<管理人コメント>

経営や金融のノウハウを活かした中小企業支援というだけでなく自社グループの傘下にして、会社の価値を上げるという取り組みは凄いなと思いました。投資としては見返りも大きくなる分、当然リスクも大きいわけで、それだけの自信がないとできないことです。
一般的なM&A支援、経営コンサルティング支援とは全く次元の事業展開だなと思いました。

 

自動車産業の大きな変革期であることや、省人化などのFAも色々な新しいITテクノロジーが出てきていますので今後の成長拡大にも期待したい会社だなと思いました。

 

 

ロックアップはしっかりしており問題ありません。

 

ベンチャーキャピタルによる売出しはなし。

 

マザーズ市場としては公開株数は普通くらいで特別多くはないです。

 

過去にマザーズ市場で同程度程度の公開株数だったものを確認してみます。

 

・2020年で同程度の公開株数だったマザーズ銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
4060 rakumo(株) 09/28 1,524,900 1250 3800 204.00%
6612 バルミューダ(株) 12/16 1,650,200 1,930 3,150 63.21%
7694 (株)いつも 12/21 1,610,000 1,540 3,610 134.42%

 

・2019年で同程度の公開株数だったマザーズ銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
7059 コプロ・ホールディングス 03/19 1,610,000 2,090 2,395 14.59%
4475 HENNGE 10/08 1,504,200 1400 2001 42.93%

 

・2018年で同程度の公開株数だったマザーズ銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
7041 CRGホールディングス
10/10 1,552,500 1120 1832 63.57%
4427 EduLab 12/21 1,656,100 3,200 3,270 2.19%

 

・2017年で同程度の公開株数だったマザーズ銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
6562 ジーニー 12/18 1,504,200 1350 2674 98.07%

 

事業内容により様々ですが、それなりに初値上昇しているものも多く確認できます。昨年は相場状況が良かった影響もあるのか、事業内容が良かったのか初値が大きく上昇したものもあります。
小幅な上昇にとどまったものもありますが、公募割れが無いのは好印象です。

 

業績はコロナウィルスによる影響が気になりますが、トヨタ自動車の報道を見ると回復基調でむしろ好調という話も出ています。M&Aを強みとした事業成長やIT活用など一般的な製造企業とはまた違った期待も持てる事業内容です。公開株数は特別多くありませんし、初値は大きく上昇することに期待したいです。

 

 

IPOの申し込みが可能な証券会社はこちら

 

  証券会社名
主幹事 SBI証券
引受 野村證券
引受 三菱UFJモルガン・スタンレー証券
引受 みずほ証券
引受 SMBC日興証券
引受 楽天証券
引受 東海東京証券
引受 岩井コスモ証券
引受 岡三証券
引受 東洋証券
引受 藍澤證券
引受 水戸証券
引受 エイチ・エス証券
岡三オンライン証券

 

ネット証券のSBI証券が主幹事なのはチャンスです!

個人向け配分の多いネット証券のSBI証券は外れた場合にIPOポイントがもらえますので、ポイント狙いでとりえず申し込みしておくのは良いと思います。 

 

このページを見た人のアンケート

wan

=>他IPO銘柄の投票状況を見てみる

 

 

このページを見た人の初値予想

hatsune-yosou

結果を見ないで自分で予想するのが大事じゃ。

 

 

口コミ評価など

 

 

 

 

 

 

point<注意>
IPOに関する情報は、購入申し込み期間直前まで改定される場合があります。必ず最新の目論見書で内容をご自分で確認してから申し込むようにして下さい。ここで紹介した内容に間違いなどがあったとしても責任は持てませんので自己責任においてしっかり確認してください。
=>目論見書の見方はこちらを参考にして下さい








★この記事を読んだ方はシェア/ブックマークで応援お願いします。

 



ipo-banar


トップページへ


↑このページ先頭へ

スポンサードリンク

お役立ち関連記事

ついでに読みたい

  1. HCSホールディングス【4200】のIPO抽選申込どうする?
  2. アイドマ・ホールディングス【7373】のIPO抽選申込どうする?
  3. ドリームベッド【7791】のIPO抽選申込どうする?
  4. ペイロール【4489】のIPO抽選申込どうする?
  5. デコルテ・ホールディングス【7372】のIPO抽選申込どうする?
  6. Enjin【7370】のIPO抽選申込どうする?
  7. 全研本社【7371】のIPO抽選申込どうする?
  8. テンダ【4198】のIPO抽選申込どうする?
  9. ワンダープラネット【4199】のIPO抽選申込どうする?
  10. メイホーホールディングス【7369】のIPO抽選申込どうする?

IPO2021年06月IPO2021年06月