ベイシス【4068】のIPO抽選申込どうする?

3日後以内に上場予定のIPO銘柄があるかチェックします 本日、需要申告(BB)に申し込めるIPO銘柄があるかチェックします 最新IPOの上場結果/予定/カレンダーが確認できます 投票IPO申し込みアンケート投票の状況が一覧で確認できます
> > ベイシス【4068】のIPO抽選申込どうする?

スポンサードリンク

ベイシス【4068】のIPO抽選申込どうする?

 

 

basis-ipo

作成:2021/05/27

ベイシス IPOの紹介

 

コード 4068
会社名

ベイシス(株)

市場

マザーズ

事業内容

携帯電話、IoT(電気・ガス等)のインフラ、
ネットワーク構築、運用保守。
RPAツールの販売、導入支援、ドローン活用などもあり。

上場日

2021/06/24

初値  

 

 

需要申告(ブックビルディング)スケジュール

 

ベイシス の株式割り当て抽選への参加は誰でも可能ですが、まず以下の期間に指定の証券会社で需要申告する必要があります。=>IPOの応募の流れやルールなどはこちらを参考

 

2021/06/08(火)~06/14(月)まで

=>最新IPOスケジュールをカレンダーで確認

 

IPOの申し込み期間は約7日間と短くなっていますので申し込み忘れにご注意下さい。

※申し込み可能な証券会社は、ページ最下部で紹介しています。

 

 

IPO抽選対象の株数

 

401,300株

 

(内訳)

公募: 196,000

引受人の買い取り引受による売り出し: 153,000

オーバーアロットメントによる売り出し: 52,300

 

過去数年のデータをもとにした市場別の株数のおおよそ規模感

basis-ipo-maza-zu
basis-ipo-kabusuu

 

 

想定発行価格と仮条件の価格

 

想定発行価格 1960円
仮条件の価格 ※2021/06/04に決定予定

 

 

ベイシスの強み

tsuyomi

※独自の見解な どを含みます。

  1. 通信インフラ構築におけるノウハウ・スキル
    ※基地局等の施工、全国20万箇所以上のキャリアWi-Fi構築実績
    ※特定の通信事業者に限ることなく提供ができる
    ※主要通信方式(4G、5G、WiFi、WiMAX、AXGP、LoRA等)に対応可能
  2. 独自構築している業務管理システム
    ※「BLAS」
  3. RPA、AIなどのテクノロジー活用
    ※オペレーションコスト削減、ヒューマンエラー低減
  4. ストック型のビジネス
    ※客先常駐型プロジェクトは数年続くこともある。1ヶ月~3ヶ月契約を継続的に更新
    ※基地局工事完了時の売上はフロー型
  5. 全国型の大規模案件にも対応可能な体制
    ※全国の主要な都市(札幌、仙台、東京、大阪、広島、福岡)の事業拠点にエンジニア配置
    ※全国各地の協力会社ネットワークを構築

 

point<管理人コメント>

 

サービス別の売上内訳が公開されておらず不明です。

 

主な取引相手の売上内訳データがありましたので紹介しておきます。

basis-uriageuchiwake

携帯電話のインフラサービスが売上の多くを占めるのかな?と思われます。

 

以下、事業領域の説明図。
basis-jigyou2

大規模な設備ではなく、小規模な設備を全国規模で展開するようなものが対象のようですね。

 

以下、事業系統図
basis-jigyou

 

 

・会社説明会

 

 

直近の決算状況と業績の推移

basis-gyouseki

 

クリック>>業績データを開く/閉じる

 

 

  2016/06 2017/06 2018/06 2019/06 2020/06 2020/12
(第3四半期)
売上高
(百万円)
1413 1666 3005 3093 3263 3462
経常利益
(百万円)
74 70 154 101 118 315
当期純利益
(百万円)
25 △ 22 211 62 70 217
1株当たり
配当額(円)
- - - - - -
1株当たり
当期純利益(円)
813 △ 715 6762 39 45 139

※単位(百万円)、(円)の小数点以下端数は全て四捨五入で表示しています。

 

↓ 前年同期比へ置き換えたものがこちら

  2016/06 2017/06 2018/06 2019/06 2020/06 2020/12
(第3四半期)
売上高の
前年同期比
- 17.91% 80.37% 2.93% 5.50% 6.10%
経常利益の
前年同期比
- -5.41% 120.00% -34.42% 16.83% 166.95%

 

point<管理人コメント>

売上は拡大傾向になっています。
経常利益は変動を伴いながらも拡大傾向になっています。

 

コロナウイルスによる影響ですが、 中国で生産していた設置機器の物流の遅れによる一時的な機器の枯渇やガス会社の構造改善事業の開始が遅れる等したそうです。

 

 

新規発行による手取金の使途

basis-ipo-shito

 

新規発行による手取金の概算額 343,427千円
第三者割り当て増資の手取概算上限 94307千円

 

設備投資資金 153,000千円

※Iotエンジニアリングサービスの自社システム機能拡充
※ERPシステムの切り替え導入費
人材採用、研修費 76,494千円
ツール使用料、業務委託費 26,400千円
※新規顧客開拓のための営業管理ツール導入、営業コンサルタントへの業務委託費
広告、販売促進費 28,800千円
社内DX推進 89,416千円
※社内業務効率化のためWEB-EDI導入
※自社開発の予実管理システムの運用
※既存のERPシステム切り替え導入費用、保守費用
※社内DX推進担当の人件費
サーベイ等の実施 14,960千円
※顧客、従業員、パートナー企業のエンゲージメント向上を目的
※測定ツール使用料、コンサルタントのサーベイ実施費用
借入金返済 48,664千円
残額 0千円

 

 

ベイシスの成長余力

 

※独自の見解などを含みます。

  1. 5Gの事業拡大が見込まれる
    ※多くの小型基地局が新たに必要となる
    ※通信事業者内で常駐する各種プロジェクトも増加が見込まれる
  2. モバイルエンジニアリングサービスの客先常駐案件拡大
    ※ストック型案件の拡大
  3. Iot分野では小型通信機器の設置案件が増加している
    ※市場シェア拡大し、保守・運用を獲得していく
  4. 新規顧客開拓
    ※新たな通信キャリア
    ※Iot機器メーカー、その他Iot事業会社
    ※2019年からマーケティング、広報活動をテスト的に進めている
  5. 新たな効率化システムの開発
    ※RPA、AI、ドローン等の活用
  6. 他社とアライアンス、M&A

 

point<管理人コメント>

 

・smasetchi紹介

 

 

株主の構成とロックアップ期間など

 

上位株主の所有割合と一定期間、株の売却ができないロックアップ条件の詳細になります。
  

氏名、又は名称 役職、関係性など 所有割合 ロックアップ
ワイズマネージメント株式会社 ※A 53.42% 180日間
吉村 公孝 代表取締役社長 31.13% 180日間
保有分売出
(19.22%)
ベイシスグループ従業員持株会   7.02% 180日間
以下続きを開く/閉じる
Accuver株式会社   3.36% 全て売出し
和田 健士   0.46% 180日間
高野 竜介 取締役 0.46% 180日間
三菱UFJキャピタル4号投資事業有限責任組合   0.43% 90日間、1.5倍除く
上記合計   96.28%  

※上記以下は省略しています。

※A 役員等により総株主の議決権の過半数が所有されている会社

 

180日のロックアップ期間:2021/12/20

90日のロックアップ期間:2021/09/21

初値形成後に発行価格の1.5倍以上で売却がなされる場合があります。

ロックアップ期間中でも主幹事会社は、裁量で解除できる権限を有しています。

 

 

売り出し株式の詳細

 
売り出し対象となっている株式の株主内訳です。
 

氏名、又は名称 役職、関係性など 株数 割合
吉村 公孝 代表取締役社長 98,000 5.98%
Accuver株式会社   55,000 3.36%
合計   153,000 9.34%

 

 

初値上昇の期待について管理人コメント

 

point<管理人コメント>

携帯電話の5GやIot関連のサービスは、まさに今盛り上がってきているところで需要も沢山あるだろうなと思います。インフラ構築の詳しいことはわかりませんが、RPA、AIなどのテクノロジー活用している点は、大規模に全国展開する設備においては効率化に大きく役立つだろうなとは思います。これからの需要がみこまれているだけに今後の成長拡大に期待したい会社です。

 

 

ロックアップはしっかりしており問題ありません。

 

ベンチャーキャピタルによる売出しはなし。

 

マザーズ市場としては公開株数は少ない方なので初値上昇要因?として期待したい。

 

過去にマザーズ市場で同程度程度の公開株数だったものを確認してみます。

 

・2020年で同程度の公開株数だったマザーズ銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
7695 (株)交換できるくん 12/23 402,500 2,050 4,615 125.12%

 

・2019年で同程度の公開株数だったマザーズ銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
4439 東名 04/03 402,500 3,290 4,205 27.81%

 

・2018年で同程度の公開株数だったマザーズ銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
4394 エクスモーション 07/26 マザーズ 3340 5000 49.70%
7037 テノ.ホールディングス 12/21 402,500 1,920 2,400 25.00%

 

・2017年で同程度の公開株数だったマザーズ銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
6554 エスユーエス 09/13 407,100 2300 4970 116.09%
3484 テンポイノベーション 10/25 430,500 3100 6000 93.55%
3486 グローバルリンクマネジメント 12/13 423,200 2620 6130 133.97%

 

事業内容によりますが、どれもそれなりに上昇しており、大きく上昇しているものもあります。

 

業績は拡大傾向で、5G、Iot関連でこれからの需要が見込める事業分野。公開株数は少ない方だと思いますので初値は大きな上昇に期待したいです。

 

 

IPOの申し込みが可能な証券会社はこちら

 

  証券会社名
主幹事 みずほ証券
引受 SMBC日興証券
引受 SBI証券
引受 岡三証券
引受 いちよし証券
引受 東海東京証券
引受 岩井コスモ証券
引受 マネックス証券
引受 楽天証券

 

ネット証券で平等抽選であるマネックス証券などは忘れずに申込みしておくことをオススメします。

 

 

このページを見た人のアンケート

wan

=>他IPO銘柄の投票状況を見てみる

 

 

このページを見た人の初値予想

hatsune-yosou

結果を見ないで自分で予想するのが大事じゃ。

 

 

口コミ評価など

 

 

 

 

 

 

point<注意>
IPOに関する情報は、購入申し込み期間直前まで改定される場合があります。必ず最新の目論見書で内容をご自分で確認してから申し込むようにして下さい。ここで紹介した内容に間違いなどがあったとしても責任は持てませんので自己責任においてしっかり確認してください。
=>目論見書の見方はこちらを参考にして下さい






★この記事を読んだ方はシェア/ブックマークで応援お願いします。

 



ipo-banar


トップページへ


↑このページ先頭へ

スポンサードリンク

お役立ち関連記事

ついでに読みたい

  1. HCSホールディングス【4200】のIPO抽選申込どうする?
  2. セレンディップ・ホールディングス【7318】のIPO抽選申込どうする?
  3. アイドマ・ホールディングス【7373】のIPO抽選申込どうする?
  4. ドリームベッド【7791】のIPO抽選申込どうする?
  5. ペイロール【4489】のIPO抽選申込どうする?
  6. デコルテ・ホールディングス【7372】のIPO抽選申込どうする?
  7. Enjin【7370】のIPO抽選申込どうする?
  8. 全研本社【7371】のIPO抽選申込どうする?
  9. テンダ【4198】のIPO抽選申込どうする?
  10. ワンダープラネット【4199】のIPO抽選申込どうする?

IPO2021年06月IPO2021年06月