IPO投資の管理をエクセルで面倒なチェック作業を自動化!

> > IPO投資の管理をエクセルで面倒なチェック作業を自動化!

スポンサードリンク

IPO投資の管理をエクセルで面倒なチェック作業を自動化!

 

 

ipo-kanri
あなたはIPO投資の面倒臭さに心が折れそうになっていませんか?
IPO投資で需要申告(ブックビルディング)などの応募状況の管理を簡単にするとても便利なTOOLを紹介します。

IPO投資は魅力的なはずなのにヤメてしまう人は多い

 

IPO投資は人気の銘柄に抽選で当たりさえすれば大きく儲けることのできる可能性がある投資です。

=>IPO投資について知らない方はこちら

 

ただしそれだけに抽選倍率は高く、すぐに当たるものでもありません。

それでも抽選に参加するだけならノーリスクでコストもゼロなので参加し続ければいいだけなのですが、途中でやめてしまう人はとても多いです。

 

 

IPO投資をヤメてしまう理由は面倒な作業が多いから

 

IPO投資でやるべきことは抽選に参加するということが全てではあるのですが、

ブックビルディングなどのルールが複雑なため思っている以上に作業が多いです。

 

主な作業は以下の5つです。

 ・最新IPO情報のウォッチ

 ・需要申告(ブックビルディング)の参加申し込み

 ・当選状況の確認

 ・購入申し込み

 ・初値売りの注文

 

1つのIPOを申し込みだけの作業を考えるととても単純なものだと思うかもしれませんが、

通常、1つの銘柄に対して、複数の証券会社へ申し込むのが当たり前になっています。

 

それからIPOが多い年では、

1年間に100件以上もの企業が上場することもあり、そのほとんどに応募するとなるとその作業は膨大です。

 

各種状況管理 X 申し込み証券会社数 X IPO件数

= 作業が膨大!

 

そしてさらにIPOを管理するのを難しくさせているのが申し込み期間の短さです。

需要申告の場合は、約1週間。

購入申し込みの場合は、約数日。

決まった期間内に手続きをしないといけないので忘れないように随一チェックが必要です。

 

そして証券会社ごとにルールが違っており申し込み期間なども多少ズレるのですが、

これが数日おきに新しいIPO銘柄が登場するとなると、

日付の管理は複数の銘柄、証券会社を並列で管理しないといけないので混乱してしまいます。

 

数日おきに目視でチェックは相当なツラさ!

 

面倒だけどやれば儲かる可能性があるのに、

浪費する時間を考えるとIPO投資はそれに見合わないというわけです。

 

 

面倒な作業はTOOLで最大限効率化

 

IPOで面倒な作業がネックとなるならTOOLで自動してしまえばよいのです。

私の作ったEXCELツールでは以下のものを自動化しています。

 

(1)最新情報の取得を自動化

 

最新情報取得のボタンを1クリックするだけで現在、応募可能なIPO銘柄のデータを自動で取得できます。

※クリックで拡大

ipo-kanri-excel

shita3

ipo-kanri-excel2

 

この例では、4件のデータが自動で取得された結果となっています。

 

(2)証券会社ごとの応募状況を管理できる

 

各IPO銘柄ごとの応募状況の管理シートも1クリックで自動作成することができ、

申し込み内容や抽選結果などを入力できるようになっています。

※クリックで拡大
ipo-kanri-excel3

※一部の裏幹事などは自動表示できませんが個別で追加は可能です。

 

(3)各種チェックを自動化

 

各種チェックのボタン1クリックするだけで、色々なチェックが全て一括完了します。

ipo-kanri-excel4

 

各銘柄ごとの日付などを目視で確認する必要がないのでとても楽ちん!

IPOごとの管理状況は、一覧表示で一目瞭然となっています。

確認忘れなどがある場合は、警告メッセージで教えてくれます。

 

 

IPO管理状況のチェック内容

 

主に以下の状況にある場合、メッセージにて教えてくれます。

 ・応募できるのに応募していないものをお知らせ
 ・申し込みしたもので抽選日が過ぎたものをお知らせ
 ・購入できるのに購入申し込みしていないものをお知らせ
 ・購入申し込み(当選)したものがある場合、上場日の3営業日前から初値売りの警告

 

ボタンを押すだけでこれらの確認忘れなどを防ぐことができます。

 

 

日々のTOOL運用イメージ

 

定期的にボタンを押すだけの単純ルーチンワーク!

 

1週間に1回だけ最新データの取得をする

 

1週間に一度は、「最新情報の取得」ボタンを1回 だけクリックします。

上場企業の公表は、需要申告(ブックビルディング)開始日の2週間前くらいには公表されますので、一週間に一度くらいは最新情報があるかないかどうかを確認すればよいと思います。

 

3日に1回はチェック処理をする

 

購入申し込みが3日程度と短かったり、証券会社ごとのルールを考えると、

3日に1回は「各種チェック」ボタンを1回だけクリックすることが望ましいです。

 

もちろんですが、

IPO閑散期や応募したいものが無い時期などはチェックする必要はありません。

状況に合わせてご自由に運用をルール化してくだされば構いません。

 

 

TOOLを使えばIPO投資は必ず継続できる

 

ほとんどの作業をTOOLで自動化出来ているのが分かると思いますが、

ボタンを押すだけで多くの管理が出来てしまいます。

 

こまめにボタンをクリックする必要はありますが、

日付などを何も考えることなく確認忘れを全て防止できるので作業はとても単純です。

 

時間の大幅な節約ができて、

難しいことは何も考えずボタンを押すだけの単純作業。

 

極限まで作業を効率化できると思いますので、

これなら面倒なあなたもIPO投資を継続できると思います!

 

一度、TOOLを使ってみると分かりますが、

自分で手動で記入しながら毎日のように時間を費やす作業なんていかに時間を浪費していたか実感しますよ。

 

継続さえできれば、後は当たるまで待つのみ!

 

 

このTOOLは過去にのりたマガジンの読者向けに配布したものですが、

2017年5月号のバックナンバーを入手していただくことで誰でも利用することができます。

 

IPO管理TOOLは、

以下のメルマガより入手できます

↓ ↓ ↓

toushitool






★この記事を読んだ方はシェア/ブックマークで応援お願いします。

 




トップページへ


↑このページ先頭へ

スポンサードリンク

お役立ち関連記事

ついでに読みたい

  1. 投資信託の基準価額を1クリックで簡単に速報チェック!
  2. 米国REIT押し目買いチェックTOOL【無料プレゼント】
  3. 暴落後は株価の反発買いで大きく儲ける!投資銘柄を比較して発掘せよ
  4. 投資信託の設定来安値と高値価格で逆張り!一瞬で検索
  5. 毎月分配型の取り崩し儲かったと思わせる行動ファイナンス問題を把握
  6. 株価の天井サイン相場急落パターンで売り!過熱度で早めにチェック
  7. 経済を見通せない投資シロウト資金の売り買い越し変化でトレンド判断
  8. 株の逆張りテクニカル手法を投資信託で使う!買い時を自動検知
  9. 株の押し目買い判断タイミング見極めずらしい投資信託TOOL
  10. メルマガで投資の勉強する!学校で教えてくれないお金の増やし方

投資信託TOOL メニュー投資信託TOOL メニュー