HCSホールディングス【4200】のIPO抽選申込どうする?

3日後以内に上場予定のIPO銘柄があるかチェックします 本日、需要申告(BB)に申し込めるIPO銘柄があるかチェックします 最新IPOの上場結果/予定/カレンダーが確認できます 投票IPO申し込みアンケート投票の状況が一覧で確認できます
> > HCSホールディングス【4200】のIPO抽選申込どうする?

スポンサードリンク

HCSホールディングス【4200】のIPO抽選申込どうする?

 

 

hcs-hd-ipo

作成:2021/05/27

HCSホールディングス IPOの紹介

 

コード 4200
会社名

(株)HCSホールディングス

市場

ジャスダック(スタンダード)

事業内容

製造、運輸、公共、金融等の分野において
業務ソフトウェアの設計、開発、保守、運用サービス提供。
国土行政区画コードマスター関連サービス提供。
ERP(SAP)導入支援、開発サービス提供。

上場日

2021/06/24

初値  

 

 

需要申告(ブックビルディング)スケジュール

 

HCSホールディングス の株式割り当て抽選への参加は誰でも可能ですが、まず以下の期間に指定の証券会社で需要申告する必要があります。=>IPOの応募の流れやルールなどはこちらを参考

 

2021/06/09(水)~06/15(火)まで

=>最新IPOスケジュールをカレンダーで確認

 

IPOの申し込み期間は約7日間と短くなっていますので申し込み忘れにご注意下さい。

※申し込み可能な証券会社は、ページ最下部で紹介しています。

 

 

IPO抽選対象の株数

 

724,500株

 

(内訳)

公募(自己株式の処分): 360,000

引受人の買い取り引受による売り出し: 270,000

オーバーアロットメントによる売り出し: 94,500

 

過去数年のデータをもとにした市場別の株数のおおよそ規模感

hcs-hd-ipo-jasdaq
hcs-hd-ipo-kabusuu

 

 

想定発行価格と仮条件の価格

 

想定発行価格 1730円
仮条件の価格 ※2021/06/07に決定予定

 

 

HCSホールディングスの強み

tsuyomi

※独自の見解な どを含みます。

  1. 製造、運輸、公共、金融等の幅広い分野で実績
    ※電力、航空、鉄鋼業のエンドユーザー系情報子会社が主要顧客
  2. 長期的な信頼関係に基づく安定的な収益基盤
    ※電力・航空・鉄鋼などの大手設備産業系の情報子会社
    ※大手システムインテグレータ、大手コンサルティングファームなど
  3. 国土行政区画コードマスター
    ※40年以上前に開発
    ※A
  4. SAP導入支援・開発の実績
    ※1999年からサービス提供
  5. 海外有力ベンダーとのアライアンス
    ※SAPジャパン、Infor(米国・ジャパン)、OutSystemsジャパン、グーグル(広告関連)
  6. 多彩な技術者が所属
    ※情報サービス事業、ERP事業、デジタルマーケティング事業の3セグメントにまたがる事業展開。

 

※A 製品のライフサイクルが成熟期を過ぎている点、主要顧客である金融機関の統合による顧客数減少、2020年の独占禁止法の適用除外を認める特例法により地方金融機関の統合の本格化が見込まれている点は注意。

 

point<管理人コメント>

 

以下は2020/03期の売上高に対する各事業の内訳です。

hcs-hd-uriageuchiwake

 

6割が「情報サービス事業」となりますが、システムインテグレーションサービスと国土行政区画コードマスターのサービスが含まれます。詳細な内訳がないので国土行政区画コードマスターのサービスがどれくらいの売上なのか不明です。

 

ERPのSAP導入支援事業が約3割。ネット広告を運用するデジタルマーケティング事業が残りとなっています。

 

 

直近の決算状況と業績の推移

hcs-hd-gyouseki

 

クリック>>業績データを開く/閉じる

 

 

以下、連結決算。

  2019/03 2020/03 2020/12
(第3四半期)
売上高
(百万円)
4436 4748 3497
経常利益
(百万円)
174 367 310
当期純利益
(百万円)
104 284 154
1株当たり
配当額(円)
- - -
1株当たり
当期純利益(円)
48 131 71

※単位(百万円)、(円)の小数点以下端数は全て四捨五入で表示しています。

 

↓ 前年同期比へ置き換えたものがこちら

  2019/03 2020/03 2020/12
(第3四半期)
売上高の
前年同期比
- 7.03% -26.35%
経常利益の
前年同期比
- 110.92% -15.53%

 

以下、単体決算。

hcs-hd-gyouseki2

  2017/03 2018/03 2019/03 2020/03
売上高
(百万円)
410 538 592 679
経常利益
(百万円)
77 68 82 75
当期純利益
(百万円)
46 38 73 67
1株当たり
配当額(円)
40 50 50 18
1株当たり
当期純利益(円)
86 70 34 31

※単位(百万円)、(円)の小数点以下端数は全て四捨五入で表示しています。

 

↓ 前年同期比へ置き換えたものがこちら

  2017/03 2018/03 2019/03 2020/03
売上高の
前年同期比
- 31.22% 10.04% 14.70%
経常利益の
前年同期比
- -11.69% 20.59% -8.54%

 

point<管理人コメント>

連結決算のデータが少ないので傾向を判断することは難しいですが、
直近の売上は拡大傾向?2020/12時点の進捗状況は少し鈍化?
直近の経常利益は拡大傾向です。

 

コロナウィルスによる影響ですが、 航空や電力案件等で案件凍結、規模縮小による受注縮小、SAP教育サービスで案件規模縮小があったそうです。 一方ででデジタルマーケティング事業はPCやテレビの需要増加を背景に受注が大幅に拡大したそうです。

 

 

・連結子会社の詳細

設立/子会社化 会社名 所在地
1970/10 ㈱日比谷コンピュータシステム 東京都
2005/10 ㈱オートマティゴ 東京都
1983/02 ㈱アイシス 東京都
2016/09 ㈱日比谷リソースプランニング 東京都
2016/02 ㈱ビジー・ビー 東京都
2013/12 HCS Vietnam Co., Ltd.※A ベトナム

※A 2021/07より会社精算手続き予定

 

 

新規発行による手取金の使途

hcs-hd-ipo-shito

 

新規発行による手取金の概算額 566,976千円
第三者割り当て増資の手取概算上限 150406 千円

 

人件費等 401,382千円
※エンジニア、外部エンジニア
※クラウド移行等の支援強化、従来からのシステム開発拡大、企業の事業部門とのダイレクトビジネス拡大

借入金の返済 316,000千円
残額 0千円

 

 

HCSホールディングスの成長余力

 

※独自の見解などを含みます。

  1. DX関連ビジネスの推進
    ※事業部門とのダイレクトビジネス拡大
  2. 成長分野への軸足をシフト
    ※IT技術からデジタル技術へ
    ※顧客の情報システム部門からビジネス部門へ
    ※新型コロナウィルス拡大に伴う働き方の変化に対応したソリューション
  3. 有力ベンダーとの関係強化、サービス提供
    ※エネルギー消費削減、人手不足対策に資するソリューション等
    ※MicrosoftAzureへのシステム移行、運用支援
    ※InforNexus導入支援
    ※OutSystems導入および開発支援

 

point<管理人コメント>

 

以下は2020/12時点の売上高に対する各事業の内訳です。

hcs-hd-uriageuchiwake2

売上金額で見てみると、情報サービス事業とERP事業は、昨年を下回るペースの進捗となっています。会社の説明にもあったとおり、コロナウィルスによるマイナスの影響が出ているのかなと感じます。

 

ジタルマーケティング事業は昨年を大きく上回るペースの進捗状況となっています。こちらも会社の説明にありましたが、コロナウイルスによる影響がプラスに働いた結果だと思われます。

 

 

株主の構成とロックアップ期間など

 

上位株主の所有割合と一定期間、株の売却ができないロックアップ条件の詳細になります。
  

氏名、又は名称 役職、関係性など 所有割合 ロックアップ
宮本 公 取締役会長 19.19%

180日間
保有分売出
(29.90%)

日本ユニシス株式会社   14.23% 180日間
株式会社東陽建物 ※A 7.76% 180日間
以下続きを開く/閉じる
HCSホールディングス従業員持株会   5.62% 180日間
牟田口 陽介 事業子会社の代表取締役社長 4.73% 180日間
AGキャピタル株式会社   4.59% 90日間、1.5倍除く
沖電気工業株式会社   4.59% 全て売出し
株式会社きんでん   4.59% 180日間
田上 泰利   2.29%  
加藤 俊彦 代表取締役社長 2.23% 180日間
株式会社みずほ銀行   1.93% 180日間
株式会社三菱UFJ銀行   1.93% 180日間
長嶋 博 取締役、
事業子会社の代表取締役社長
1.90% 180日間
大久保 利幸 監査役、
事業子会社の監査役
1.76% 180日間
みずほ成長支援第3号投資事業有限責任組合   1.53% 90日間、1.5倍除く
ワールドビジネスセンター株式会社   1.53% 180日間
永山コンピューターサービス株式会社   1.53% 180日間
内川 忠幸   1.53%  
畠山 幸雄 取締役、
事業子会社の代表取締役社長
1.30% 180日間
竹村 正宏 専務取締役、
事業子会社の取締役
1.24% 180日間
大森 正   1.07%  
久保木 勝義   0.92%  
天野 豊美   0.81%  
株式会社豊田住宅   0.76% 180日間
藤城 孝   0.64%  
大髙 良浩 事業子会社の取締役 0.64% 180日間
大池 雅夫   0.61%  
関根 亘 従業員 0.60%  
古池 信男 取締役、
事業子会社の代表取締役社長
0.50% 180日間
上記合計   87.99%  

※上記以下は省略しています。

 

180日のロックアップ期間:2021/12/20

90日のロックアップ期間:2021/09/21

初値形成後に発行価格の1.5倍以上で売却がなされる場合があります。

ロックアップ期間中でも主幹事会社は、裁量で解除できる権限を有しています。

 

 

売り出し株式の詳細

 
売り出し対象となっている株式の株主内訳です。
 

氏名、又は名称 役職、関係性など 株数 割合
宮本 公 取締役会長 150,000 5.74%
沖電気工業株式会社   120,000 4.59%
合計   270,000 5.74%

 

 

初値上昇の期待について管理人コメント

 

point<管理人コメント>

航空や電力案件等でコロナウイルスによる影響を受けたようですが、幅広い分野での取引があるからこそであり、ある意味、他の分野、事業などでリスク分散効果が得られている部分もあると思います。

 

コロナウイルスによる影響というのはいずれ解消するものですし、技術力を活かして今トレンドになっているDX関連ビジネスの推進をしていくそうなので今後の成長拡大に期待したい会社です。

 

 

ロックアップなし株主が多数いる点は気になりますが、全体としては約8割がロックアップありとなっています。

 

ベンチャーキャピタルによる売出しはなし。

 

ジャスダック市場としては公開株数は普通よりは多い方です。

 

過去にジャスダック市場で同程度程度の公開株数だったものを確認してみます。

 

・2020年で同程度の公開株数だったジャスダック銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
7688 ミアヘルサ(株) 03/17 690,000 2330 1748 -24.98%
4059 (株)まぐまぐ 09/24 680,000 810 3400 319.75%

 

・2019年で同程度の公開株数だったジャスダック銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
7678 あさくま 06/27 677,100 1,250 1,834 46.72%

 

・2018年で同程度の公開株数だったジャスダック銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
7034 イボキン
08/02 717,600 1750 2310 119.69%
4398 ブロードバンドセキュリティ
09/26 805,000 750 2001 166.80%

 

・2017年で同程度の公開株数だったジャスダック銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
6694 ズーム 03/28 725,600 1520 2278 49.87%
7809 壽屋 09/26 690,000 2000 2650 32.50%

 

ミアヘルサは、コロナウイルスによる影響で相場全体が大きく急落していたときなので例外として認識しておくと良いと思います。

 

このくらいの公開株数では初値はそこそこ上昇しているものが多く、大きく上昇しているものも確認できます。上記を見る限り公募割れリスクが少なそうで狙い目?

 

業績はコロナウイルスによる影響(特に航空業界)が長引かないかは気になるところですが、DXなど事業領域の拡大を推進しており、デジタル関連としてトレンドの事業分野だと思います。ちょっとだけロックアップなしの株主がいるのが気になりますが、公開株数は特に気になるものではなく、初値は大きな上昇に期待したいと思います。

 

 

IPOの申し込みが可能な証券会社はこちら

 

  証券会社名
主幹事 SBI証券
引受 みずほ証券
引受 丸三証券
引受 水戸証券
引受 岩井コスモ証券
引受 エイチ・エス証券
引受 東海東京証券
引受 東洋証券
引受 むさし証券
引受 藍澤證券
引受 極東証券

 

ネット証券のSBI証券が主幹事なのはチャンスです!

個人向け配分の多いネット証券のSBI証券は外れた場合にIPOポイントがもらえますので、ポイント狙いでとりえず申し込みしておくのは良いと思います。

 

 

このページを見た人のアンケート

wan

=>他IPO銘柄の投票状況を見てみる

 

 

このページを見た人の初値予想

hatsune-yosou

結果を見ないで自分で予想するのが大事じゃ。

 

 

口コミ評価など

 

 

 

 

 

 

point<注意>
IPOに関する情報は、購入申し込み期間直前まで改定される場合があります。必ず最新の目論見書で内容をご自分で確認してから申し込むようにして下さい。ここで紹介した内容に間違いなどがあったとしても責任は持てませんので自己責任においてしっかり確認してください。
=>目論見書の見方はこちらを参考にして下さい






★この記事を読んだ方はシェア/ブックマークで応援お願いします。

 



ipo-banar


トップページへ


↑このページ先頭へ

スポンサードリンク

お役立ち関連記事

ついでに読みたい

  1. セレンディップ・ホールディングス【7318】のIPO抽選申込どうする?
  2. アイドマ・ホールディングス【7373】のIPO抽選申込どうする?
  3. ドリームベッド【7791】のIPO抽選申込どうする?
  4. ペイロール【4489】のIPO抽選申込どうする?
  5. デコルテ・ホールディングス【7372】のIPO抽選申込どうする?
  6. Enjin【7370】のIPO抽選申込どうする?
  7. 全研本社【7371】のIPO抽選申込どうする?
  8. テンダ【4198】のIPO抽選申込どうする?
  9. ワンダープラネット【4199】のIPO抽選申込どうする?
  10. メイホーホールディングス【7369】のIPO抽選申込どうする?

IPO2021年06月IPO2021年06月