投資信託ファンドで株の初心者は経済投資-始め方

toushishinntaku-tsumitate-point
投資信託の積立でポイントがもらえる証券会社を比較
toushishinntaku-kurejitto
投資信託のクレジットカード積立引き落としメリットデメリット
toushishintakumeritto
投資信託のメリットデメリットを理解すればきっと買いたくなる
 

 

  投資信託の独自分析!>>
  ハイリターン投資での分類: 

 

株をやる前に読んで欲しいサイト!経済投資を知ってますか?

 

 

「株」をやるな!?

 

投資初心者は「個別株」に手を出すのはまだ早いと心得て下さい

 

初心者は「経済」へ投資するのです!

 

いまいちのピンとこない人は多いのではないでしょうか?

 

わかりやすくいえば「投資信託」など、

経済全体をカバーする投資をすることです

 

体系的に考えれば、

一企業より経済への投資が簡単なのは明白!

 

 

私は、色々な投資を経験して気づきました。

 

金融商品、運用方法には「難易度」があることを

 

それが、上記の図です。

 

どんな勉強も、どんな仕事も順を追って学ぶことが重要だと考えています。

しかし、投資のことについて学ぶべき手順を教えてくれるものはありませんでした。

 

色々な金融商品の性質や資産運用の仕方によって選ぶという指南ばかりで、

どう学んでいくべきかという根本の話がほとんど抜けています。

 

経済への投資すらうまく出来ないのに個別株なんて無理

だから失敗する!

 

普段利用している商品やサービスを扱う企業は消費者にとって身近であると言われますが、

実は投資としては身近などではなく難しいと認識すべきです。

業績の下方修正や不正など企業経営者ですら間違えることが多く個人に分かるはずもありません。

 

企業のことより日本経済の方が国民誰もに身近なものです。

なぜなら「日経平均株価」を聞いたことがない人はいないでしょう?

 

だから経済投資が簡単なのです

 

 

「経済投資って何なの?」

「経済投資は、どうあるべきなの?」

 

私が追求してきた投資をぜひ参考にしてみてくださいネ!(^^)

 

「投資信託」を使った運用のリアルをお見せします

 

どうやって進めていけば失敗を少なくして資産を増やしていけるかを学んでみてください。

 

 

投資初心者が最初に学ぶ経済投資

 

なぜ投資初心者が経済投資をすれば儲けることが出来るのか?

自分にあった投資をするにはどうしたらよいか?理解することから初めて下さい

 

 (1)投資の難易度を理解する  (2)分散度で難易度をコントロール  (3)投資の初め方とステップ  (4)投資信託を使って経済投資  (5)投資信託はどのくらい儲かる?

 

 

正しく学べばお金を増やせるのが

経済投資です

 

家計のやりくりと同じくらい堅実におこなうべきもの

 

お金儲けとの違いに早く気づいてください。

 

資産運用・投資が必要な理由

 

 

投資初心者のために、投資の必要性を話しておきます

 

その時になってからでは困ります。

現在から、遠い未来まで予め見通すことが人生にとって重要なことです。

 

生涯賃金だけで、生活は豊かにならない人がほとんどのはず

 

資産運用は、現代において必ずやっておくべきものなのです。

 

厚生年金に40年加入した男性の場合、大雑把にいうと16.5万円/月の年金給付

国民年金40年加入の男性の場合、大雑把にいうとたった6.5万円/月の給付しかない

※年金は、物価変動により変わります。

 

 

将来: 定年後のリタイヤ生活を豊かにするためのお金が欲しい

=> 年金は、生活に使えるお金で精一杯。趣味などに使えるお金は別途、必要。

 

将来: 高齢となったとき保険では足りない医療費、災害、自己防衛に備える

=> 高齢になると働けなくなったり、保険の保証金が少なくなります。予期せぬ、病気、災害が突然襲いかかることも。これは年金でまかなえません。

 

将来: 少子高齢化による年金減少、増税、社会保障費の増加など負担に備えたい

=> 平成27年までに年金額-2.5%が決定。消費税10%へ。年金支給年齡が65歳から70歳へ?高齢者医療費、1割から2割への変更あり?まだまだ始まったばかり。これから増加する一方。

 

将来: 遺産相続に備える

=> 2015年1月以降の相続分から基礎控除が4割縮小で課税対象が拡大。控除額=3000万円+(600万円X法定相続人)。相続1人なら3600万まで。 納税期限は財産所有者の死去を知ってから10か月以内。すぐに売却できないものがあると、利子税を避けるために高金利で借り入れする人もいます。(例)土地、建物、宝石、美術品、農機具、果樹など。思いがけないものがあります

 

現在: リストラ、病気など、突然無職になったときの備え

=> 大企業でのリストラはあるもの。事故やうつ病、難病など突然働けなくるリスクは高い。無職になった後の転職で何年も職につけない。

 

現在: インフレ移行時お金の価値が低下しないようにするため

=> 2013年、日銀による金融緩和でインフレ政策を取りました。モノの価値が下がり、お金の価値が下がる現象です。今、1万円で買えるものが、将来2万円出さないと買えないかもしれないということ。これを防ぐには、モノに投資すること。不動産、高級時計、宝石、モノを生み出す企業への株投資。良いインフレになると経済成長と共に、お金が増えます。

 

現在: お小遣いを増やしたい

=> 将来のことばかり考えてると、今が楽しくありません。お小遣いでお小遣いを増やす。欲しかったものを目標なんかにして楽しく増やすなど。

 

現在: 投資に失敗しないため

=> 投資を勉強すると投資詐欺にあうのを未然に防いだり、損するような金融商品を見分けることができるようになります。特に、退職金で大きな損失をする方が多いです。若い内に投資の経験をしてみる。お金が少ない時に失敗しても人生において問題なし。退職金を使って投資をしないと判断するにしても経験しておかないといけません。高齢者が自分で負える損失を把握できれば、大きな失敗もありません。

 

※結婚、出産、養育費、家など、それほど遠くない人生イベントで必須のお金を投資で捻出しようとするのはオススメしません。
必要な資金は、しっかり確保した上で投資をしてください。投資で増えた場合に、あてがう程度で考えておくと安心して運用できます。

 

ここで書いたことは、大げさではなく現実的なものとして自分で考えてみてください。後から後悔しても遅いですからね。

 

=>老後資金はいくら必要?具体的な計算イメージはこちら