WDBココ【7079】のIPO抽選申込どうする?

3日後以内に上場予定のIPO銘柄があるかチェックします 本日、需要申告(BB)に申し込めるIPO銘柄があるかチェックします 最新IPOの上場結果/予定/カレンダーが確認できます 投票IPO申し込みアンケート投票の状況が一覧で確認できます
> > WDBココ【7079】のIPO抽選申込どうする?

スポンサードリンク

WDBココ【7079】のIPO抽選申込どうする?

 

 

wdbcoco-ipo

作成:2019/12/09 更新:2019/12/26

WDBココ IPOの紹介

(※2019/12/26更新)

コード 7079
会社名

WDBココ(株)
※だぶりゅーでぃーびー

市場

マザーズ

事業内容

製薬企業の医薬品開発における
代行、支援業務の受託。

公募売出
価格
1530円
※仮条件の上限
上場日

2019/12/25

初値
12/26
3400円
+122.22%

 

 

需要申告(ブックビルディング)スケジュール

 

WDBココ の株式割り当て抽選への参加は誰でも可能ですが、まず以下の期間に指定の証券会社で需要申告する必要があります。=>IPOの応募の流れやルールなどはこちらを参考

 

2019/12/09(月)~12/13(金)まで

=>最新IPOスケジュールをカレンダーで確認

 

IPOの申し込み期間は約5日間と短くなっていますので申し込み忘れにご注意下さい。

※申し込み可能な証券会社は、ページ最下部で紹介しています。

 

 

IPO抽選対象の株数

 

657,800株

 

(内訳)

公募: 285,000

引受人の買い取り引受による売り出し: 287,000

オーバーアロットメントによる売り出し: 85,800

 

過去数年のデータをもとにした市場別の株数のおおよそ規模感

wdbcoco-ipo-maza-zu
wdbcoco-ipo-kabusuu

 

 

想定発行価格と仮条件の価格

 

想定発行価格 1390円
仮条件の価格(12/06) 1390~1530円

 

 

WDBココの強み

tsuyomi

※独自の見解などを含みます。

  1. 適正価格サービスを実現
    ※高コストの原因を解消するノウハウ
    ※他社CROに比べて約20~30%コストダウン
  2. 特定の個人に依存しない品質維持の業務体制
    ※未経験者を戦力化する人材育成システム
    ※バランスのとれたチーム編成
    ※配属時のスキルと業務レベルを的確にマッチング
  3. 十分な人材と活動拠点のキャパシティ
    ※WDBグループのネットワークと自社拠点の活用
    ※突発的な業務量の増加にも柔軟な対応が可能

 

point<管理人コメント>

各サービスを提供していますが、売上の詳細は公開されておらず不明でした。

 

提供しているサービスは以下の通り。

wdbcoco-service

医薬品開発の期間はとても長く多くの工程がありますが、
臨床試験から市販後まで幅広い業務支援を提供しているのが確認できます。

wdbcoco-service2

 

以下、東京、神戸、沖縄の国内3ヶ所のオフサイト拠点を活用しているそうです 

wdbcoco-center

神戸データセンター(最大500人分の業務スペース)はWDBグループの自社物件だそうで追加コストをかけずに突発的な業務量の増加に対応できるようになっているそうです。

 

 

直近の決算状況と業績の推移

wdbcoco-gyouseki
※1984/08㈱アイ・シー・オー設立。2012/11WDBメディカル㈱を吸収合併し商号をWDBアイシーオー㈱へ変更。2019/06WDBココ㈱へ商号変更。

 

クリック>>業績データを開く/閉じる

 

  2015/03 2016/03 2017/03 2018/03 2019/03 2019/09
(第2四半期)
売上高
(百万円)
779 982 1140 1467 1782 1132
経常利益
(百万円)
117 212 229 297 338 288
当期純利益
(百万円)
74 137 161 198 237 179
1株当たり
配当額(円)
250000 500000 400000 51 64 -
1株当たり
当期純利益(円)
368354 682676 806354 99 118 90

※単位(百万円)、(円)の小数点以下端数は全て四捨五入で表示しています。

 

↓ 前年同期比へ置き換えたものがこちら

  2015/03 2016/03 2017/03 2018/03 2019/03 2019/09
(第2四半期)
売上高の
前年同期比
- 26.06% 16.09% 28.68% 21.47% -36.48%
経常利益の
前年同期比
- 81.20% 8.02% 29.69% 13.80% -14.79%

 

point<管理人コメント>

売上は拡大傾向です。
経常利益も売上に伴い拡大傾向です。

 

 

新規発行による手取金の使途

wdbcoco-ipo-shito

 

新規発行による手取金の概算額 352,458千円

 

システム開発費等 135,000

※顧客利便性向上、自社業務効率化
人材育成・採用費 60,000千円
人件費増加分 78,000千円
残額 79,458千円
※残額はシステム開発、保守

 

 

WDBココ の成長余力

 

※独自の見解などを含みます。

  1. RPA等の自動化テクノロジーによる業務自動化
    ※コスト削減
  2. サービスプラットフォームの各サービスセグメントへの応用展開
    ※安全性情報管理サービスへのリリース
  3. 問題解決、プロセス構築ができる人材育成によるサービス提供
  4. 事業領域の拡大と差別化
    ※医薬品開発の安全性情報管理業務に特化していく

 

point<管理人コメント>

 

以下は会社の説明にあった事業の拡大領域です。

wdbcoco-seichou

 

CRO市場が拡大傾向であるデータが示されています。

wdbcoco-cro

 

 

株主の構成とロックアップ期間など

 

上位株主の所有割合と一定期間、株の売却ができないロックアップ条件の詳細になります。
  

氏名、又は名称 役職、関係性など 所有割合 ロックアップ
WDBホールディングス㈱ 親会社 94.34% 180日間
保有分売出
(14.35%)
谷口 晴彦 代表取締役 2.83%  
平光 初音 取締役 0.85%  
上記合計   98.02%  

※上記以下は省略しています。

 

180日のロックアップ期間:2020/06/21

ロックアップ期間中でも主幹事会社は、裁量で解除できる権限を有しています。

第三者割当等に関して割当を引き受けたものとの間で継続所有等の確約あり。

 

 

売り出し株式の詳細

 
売り出し対象となっている株式の株主内訳です。
 

氏名、又は名称 役職、関係性など 株数 割合
WDBホールディングス㈱ 親会社 287,000 13.54%
合計   287000 13.54%

 

 

初値上昇の期待について管理人コメント

 

point<管理人コメント>

専門的な業務なので強みや優位性を理解するのはなかなか難しいですが、業務に特化し、コスト削減のノウハウが蓄積されているのだろうなというのは感じました。

 

業績の拡大が示しているとおり、アウトソーシングのニーズが高まっているのは理解できますし、市場は拡大しているということで今後の成長拡大に期待したい会社だとは思います。

 

 

一部ロックアップなしが気になりましたが代表取締役だから問題ないとは思いますが、基本的にはほとんどがロックアップありなので問題無いかなと思います。

 

ベンチャーキャピタルによる売出しは心配なし。

 

 

マザーズ市場としては公開株数は多くはないので初値上昇要因?

 

過去にマザーズ市場で同程度程度の公開株数だったものを確認してみます。

 

・2019年で同程度の公開株数だったマザーズ銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
7063 エードット 03/29 690,000 1,110 2,453 120.99%
7676 グッドスピード 04/25 632,500 1,400 1,750 25.00%
7804 ビーアンドピー 07/24 690,000 2,000 2,400 20.00%
7069 サイバー・バズ 09/19 683,600 2300 4000 73.91%
4476 AICROSS 10/08 699,700 1090 1800 65.14%

 

・2018年で同程度の公開株数だったマザーズ銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
4388 エーアイ 06/27 652,000 1000 3500 250.00%
7034 プロレド・パートナーズ
07/27 713,000 4250 7170 68.71%
4396 システムサポート
08/02 747,500 1750 4000 128.53%
7043 アルー 12/11 675,600 1,370 2,010 46.72%
7046 テクノスデータサイエンス
・エンジニアリング
12/18 616,000 3,200 6,350 98.44%

 

このくらいの公開株数では何でもかんでも大きく上昇するというわけではないですが、それなりの初値上昇が多いのが確認できます。また場合によっては初値の大きな上昇も期待できるものだと思います。

 

医薬品開発関連といっても事業内容としては業務のアウトソーシングであり、利益もしっかりと拡大しているので先行投資で赤字上場しがちな医薬バイオ関連と誤解しないように注意したいところですが、専門性は高い分野ですし、アウトソーシングなどの人材事業は人気もあると思います。公開株数は多くありませんのでそれなりの初値上昇に期待したいです。

 

仮条件の価格は上振れており、需要はしっかりしていると思いますので初値にも期待したところです。

 

 

IPOの申し込みが可能な証券会社はこちら

 

  証券会社名
主幹事 SMBC日興証券
引受 みずほ証券
引受 いちよし証券
引受 SBI証券
引受 楽天証券

 

あまり引き受け証券会社としては登場しない楽天証券は穴場だと思いますので積極的に参加される方はお忘れなく

 

 

ipo-kabucom-banar

 

 

このページを見た人のアンケート

wan

=>他IPO銘柄の投票状況を見てみる

 

 

このページを見た人の初値予想

hatsune-yosou

結果を見ないで自分で予想するのが大事じゃ。

 

 

口コミ評価など

 

 

 

 

 

 

point<注意>
IPOに関する情報は、購入申し込み期間直前まで改定される場合があります。必ず最新の目論見書で内容をご自分で確認してから申し込むようにして下さい。ここで紹介した内容に間違いなどがあったとしても責任は持てませんので自己責任においてしっかり確認してください。
=>目論見書の見方はこちらを参考にして下さい








★この記事を読んだ方はシェア/ブックマークで応援お願いします。

 



ipo-banar


トップページへ


↑このページ先頭へ

スポンサードリンク

お役立ち関連記事

ついでに読みたい

  1. スポーツフィールド【7080】のIPO抽選申込どうする?
  2. AI inside【4488】のIPO抽選申込どうする?
  3. global bridge HOLDINGS【6557】のIPO抽選申込どうする?
  4. カクヤス【7686】のIPO抽選申込どうする?
  5. スペースマーケット【4487】のIPO抽選申込どうする?
  6. INCLUSIVE【7078】のIPO抽選申込どうする?
  7. SREホールディングス【2980】のIPO抽選申込どうする?
  8. ランディックス【2981】のIPO抽選申込どうする?
  9. JTOWER【4485】のIPO抽選申込どうする?
  10. ユナイトアンドグロウ【4486】のIPO抽選申込どうする?

IPO2019年12月IPO2019年12月