タスキ【2987】のIPO抽選申込どうする?

3日後以内に上場予定のIPO銘柄があるかチェックします 本日、需要申告(BB)に申し込めるIPO銘柄があるかチェックします 最新IPOの上場結果/予定/カレンダーが確認できます 投票IPO申し込みアンケート投票の状況が一覧で確認できます
> > タスキ【2987】のIPO抽選申込どうする?

スポンサードリンク

タスキ【2987】のIPO抽選申込どうする?

 

 

tasuki-ipo

作成:2020/09/02

タスキの紹介

 

コード 2987
会社名

(株)タスキ

市場

マザーズ

事業内容

東京23区を中心に1棟の新築投資用IoTレジデンスの
開発・販売、ソリューションの提供。

上場日

2020/10/02

初値  

 

 

需要申告(ブックビルディング)スケジュール

 

タスキの株式割り当て抽選への参加は誰でも可能ですが、まず以下の期間に指定の証券会社で需要申告する必要があります。=>IPOの応募の流れやルールなどはこちらを参考

 

2020/09/14(月)~09/18(金)まで

=>最新IPOスケジュールをカレンダーで確認

 

IPOの申し込み期間は約5日間と短くなっていますので申し込み忘れにご注意下さい。

※申し込み可能な証券会社は、ページ最下部で紹介しています。

 

 

IPO抽選対象の株数

 

345,000株

 

(内訳)

公募: 300,000

引受人の買い取り引受による売り出し: なし

オーバーアロットメントによる売り出し: 45,000

 

過去数年のデータをもとにした市場別の株数のおおよそ規模感

tasuki-ipo-maza-zu
tasuki-ipo-kabusuu

 

 

想定発行価格と仮条件の価格

 

想定発行価格 630円
仮条件の価格 ※2020/09/10に決定予定

 

 

タスキの強み

tsuyomi

※独自の見解などを含みます。

  1. 東京23区・駅近(徒歩5分)特化型の用地仕入れ
    ※資産価値が変わらない
    ※景気の波に左右されにくい
  2. 企画力・デザイン力
    ※土地の特性、地域性、周辺環境とのバランスを考慮してプロジェクト毎に独立したコンセプトによる空間デザイン
  3. 富裕層をターゲットとした販売戦略
    ※相続税対策・資産継承
    ※3億円前後の投資しやすい価格設定
  4. 資産価値を高めるIot、家具家電付、ストレージを採用
  5. 蓄積した各種独自データの活用
    ※物件情報、賃貸相場、建物開発情報、人口、乗車客数、路面価

 

point<管理人コメント>

 

以下、2019/09期の売上高に対する各事業の内訳です。
tasuki-uriageuchiwake

売上の多くが新築投資用IoTレジデンスの開発・販売となっています。

 

tasuki-jigyou

Iotを強調するわりにはアピール情報がほとんどなくてよく分かりませんが、Iot家電との連携や外出先からスマホで操作など一般的にイメージするようなIot不動産にはなっていそうです。

 

1階部分をトランクルームにすることで収益化するというアイディアもあるようで面白いですね。

 

 

芸能人の高橋真麻さんがイメージキャラクターになっているようです。※会社のWebサイトより
tasuki-tarento

 

 

直近の決算状況と業績の推移

tasuki-gyouseki
※2013/08㈱TNエステート設立。2017/10㈱TASUKIに商号変更。
2019/10㈱タスキに商号変更。※2017/09期は6ヶ月間のみ

 

クリック>>業績データを開く/閉じる

 

 

  2015/03 2016/03 2017/03 2017/09 2018/09 2019/09 2020/06
(第3四半期)
売上高
(百万円)
- 66 13 211 3117 5118 5007
経常利益
(百万円)
△ 1 4 2 4 108 330 319
当期純利益
(百万円)
△ 1 4 1 2 73 222 219
1株当たり
配当額(円)
- - - - - - -
1株当たり
当期純利益(円)
△ 2886 19541 5583 7 25 69 47

※単位(百万円)、(円)の小数点以下端数は全て四捨五入で表示しています。

 

↓ 前年同期比へ置き換えたものがこちら

  2015/03 2016/03 2017/03 2017/09 2018/09 2019/09 2020/06
(第3四半期)
売上高の
前年同期比
- #VALUE! -80.30% 1523.08% 1377.25% 64.20% -2.17%
経常利益の
前年同期比
- 500.00% -50.00% 100.00% 2600.00% 205.56% -3.33%

 

point<管理人コメント>

売上は拡大傾向になっています。
経常利益も売上の拡大に伴い拡大傾向です。

 

ちなみに2020/06時点でコロナウイルスの影響は出ているそうです。
仕入れ物件の売買契約のリスケジュールや販売物件の引き渡し時期の遅延が発生しているとのことです。

 

 

新規発行による手取金の使途

tasuki-ipo-shito

 

新規発行による手取金の概算額 164,880千円

 

建築資金 120,000千円
※LiveMana事業の新築投資用IoTレジデンスの開発
DayPay事業 44,880千円
※運転資金、立替資金
残高 0円

 

 

タスキの成長余力

 

※独自の見解などを含みます。

  1. 認知度向上による売上拡大
  2. VRコンテンツによる販売強化
    ※導線VR、物件紹介VR
    ※将来的には取引先各社に提供も検討
  3. エクイティ型のクラウドファンディングを計画中
    ※「タスキFunds」。1口10万円から投資が可能。
  4. コンサルティングサービスの拡大
  5. DayPay事業の拡大

 

point<管理人コメント>

 

以下、2020/06時点の売上高に対する各事業の内訳です。
tasuki-uriageuchiwake2

第3四半期時点ですが、LiveMana事業(不動産販売)の売上割合が増えています。
コンサルティングは昨年と比べてを少し下回って進捗していますが、不動産販売の方は昨年を上回る進捗で推移しており好調です。

 

全体として昨年を上回る進捗率ですが、これでもコロナの影響を受けている上でのことなので本来ならもっと伸びも大きかったのかもしれません。

 

2019/10に開始したばかりのDayPay事業の売上はとても小さいですが、今後の売上拡大に期待したい事業です。

 

◆タスキDayPay
https://www.tasuki-daypay.jp/
給料を前払いできる福利厚生サービスとなっています。
tasuki-daypay

月1回の給与支払いを日払い、週払いで前払いできるようになるサービスです。クラウド型の課金サービスなのですぐに導入できるそうです。

 

それからより注目度が高いのはやはり、
「タスキFunds」だと思います。

 

クラウドファンディングで10万円からの小口で不動産投資できるのは、気軽に誰でも投資できますし、リスク分散にもなりますのでニーズは高いと思いますので今後の成長に期待したいものだと思います。Webの紹介ページはありますが、まだ準備中で詳細は不明です。

 

 

株主の構成とロックアップ期間など

 

上位株主の所有割合と一定期間、株の売却ができないロックアップ条件の詳細になります。
  

氏名、又は名称 役職、関係性など 所有割合 ロックアップ
村上 三郎 取締役会長 52.62% 180日間
㈱東京ウエルズ   7.90%  
㈱ウェッジ   7.18% 180日間、1.5倍除く
以下続きを開く/閉じる
京東㈱   5.74%  
Sanyoホールディングス㈱   2.30%  
渡邉 裕   2.30%  
㈱ジープラン   1.72%  
村田 浩司 代表取締役社長 1.49% 180日間
㈱ジェイ・エス・ビー   1.44%  
朝井 隆夫   1.44%  
米良 浩幸 取締役 1.12% 180日間
柏村 雄 取締役 1.12% 180日間
プロパティエージェント㈱   1.01%  
鈴木 純子   1.01%  
㈱飛鳥新社   0.86%  
㈱アスリート   0.86%  
柳澤 利明   0.86%  
菊地 博已   0.86%  
松下 義晴   0.86%  
古川 淳   0.86%  
窪田 芳郎   0.72%  
土井 尚道 ※A 0.72%  
小方 祐 従業員 0.72% 180日間
三浦 久 社外協力者 0.72% 180日間
中山 義秀 従業員 0.57% 180日間
上記合計   97.00%  

※上記以下は省略しています。

 

180日のロックアップ期間:2021/03/30

初値形成後に発行価格の1.5倍以上で売却がなされる場合があります。

ロックアップ期間中でも主幹事会社は、裁量で解除できる権限を有しています。

第三者割当等に関して割当を引き受けたものとの間で継続所有等の確約あり。

 

 

売り出し株式の詳細

 

なし

 

 

初値上昇の期待について管理人コメント

 

point<管理人コメント>

Iotで価値を上げる不動産は注目されていますし、富裕層の相続税対策などで需要もあります。トランクルームに活用するなどのアイディアは差別化ポイントを感じました。計画しているクラウドファンディングも含めて、不動産テックを意識した事業展開は今後の成長につながるものと思いますので期待したい会社です。

 

 

上位株主の多くでロックアップなしなのが気になりますが、一応第三者割当等に関しては継続確約ありとなっています。

 

ベンチャーキャピタルによる売出しは心配なし

 

マザーズ市場としては公開株数は少ない方なので初値上昇要因になるかもしれません。

 

過去にマザーズ市場で同程度程度の公開株数だったものを確認してみます。

 

・2019年で同程度の公開株数だったマザーズ銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
4434 サーバーワークス 03/13 370,400 4,780 18,000 276.57%
4437 gooddaysホールディングス 03/25 306,200 2,280 5,200 128.07%
7064 ハウテレビジョン 04/24 363,400 1,210 3,745 209.50%
4450 パワーソリューションズ 10/01 328,500 2000 5110 155.50%
4482 ウィルズ 12/17 368,000 960 4535 372.40%
7080 スポーツフィールド 12/26 347,000 2730 8500 211.36%

 

・2018年で同程度の公開株数だったマザーズ銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
4390 アイピーエス 06/27 368,000 3900 6670 71.03%
3496 アズーム
09/20 316,200 3000 6400 113.33%
7039 ブリッジインターナショナル
10/03 351,600 2310 4920 112.99%
4424 Amazia 12/20 339,800 1,320 1,756 33.03%

 

2018/12は相場が急落したタイミングなのでAmaziaの初値が伸びなかったのは例外として見たほうがいいです。

 

基本的にこのくらいの公開株数であれば、多くが大きく初値上昇するケースがあるのが確認できます。

 

業績は拡大傾向。不動産テック、クラウドファンディングは人気の業種です。公開株数も少なく、想定発行価格も低いです。初値が大きく上昇する条件が多いので、初値は大きく上昇することに期待したいです。

 

 

IPOの申し込みが可能な証券会社はこちら

 

  証券会社名
主幹事 SBI証券
引受 藍澤證券
引受 岩井コスモ証券
引受 エイチ・エス証券
引受 岡三証券
引受 極東証券
引受 東洋証券
引受 むさし証券
引受 水戸証券
岡三オンライン証券

 

ネット証券のSBI証券が主幹事なのはチャンスです!

個人向け配分の多いネット証券のSBI証券は外れた場合にIPOポイントがもらえますので、ポイント狙いでとりえず申し込みしておくのは良いと思います。

 

※2020/09/02 追記

目論見書に記載されていない証券会社として岡三オンライン証券で応募できることが確認できました。前受金不要で資金余力がなくても応募できる証券会社ですので資金が少ない方も当選確率アップを狙えるのででお見逃しなく!

 

 

このページを見た人のアンケート

wan

=>他IPO銘柄の投票状況を見てみる

 

 

このページを見た人の初値予想

hatsune-yosou

結果を見ないで自分で予想するのが大事じゃ。

 

 

口コミ評価など

 

 

 

 

 

 

point<注意>
IPOに関する情報は、購入申し込み期間直前まで改定される場合があります。必ず最新の目論見書で内容をご自分で確認してから申し込むようにして下さい。ここで紹介した内容に間違いなどがあったとしても責任は持てませんので自己責任においてしっかり確認してください。
=>目論見書の見方はこちらを参考にして下さい






★この記事を読んだ方はシェア/ブックマークで応援お願いします。

 



ipo-banar


トップページへ


↑このページ先頭へ

スポンサードリンク

お役立ち関連記事

ついでに読みたい

  1. 日通システム【4013】のIPO抽選申込どうする?
  2. キオクシアホールディングス【6600】のIPO抽選申込どうする?
  3. ダイレクトマーケティングミックス【7354】のIPO抽選申込どうする?

IPO2020年10月IPO2020年10月