日通システム【4013】のIPO抽選申込どうする?

3日後以内に上場予定のIPO銘柄があるかチェックします 本日、需要申告(BB)に申し込めるIPO銘柄があるかチェックします 最新IPOの上場結果/予定/カレンダーが確認できます 投票IPO申し込みアンケート投票の状況が一覧で確認できます
> > 日通システム【4013】のIPO抽選申込どうする?

スポンサードリンク

日通システム【4013】のIPO抽選申込どうする?

 

 

nittsusystem-ipo

作成:2020/09/11

日通システムの紹介

 

コード 4013
会社名

日通システム(株)

市場

マザーズ

事業内容

就業、人事、給与等の統合ERP(勤次郎Enterprise)や
健康ソリューションのヘルスXライフなどの
クラウドサービスとオンプレミスパッケージ、
及び関連ハードウェアの開発、販売

上場日

2020/10/13

初値  

 

 

需要申告(ブックビルディング)スケジュール

 

日通システム の株式割り当て抽選への参加は誰でも可能ですが、まず以下の期間に指定の証券会社で需要申告する必要があります。=>IPOの応募の流れやルールなどはこちらを参考

 

2020/09/25(金)~10/01(木)まで

=>最新IPOスケジュールをカレンダーで確認

 

IPOの申し込み期間は約7日間と短くなっていますので申し込み忘れにご注意下さい。

※申し込み可能な証券会社は、ページ最下部で紹介しています。

 

 

IPO抽選対象の株数

 

2,875,000株

 

(内訳)

公募: 2,500,000

引受人の買い取り引受による売り出し: なし

オーバーアロットメントによる売り出し: 375,000

 

過去数年のデータをもとにした市場別の株数のおおよそ規模感

nittsusystem-ipo-maza-zu
nittsusystem-ipo-kabusuu

 

 

想定発行価格と仮条件の価格

 

想定発行価格 2880円
仮条件の価格 ※2020/09/23に決定予定

 

 

日通システムの強み

tsuyomi

※独自の見解などを含みます。

  1. ERPパッケージの導入実績5000社
    ※「勤次郎Enterpriseシリーズ」
  2. コンサルティングからシステム構築、及びサポートまで一貫して提供
  3. クラウドとオンプレミスの両方でサービス提供
    ※月額料金で初期コストや運用コストなく中堅中小企業でも利用可能
  4. 継続的な収入得られる収益モデル
    ※クラウドによる月額料金、解約率は0.2%
    ※オンプレミスパッケージのサポート年額、月額料金

 

※オンプレミスは、顧客が保有する設備にソフトウェアパッケージをインストールして利用する場合の形態を指します。

 

point<管理人コメント>

 

以下、2019/09期の売上高に対する各事業の内訳です。

nittsusystem-uriageuchiwake

事業のほとんどがシステムを提供するHRM事業となっています。

その他としては、貸会議室の事業となっています。

 

以下HRM事業をクラウドとオンプレミスに分けた場合の内訳です。

nittsusystem-uriageuchiwake3

クラウドよりオンプレミスの比率が高いですが、クラウドサービスの存在感は高くなっているのが分かります。

 

以下、各ソリューションの構成図です。

nittsusystem-solution

 就業、人事、給与等を中核にして働き方改革するためのソリューションとして仕事の生産性向上の他、健康管理などの関連ソリューションを展開してきているような状況かなと思います。

 

 

以下は出退勤の管理で時間を記録するハードウェアも提供しています。

nittsusystem-hardware

 

・日通システム株式会社の紹介動画

働き方改革を支援している会社だけあって、保育料の会社負担や育休取得などに前向きに取り組んでいる会社のようです。

 

自分たちがお手本を見せられる会社でなければソリューションの価値を示すことができませんのでとてもいいことだと思います。

 

 

直近の決算状況と業績の推移

nittsusystem-gyouseki
※2017/03期は9ヶ月間のみ

 

クリック>>業績データを開く/閉じる

 

 

以下、連結決算。

  2018/12 2019/12 2020/06
(第2四半期)
売上高
(百万円)
2747 3189 1766
経常利益
(百万円)
324 460 346
当期純利益
(百万円)
237 332 228
1株当たり
配当額(円)
- - -
1株当たり
当期純利益(円)
33 46 30

※単位(百万円)、(円)の小数点以下端数は全て四捨五入で表示しています。

 

↓ 前年同期比へ置き換えたものがこちら

  2018/12 2019/12 2020/06
(第2四半期)
売上高の
前年同期比
- 16.09% -44.62%
経常利益の
前年同期比
- 41.98% -24.78%

 

以下、単体決算。
nittsusystem-gyouseki2

  2015/03 2016/03 2017/03 2017/12 2018/12 2019/12
売上高
(百万円)
1681 1985 2121 1615 2747 3189
経常利益
(百万円)
31 285 211 59 301 433
当期純利益
(百万円)
14 214 159 39 214 305
1株当たり
配当額(円)
50 100 10 10 15 15
1株当たり
当期純利益(円)
98 1497 111 27 30 43

※単位(百万円)、(円)の小数点以下端数は全て四捨五入で表示しています。

 

↓ 前年同期比へ置き換えたものがこちら

  2015/03 2016/03 2017/03 2017/12 2018/12 2019/12
売上高の
前年同期比
- 18.08% 6.85% -23.86% 70.09% 16.09%
経常利益の
前年同期比
- 819.35% -25.96% -72.04% 410.17% 43.85%

 

point<管理人コメント>

売上は拡大傾向になっています。
経常利益は変動があるものの全体的には売上に伴い拡大しているように思います。

 

 

・連結子会社の詳細

設立 会社名 所在地
2014/04 日通システムベトナム有限会社 ベトナム

 

 

新規発行による手取金の使途

nittsusystem-ipo-shito

 

新規発行による手取金の概算額 6,587,000千円
第三者割り当て増資の手取概算上限 993,600千円

 

設備投資 824,301千円

※クラウドサービス用サーバー設備等の増強
※基幹業務システムの改修
運転資金 5,130,941千円
※自社製品のソフトウェア開発、人件費
借金の返済 116,886千円
残高 1,508,472千円
※残額は具体化事項なし。広告宣伝、教育研修、研究開発費などに充当方針

 

 

日通システムの成長余力

 

※独自の見解などを含みます。

  1. リカーリングレベニューの継続強化
  2. ヘルスXライフ機能強化による顧客獲得
    ※「勤次郎Enterprise」利用者向け新製品・サービス
  3. ヘルスXライフ導入大手企業へUniversal-K展開
    ※Universal-Kはコードネームで「勤次郎Enterprise」の後継製品
    ※働き方改革ソリューションと健康管理ソリューションのデータを統合的に活用する
  4. ヘルスケアシステムの開発
    ※2020/03ケリーオンラインサービスサポートをリリース
    ※電子カルテ「ヘルスXライフカルテ」開発
  5. BtoCでの収益拡大
    ※個人の健康管理に資するサービス・機能の強化や新サービスの開発強化
  6. クラウドサービスのセキュリティ強化
    ※顧客に安心して利用してもらえるサービスにする
    ※ISMS,プライバシーマークに適合するセキュリティ対策や設備投資
  7. 広告宣伝による販売力強化

 

point<管理人コメント>

 

以下、2020/06時点の売上高に対する各事業の内訳です。

nittsusystem-uriageuchiwake2

HRM事業の割合が少し増加しています。

 

HRM事業は前期を上回る売上進捗となっており堅調のようですが、その他では前期の売上と比較すると進捗率は下回っており拡大している様子がないので、現時点で成長に期待できるようなものではなさそう?

 

その他事業は主に貸会議室の事業になりますが、コロナウイルスによるテレワーク拡大となるなかでオフィス不要論なんかも出てるので追い風のような気もしますが、現時点で売上は拡大していないどころか縮小しているのでよく分かりませんね。

 

貸会議室のサービスを確認してみたところ以下の場所で運営しています。

nittsusystem-kashikaigishitsu

時間貸しの料金設定で部屋や曜日によって約5000円~約30000円くらいの幅があります。

 

クラウドとオンプレミスの比率は公表されてなかったので分かりませんでしたが、クラウドの方は前年度に引き続き力強く牽引したと説明されています。

 

勤次郎Enterpriseシリーズに関しては、中堅中小企業向けに機能を絞り込んだ「勤次郎smart」が2018/07から販売されています。月額料金も安価になっています。

 

nittsusystem-smart
クラウドなら中堅中小企業も利用しやすいと思いますので今後の売上拡大に期待したいところです。

 

 

株主の構成とロックアップ期間など

 

上位株主の所有割合と一定期間、株の売却ができないロックアップ条件の詳細になります。
  

氏名、又は名称 役職、関係性など 所有割合 ロックアップ
エヌイーシステムサービス株式会社 ※A 47.51% 90日間
日通システム持株会   19.53% 180日間
加村 稔 代表取締役、子会社の役員 12.59% 90日間
以下続きを開く/閉じる
MK株式会社 ※A 7.29% 90日間
三菱UFJキャピタル株式会社   5.96% 90日間、1.5倍除く
國井 達哉 取締役 2.43% 90日間
加村 光子 代表取締役の配偶者 2.12% 90日間
上記合計   97.43%  

※上記以下は省略しています。 

 

980日のロックアップ期間:2021/01/10

初値形成後に発行価格の1.5倍以上で売却がなされる場合があります。

180日のロックアップ期間:2021/04/10

ロックアップ期間中でも主幹事会社は、裁量で解除できる権限を有しています。

第三者割当等に関して割当を引き受けたものとの間で継続所有等の確約あり。

 

 

売り出し株式の詳細

 

なし

 

 

初値上昇の期待について管理人コメント

 

point<管理人コメント>

 働き方改革のニーズが高まっていることとクラウドによる利用のしやすさを考えると利用が拡大する環境になっていると思いますので今後の成長拡大に期待したい会社です。

 

コロナウイルスによる影響は何も説明がありませんでしたので不明です。2020/06時点での業績データを見る限り特に悪影響は感じませんがストックビジネスという観点では影響は少ないと言えるかもしれません。まぁ顧客開拓などの営業ができないなどの影響があった場合は今後影響が出てくる可能性はあるかもしれませんが。

 

 

ロックアップはしっかりしており問題なし。

 

ベンチャーキャピタルによる売出しも心配なし。

 

マザーズ市場としては公開株数は多いので初値抑制要因?

 

過去にマザーズ市場で同程度程度の公開株数だったものを確認してみます。

 

・2019年で同程度の公開株数だったマザーズ銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
4436 ミンカブ・ジ・インフォノイド 03/19 3,151,200 1,050 1,400 33.33%
4479 マクアケ 12/11 2,926,700 1550 2710 74.84%
4484 ランサーズ 12/16 3,000,000 730 842 15.34%

 

・2018年で同程度の公開株数だったマザーズ銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
6568 神戸天然物化学 03/15 2,608,200 2340 3665 56.62%
6232 自律制御システム研究所 12/21 2,971,200 3,400 2,830 -16.76%

 

・2017年で同程度の公開株数だったマザーズ銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
6553 ソウルドアウト 07/12 2,672,600 1200 2113 76.08%
3994 マネーフォワード 09/29 2,931,000 1550 3000 93.55%
6561 HANATOUR JAPAN 12/15 2,932,500 2000 2200 10.00%

 

事業内容によって様々ですが、公開株数が多いわりには初値がそこそこ上昇しているものは多いです。公開株数の多さは、ある程度の規模であり成長分野となると逆に初値は期待できるのかもしれません。

 

自律制御システム研究所は公募割れとなっていますが、2018/12は相場が急落したタイミングでその影響を大きく受けているので例外と考えた方がいいと思います。

 

業績は拡大傾向。働き方改革とクラウドという人気のビジネス分野だと思います。公開株数が多く想定発行価格も高めなので期待のし過ぎは禁物ですが、それなりの上昇には期待したいです。

 

公開株数が多いので仮条件の価格や最終的な売出し価格は必ず確認しておきたいです。

 

 

IPOの申し込みが可能な証券会社はこちら

 

  証券会社名
主幹事 野村證券
引受 みずほ証券
引受 三菱UFJモルガン・スタンレー証券
引受 東海東京証券
引受 SBI証券
引受 岩井コスモ証券
引受 エース証券
引受 豊証券

 

個人向け配分の多いネット証券SBI証券は外れた場合にIPOポイントがもらえますのでとりえずポイント狙いで申し込みしておくのは良いと思います。

 

 

このページを見た人のアンケート

wan

=>他IPO銘柄の投票状況を見てみる

 

 

このページを見た人の初値予想

hatsune-yosou

結果を見ないで自分で予想するのが大事じゃ。

 

 

口コミ評価など

 

 

 

 

 

 

point<注意>
IPOに関する情報は、購入申し込み期間直前まで改定される場合があります。必ず最新の目論見書で内容をご自分で確認してから申し込むようにして下さい。ここで紹介した内容に間違いなどがあったとしても責任は持てませんので自己責任においてしっかり確認してください。
=>目論見書の見方はこちらを参考にして下さい






★この記事を読んだ方はシェア/ブックマークで応援お願いします。

 



ipo-banar


トップページへ


↑このページ先頭へ

スポンサードリンク

お役立ち関連記事

ついでに読みたい

  1. キオクシアホールディングス【6600】のIPO抽選申込どうする?
  2. ダイレクトマーケティングミックス【7354】のIPO抽選申込どうする?
  3. タスキ【2987】のIPO抽選申込どうする?

IPO2020年10月IPO2020年10月