さくらさくプラス【7097】のIPO抽選申込どうする?

3日後以内に上場予定のIPO銘柄があるかチェックします 本日、需要申告(BB)に申し込めるIPO銘柄があるかチェックします 最新IPOの上場結果/予定/カレンダーが確認できます 投票IPO申し込みアンケート投票の状況が一覧で確認できます
> > さくらさくプラス【7097】のIPO抽選申込どうする?

スポンサードリンク

さくらさくプラス【7097】のIPO抽選申込どうする?

 

 

sakurasakuplus-ipo

作成:2020/03/26 更新:2020/04/22

さくらさくプラス IPOの紹介

 

コード 7097
会社名

(株)さくらさくプラス

市場

マザーズ

事業内容

東京23区を中心に認可保育所、
小規模認可保育所、
東京都認証保育所を運営。
※保育所「さくらさくみらい」

上場日

2020/04/24<=中止

初値  

 

point<管理人コメント>

 

2020/04/22追記
コロナウイルス問題等による相場情勢を勘案。

 

 

需要申告(ブックビルディング)スケジュール

 

さくらさくプラス の株式割り当て抽選への参加は誰でも可能ですが、まず以下の期間に指定の証券会社で需要申告する必要があります。=>IPOの応募の流れやルールなどはこちらを参考

 

2020/04/09(木)~04/15(水)まで

=>最新IPOスケジュールをカレンダーで確認

 

IPOの申し込み期間は約7日間と短くなっていますので申し込み忘れにご注意下さい。

※申し込み可能な証券会社は、ページ最下部で紹介しています。

 

 

IPO抽選対象の株数

 

988,800株

 

(内訳)

公募: 457,000

引受人の買い取り引受による売り出し: 402,900

オーバーアロットメントによる売り出し: 128,900

 

過去数年のデータをもとにした市場別の株数のおおよそ規模感

sakurasakuplus-ipo-maza-zu
sakurasakuplus-ipo-kabusuu

 

 

想定売出価格と仮条件の価格

 

想定売出価格 2060円
仮条件の価格 ※2020/04/08に決定予定

 

 

さくらさくプラスの強み

tsuyomi

※独自の見解などを含みます。

  1. 蓄積された保育ノウハウを活かした施設整備
  2. 職員の教育研修に力を入れている
    ※職員の資質向上が良い保育の源泉
  3. 不動産情報の収集、活用
    ※駅からの距離、利便性の高いエリアに強いこだわり
    ※不動産仲介や管理業務もあり
  4. 保育ニーズが中長期的に高い東京23区を中心に展開
  5. 自治体からの補助金・助成金収入
    ※東京都認証保育所は利用者からの直接支払い

 

point<管理人コメント>

 

以下は、東京圏にある保育園の所在地です。

sakurasakuplus-hoikujo

その他、千葉、埼玉、大阪にも認可保育所があります。

 

 

・さくらさくみらい駒込

 

 

直近の決算状況と業績の推移

sakurasakuplus-gyouseki
※2009/08㈱ブロッサム設立(現㈱さくらさくみらい)。2017/08㈱さくらさくプラス設立し㈱ブロッサムを完全子会社化

 

クリック>>業績データを開く/閉じる

 

 

以下、連結決算。

  2018/07 2019/07 2020/01
(第2四半期)
売上高
(百万円)
3244 5154 3353
経常利益
(百万円)
749 1396 219
当期純利益
(百万円)
367 698 139
1株当たり
配当額(円)
- - -
1株当たり
当期純利益(円)
97 185 37

※単位(百万円)、(円)の小数点以下端数は全て四捨五入で表示しています。

 

↓ 前年同期比へ置き換えたものがこちら

  2018/07 2019/07 2020/01
(第2四半期)
売上高の
前年同期比
- 58.88% -34.94%
経常利益の
前年同期比
- 86.38% -84.31%

 

以下、単体決算
子会社の㈱ブロッサム(現㈱さくらさくみらい)

sakurasakuplus-gyouseki2

  2015/07 2016/07 2017/07
売上高
(百万円)
865 1280 1867
経常利益
(百万円)
194 230 290
当期純利益
(百万円)
117 38 32
1株当たり
配当額(円)
- - -
1株当たり
当期純利益(円)
16128 4999 4081

※単位(百万円)、(円)の小数点以下端数は全て四捨五入で表示しています。

 

↓ 前年同期比へ置き換えたものがこちら

  2015/07 2016/07 2017/07
売上高の
前年同期比
- 47.98% 45.86%
経常利益の
前年同期比
- 18.56% 26.09%

 

point<管理人コメント>

売上は拡大傾向になっています。
経常利益も売上高に伴い拡大傾向です。

 

直近の2020/01時点では経常利益が昨年と比べて進捗率が悪いようにも感じますが補助金収入による違いがありそうです。
2018/07期 約1319百万
2019/07期 約2079百万
2020/01時点 約472百万円

 

新規保育園を開設したときに自治体から交付される補助金(内装工事費等)で、 2019/07期の新規開設が16園あったのに対し、 2020/01時点は3園のみとなっています。

2020/03に1園開設予定になってはいますが、 2020/07期は新規開設が少なく感じますね。

 

一応、2021/07期は、 13園の開設を計画しています。

 

尚、保育所の新規開設は4月が中心だそうですが、 第1四半期~第3四半期に開設準備費用が先行して発生し、 第3四半期に補助金収入が計上されるそうです。

 

 

・連結子会社の詳細

設立 会社名 所在地 事業内容
2009/08 株式会社さくらさくみらい 東京都 保育事業
2018/05 株式会社さくらさくパワーズ 東京都 不動産仲介業務など

 

 

新規発行による手取金の使途

sakurasakuplus-ipo-shito

 

新規発行による手取金の概算額 855,106千円
第三者割り当て増資の手取概算上限 243,436千円

  
認可保育所の設備投資 1,098,542千円
※2021/04に開設予定の認可保育所13施設
残高 0 円

 

 

さくらさくプラスの成長余力

 

※独自の見解などを含みます。

  1. ドミナント戦略の強化による開設拡大
    ※待機児童が集中する東京都23区など首都圏都市部をターゲット
  2. 海外事業の拡大
    ※2019/12ベトナム保育所(Hana TED.,jsc)を関連会社化
  3. 保育所の高い需要は当面続く
    ※女性の社会進出、政府の後押し、特に首都圏
    ※中長期的には新保育所の需要鈍化は想定
  4. 新事業への進出
    ※国や自治体の政策変更による影響を受けない領域
    ※不動産関連事業など?

 

point<管理人コメント>

 

以下は、保育所数の推移になります。

sakurasakuplus-hoikujosuu

個人的に2020/07期の開設が少ない?ような気がするので気になっていますが、2021/07期は13園の開設を計画しています。
もしかしたら今後は右肩上がりというわけにはいかない?かもしれませんが、拡大傾向は継続中ではあります。

 

認証保育所は、東京都独自の制度による施設ですが、現在1施設のみで拡大ではなく縮小していますね。
一般的な認可保育所の方が自治体からの補助金で安定収入になると思うのでその方が経営的にはいいのかな? ※認証保育所の利用料は利用者から徴収。運営費に関して自治体からの補助金もあります。

 

 

以下は、ベトナムで運営している保育所です。

sakurasakuplus-betonamu

会社の説明では、「ベトナムで日本式保育のニーズが高まりを受け」とありました。
ベトナムを足がかりに海外展開の拡大に期待したいです。

 

 

株主の構成とロックアップ期間など

 

上位株主の所有割合と一定期間、株の売却ができないロックアップ条件の詳細になります。
  

氏名、又は名称 役職、関係性など 所有割合 ロックアップ
株式会社だいぎ ※A 15.16% 180日間
株式会社TKS   15.16% 180日間
西尾 義隆 代表取締役、子会社の役員 12.57% 180日間
保有分売出
(18.02%)
以下続きを開く/閉じる
中山 隆志 取締役、子会社の役員 12.57% 180日間
保有分売出
(18.02%)
田中 順也   4.76% 180日間
保有分売出
(20.00%)
株式会社
クリエイトバリュー
 ※A 3.67% 180日間
森田 周平 取締役、子会社の役員 3.40% 180日間
保有分売出
(18.00%)
村田 良   1.90% 180日間
保有分売出
(10.00%)
原 幸一郎   1.70% 180日間
保有分売出
(50.00%)
原 周平   1.70% 180日間
保有分売出
(33.33%)
田中 良尚   1.50% 180日間
黒田 恵吾   1.36% 180日間
保有分売出
(10.00%)
政岡 元   1.36% 180日間
阪田 威一郎   1.12% 180日間
保有分売出
(60.61%)
西野 貴世子   1.02% 180日間
保有分売出
(20.00%)
洗井 真由子   1.02% 180日間
保有分売出
(20.00%)
株式会社インターリュード   0.92% 180日間
株式会社クロス   0.85% 180日間
前田 真昭   0.68% 180日間
今井 誠   0.68% 180日間
柿沼 弘幸 従業員 0.56% 180日間
石山 はつみ 従業員 0.56% 180日間
内田企業株式会社   0.51% 180日間
白石 真未 子会社の従業員 0.50% 180日間
上記合計   85.23%  

※上記以下は省略しています。 ※A 役員等により総株主の議決権の過半数が所有されている会社

 

180日のロックアップ期間:2020/10/20

ロックアップ期間中でも主幹事会社は、裁量で解除できる権限を有しています。

 

売り出し株式の詳細

 
売り出し対象となっている株式の株主内訳です。
 

氏名、又は名称 役職、関係性など 株数 割合
西尾 義隆 代表取締役、子会社の役員 100,000 2.27%
中山 隆志 取締役、子会社の役員 100,000 2.27%
田中 順也   42,000 0.95%
以下続きを開く/閉じる
原 幸一郎   37,500 0.85%
阪田 威一郎   30,000 0.68%
森田 周平 取締役、子会社の役員 27,000 0.61%
原 周平   25,000 0.57%
西野 貴世子   9,000 0.20%
洗井 真由子   9,000 0.20%
大船石油株式会社   9,000 0.20%
村田 良   8,400 0.19%
黒田 恵吾   6,000 0.14%
合計   402,900 9.13%

 

 

初値上昇の期待について管理人コメント

 

point<管理人コメント>

まだまだ待機児童などの問題は聞きますので需要はあるのだろうなと思います。とはいえ、開設施設の推移は今後、注目しておいた方がよさそうです。最近は保育所のIPOが多く需要が多い反面、競合が多いのは個人的に気になります。

 

とりあえず需要がある限りは、施設の新規開設と自治体からの補助金による安定収入でわかりやすく成長拡大していけるビジネスではありますので期待したいです。

 

 

ロックアップはしっかりしており問題ありません。

 

ベンチャーキャピタルによる売出しも心配なし。

 

マザーズ市場としては公開株数は普通くらいです。

 

過去にマザーズ市場で同程度程度の公開株数だったものを確認してみます。

 

・2019年で同程度の公開株数だったマザーズ銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
4435 カオナビ 03/15 1,000,500 1,980 3,970 100.51%
7683 ダブルエー 11/01 1,035,000 4690 4680 -0.21%
7074 トゥエンティーフォーセブン 11/21 1,132,700 3420 3800 11.11%

 

・2018年で同程度の公開株数だったマザーズ銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
3446 ジェイテック
コーポレーション
02/28 1,150,000 2250 9700 331.11%
9450 ファイバーゲート 03/23 1,152,300 1050 2388 127.43%
6575 ヒューマン・
アソシエイツ・
ホールディングス
04/10 1,131,600 1,170 3,600 207.69%
4395 アクリート
07/26 1,058,000 770 1542 100.26%
9279 ギフト
10/19 1,182,200 2090 3710 77.51%
3497 リーガル不動産
10/23 1,161,500 1380 1972 42.90%

 

事業内容により様々ですが、初値が大きく上昇しているものも多いです。ダブルエーは公募割れしていますが、事業内容やIPO条件などを考えるとちょっと特殊だったかな?

 

 

次は、保育園関連で上場したIPOを確認します。

 

・2019年マザーズ 保育園関連IPOの初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
6557 global bridge HD 12/23 747,300 2690 4020 49.44%

 

・2018年マザーズ 保育園関連IPOの初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
6567 SERIO
ホールディングス
03/02 828,000 1780 4100 130.34%
7037 テノ.ホールディングス 12/21 402,500 1,920 2,400 25.00%

 

どれも初値はそこそこ上昇しています。

 

テノ.ホールディングスの初値はイマイチでしたが、一度、上場中止になった後、想定発行価格を大幅に下げてきたということもあり、敬遠されたかもしれません。

 

 

業績は拡大傾向です。コロナ問題がありますが、自治体からの安定収入は逆に強みだったりするかも?公開株数は多くないですし、それなりの初値上昇には期待したいです。

 

とはいえやはり相場状況がよくないので仮条件の価格や最終的な公募売り出し価格は必ずチェックしておきたいです。

 

 

IPOの申し込みが可能な証券会社はこちら

(※2020/02/12更新)

  証券会社名
主幹事 SMBC日興証券
引受 大和証券
引受 SBI証券
引受 岩井コスモ証券
引受 マネックス証券
引受 エース証券

 

ネット証券で平等抽選であるマネックス証券などは忘れずに申込みしておくことをオススメします。

 

 

このページを見た人のアンケート

wan

=>他IPO銘柄の投票状況を見てみる

 

 

このページを見た人の初値予想

hatsune-yosou

結果を見ないで自分で予想するのが大事じゃ。

 

 

口コミ評価など

 

 

 

 

 

 

point<注意>
IPOに関する情報は、購入申し込み期間直前まで改定される場合があります。必ず最新の目論見書で内容をご自分で確認してから申し込むようにして下さい。ここで紹介した内容に間違いなどがあったとしても責任は持てませんので自己責任においてしっかり確認してください。
=>目論見書の見方はこちらを参考にして下さい








★この記事を読んだ方はシェア/ブックマークで応援お願いします。

 



ipo-banar


トップページへ


↑このページ先頭へ

スポンサードリンク

お役立ち関連記事

ついでに読みたい

  1. GMOフィナンシャルゲート【4051】のIPO抽選申込どうする?
  2. ヤマイチエステート【2984】のIPO抽選申込どうする?
  3. SANEI【6230】のIPO抽選申込どうする?
  4. スマートソリューションテクノロジー【6598】のIPO抽選申込どうする?
  5. アールプランナー【2983】のIPO抽選申込どうする?
  6. Speee【4499】のIPO抽選申込どうする?
  7. サイバートラスト【4498】のIPO抽選申込どうする?
  8. コマースOneホールディングス【4496】のIPO抽選申込どうする?
  9. ロコガイド【4497】のIPO抽選申込どうする?
  10. ステムセル研究所【7096】のIPO抽選申込どうする?

IPO2020年04月IPO2020年04月