スタメン【4019】のIPO抽選申込どうする?

3日後以内に上場予定のIPO銘柄があるかチェックします 本日、需要申告(BB)に申し込めるIPO銘柄があるかチェックします 最新IPOの上場結果/予定/カレンダーが確認できます 投票IPO申し込みアンケート投票の状況が一覧で確認できます
> > スタメン【4019】のIPO抽選申込どうする?

スポンサードリンク

スタメン【4019】のIPO抽選申込どうする?

 

 

sutamen-ipo

作成:2020/11/13

スタメンの紹介

 

コード 4019
会社名

(株)スタメン

市場

マザーズ

事業内容

企業の社内エンゲージメント向上、
組織改善をおこなうためのクラウドサービス
「TUNAG」運営。

上場日

2020/12/15

初値  

 

point<管理人コメント>

エンゲージメントとは、「会社と従業員」の相互信頼関係、及び「従業員同士」の相互信頼関係が確立されている状況と定義されており、 業績指標や離職率との相関関係が報告されており、企業活動においてとても大事なものだそうです。 米ギャラップ社による調査では日本のエンゲージメントスコアは140各国中135位だそうです。

 

 

需要申告(ブックビルディング)スケジュール

 

スタメン の株式割り当て抽選への参加は誰でも可能ですが、まず以下の期間に指定の証券会社で需要申告する必要があります。=>IPOの応募の流れやルールなどはこちらを参考

 

2020/11/30(月)~12/04(金)まで

=>最新IPOスケジュールをカレンダーで確認

 

IPOの申し込み期間は約5日間と短くなっていますので申し込み忘れにご注意下さい。

※申し込み可能な証券会社は、ページ最下部で紹介しています。

 

 

IPO抽選対象の株数

 

1,840,000株

 

(内訳)

公募: 1,000,000

引受人の買い取り引受による売り出し: 600,000

オーバーアロットメントによる売り出し: 240,000

 

過去数年のデータをもとにした市場別の株数のおおよそ規模感

sutamen-ipo-maza-zu
sutamen-ipo-kabusuu

 

 

想定発行価格と仮条件の価格

 

想定発行価格 800円
仮条件の価格 ※2020/11/27に決定予定

 

 

スタメンの強み

tsuyomi

※独自の見解な どを含みます。

  1. 働き方改革における独自の切り口となる
    ※エンゲージメント経営支援
  2. エンゲージメント向上のサービスをワンストップ提供
    ※「TUNAG」は「エンゲージメントサーベイ」、「組織改革コンサルティング」、「社内制度運用クラウド」を提供。
  3. Saasサービスのためすぐに利用可能
    ※アカウント数に応じた月額利用料金
  4. 利用者増加で収益が積み上がるストックビジネス
    ※継続率98%

 

point<管理人コメント>

 

以下、エンゲージメントの概念図です。

sutamen-enge-jimento

 

以下は、TUNAGの代表的な機能です。
sutamen-kinou

各機能の詳しい内容はよく分かりませんでしたが、
社内限定のSNSによるコミュニケーションがサービスの中心にあるのかなと思われますがどうでしょうか。

 

以下のような企業が導入しており、330社以上の実績があるそうです。

sutamen-jirei

 

料金は以下の通りですが、利用する人数に応じた料金となるようです。

sutamen-ryoukin

 

 

・TUNAG 紹介動画

 

・導入企業

 

 

直近の決算状況と業績の推移

sutamen-gyouseki
※2016/01設立。

 

クリック>>業績データを開く/閉じる

 

 

  2016/12 2017/12 2018/12 2019/12 2020/09
(第3四半期)
売上高
(百万円)
- 7 113 396 444
経常利益
(百万円)
△ 9 △ 82 △ 144 △ 37 9
当期純利益
(百万円)
△ 9 △ 83 △ 145 △ 37 6
1株当たり
配当額(円)
- - - - -
1株当たり
当期純利益(円)
△ 2634 △ 11549 △ 19 △ 5 1

※単位(百万円)、(円)の小数点以下端数は全て四捨五入で表示しています。

 

↓ 前年同期比へ置き換えたものがこちら

  2016/12 2017/12 2018/12 2019/12 2020/09
(第3四半期)
売上高の
前年同期比
- - 1514.29% 250.44% 12.12%
経常利益の
前年同期比
- -811.11% -75.61% 74.31% 124.32%

 

point<管理人コメント>

売上は拡大傾向になっています。
経常利益は赤字が縮小し、2020/09時点では黒字に転換しています。
※第3四半期以降は特別な広告宣伝費の支出が無い限り黒字を維持できるそうです。

 

ビジネスの性質上、人件費、採用費、広告宣伝費等の費用が先行するため業績の動向を見る際には注意が必要です。
2018/12 広告宣伝費 約4百万円、人件費 約146百万円
2019/12 広告宣伝費 約50百万円、人件費 約252百万円
2020/09 広告宣伝費 約67百万円、人件費 約257百万円

 

 

新規発行による手取金の使途

sutamen-ipo-shito

 

新規発行による手取金の概算額 792,000千円

 

広告宣伝費 107,000千円

※認知度向上、顧客基盤拡大に係る
採用教育費、人件費 376,000千円
※事業の拡大に伴う
外注費、業務委託費 8,000千円
※自社サービス提供の効率化のため
オフィス移転に係る 210,000千円
※移転費用、賃料、敷金、保証金
借入金返済 40,000千円
残高 51,000千円
※残額の使徒は具体化事項なし

 

 

スタメンの成長余力

 

※独自の見解などを含みます。

  1. 販売パートナーの開拓
  2. 導入実績を活用した広告プロモーション強化
  3. 全社展開推進などによる利用者拡大のアップセル
    ※全部署、アルバイト・パートなどへ拡大推進
  4. オプション・付帯サービスの提供
    ※拡張機能の拡販、エンゲージメント研修など
  5. 海外企業への販路拡大
    ※東南アジア諸国
  6. ビッグデータ、AI活用
    ※新たな機能開発、独自のコンサルティングノウハウ集積
  7. 人事領域以外への展開
    ※同一オフィスビルの利用者に向けたコミュニティエンゲージメント
    ※スポーツやタレントを応援するファンエンゲージメント
  8. 国内の「TUNAG」カバー率は1%未満で拡大余地大きい
  9. 高い継続率維持のための取り組み
    ※カスタマーサクセス部門の新規採用、教育体制整備

 

point<管理人コメント>

公表されているデータがこれくらいしかなかったのですが以下、契約企業数の推移です。

 sutamen-user

第3四半期時点で一応、伸びてはいますが急激に伸びるという感じにはなっていない?
コロナウイルスによる影響もあるかな?
(※2020/03~05にかけては新規契約獲得数が伸び悩んだと会社の説明にありました)

 

ただ実際の売上は利用者数に応じたものになっていると思いますので、
企業数だけでは売上の伸びはイメージしにくいので今後の成長を予測する上ではあまり参考にならないかもしれません。

 

既存の企業での利用者数が増えたり、1企業あたりの利用者数が大規模であれば売上は大きく伸びる場合もありえると思います。

 

 

株主の構成とロックアップ期間など

 

上位株主の所有割合と一定期間、株の売却ができないロックアップ条件の詳細になります。
  

氏名、又は名称 役職、関係性など 所有割合 ロックアップ
加藤 厚史 代表取締役 54.39% 180日間
保有分売出
(11.72%)
ジャフコSV5共有投資事業有限責任組合   12.24% 90日間、1.5倍除く
株式会社スターフロンツ ※A 7.65% 180日間
以下続きを開く/閉じる
大西 泰平 取締役 5.80% 180日間
株式会社エイチーム   5.10% 90日間、1.5倍除く
ジャフコSV5スター投資事業有限
責任組合 ※1
  3.06% 90日間、1.5倍除く
株式会社ライフワーク ※A 2.55% 180日間
中京テレビ放送株式会社   1.28% 全て売出し
小林 一樹 取締役 1.28% 180日間
満沢 将孝 取締役 1.28% 180日間
株式会社DGベンチャーズ   0.96% 90日間、1.5倍除く
森山 裕平 取締役 0.89% 180日間
喜多 亮介 従業員 0.64% 180日間
上記合計   97.12%  

※上記以下は省略しています。
※A 役員等により総株主の議決権の過半数が所有されている会社

 

180日のロックアップ期間:2021/06/12

90日のロックアップ期間:2021/03/14

初値形成後に発行価格の1.5倍以上で売却がなされる場合があります。

ロックアップ期間中でも主幹事会社は、裁量で解除できる権限を有しています。

第三者割当等に関して割当を引き受けたものとの間で継続所有等の確約あり。

 

 

売り出し株式の詳細

 
売り出し対象となっている株式の株主内訳です。
 

氏名、又は名称 役職、関係性など 株数 割合
加藤 厚史 代表取締役 500,000 6.38%
中京テレビ放送株式会社   100,000 1.28%
合計   600,000 7.65%

 

初値上昇の期待について管理人コメント

 

point<管理人コメント>

SNSはコミュニケーションツールとしてとても便利なので、社内のコミュニケーションに活用すれば便利だろうなとは思います。業務連絡だけのメールとは違って、SNSだからこそのコミュニケーションの広がりがあると思います。

 

正直、生産性が上がるのかどうかは利用してみないと理解できませんが、モチベーションアップとか、情報共有のしやすさなどで生産性が上がるのかな?

 

利用企業が増えていますし、エンゲージメント経営という新しい発想とIT技術はきっと素晴らしいものをもたらしてくれるのだと思いますので今後の成長に期待したい会社です。

 

 

ロックアップはしっかりしており問題なし。

 

ベンチャーキャピタルによる売出しは心配なし。

 

マザーズ市場としては公開株数は普通よりちょっと多いです。

 

 

・2019年で同程度の公開株数だったマザーズ銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
4431 スマレジ 02/28 1,759,500 1,370 3,225 135.40%

 

・2018年で同程度の公開株数だったマザーズ銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
9270 SOU 03/22 1,698,000 3300 4100 24.24%
4427 EduLab 12/21 1,656,100 3,200 3,270 2.19%

 

・2017年で同程度の公開株数だったマザーズ銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
3558 ロコンド 03/07 1,812,000 1850 2625 41.89%

 

・2016年で同程度の公開株数だったマザーズ銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
6187 LITALICO 03/14 1,768,700 1000 1880 88.00%
9466 アイドママーケティング
コミュニケーション
03/18 1,840,000 1440 1230 -14.58%
6539 MS-Japan 12/15 1,828,500 2080 2200 5.77%

 

事業内容により様々ですが、公開株数はそれなりの規模なので大きく上昇するケースは少ないのかなと思いますが、スマレジのように大きく上昇しているものもあります。

 

業績は拡大傾向で、ITのストックビジネスなので人気はあると思います。公開株数が多いので期待のし過ぎは禁物ですがそれなりの上昇には期待したいです。

 

 

IPOの申し込みが可能な証券会社はこちら

 

  証券会社名
主幹事 大和証券
引受 野村證券
引受 みずほ証券
引受 SMBC日興証券
引受 SBI証券
引受 マネックス証券
引受 東洋証券

 

ネット証券で平等抽選であるマネックス証券などは忘れずに申込みしておくことをオススメします。

 

 

このページを見た人のアンケート

wan

=>他IPO銘柄の投票状況を見てみる

 

 

このページを見た人の初値予想

hatsune-yosou

結果を見ないで自分で予想するのが大事じゃ。

 

 

口コミ評価など

 

 

 

 

 

 

point<注意>
IPOに関する情報は、購入申し込み期間直前まで改定される場合があります。必ず最新の目論見書で内容をご自分で確認してから申し込むようにして下さい。ここで紹介した内容に間違いなどがあったとしても責任は持てませんので自己責任においてしっかり確認してください。
=>目論見書の見方はこちらを参考にして下さい






★この記事を読んだ方はシェア/ブックマークで応援お願いします。

 



ipo-banar


トップページへ


↑このページ先頭へ

スポンサードリンク

お役立ち関連記事

ついでに読みたい

  1. ビーイングホールディングス【9145】のIPO抽選申込どうする?

IPO2020年12月IPO2020年12月