Geolocation Technology【4018】のIPO抽選申込どうする?

3日後以内に上場予定のIPO銘柄があるかチェックします 本日、需要申告(BB)に申し込めるIPO銘柄があるかチェックします 最新IPOの上場結果/予定/カレンダーが確認できます 投票IPO申し込みアンケート投票の状況が一覧で確認できます

スポンサードリンク

Geolocation Technology【4018】のIPO抽選申込どうする?

 

 

geolocation-tech-ipo

作成:2021/08/17

Geolocation Technology IPOの紹介

 

コード 4018
会社名

(株)Geolocation Technology

市場

マザーズ

事業内容

IPアドレスに各種データを組み合わせたデータベース「SURFPOINT」を活用する各種サービス提供など
※Saas、API
※Webマーケティングや不正アクセス防止などに活用

上場日

2021/09/13

初値  

 

 

需要申告(ブックビルディング)スケジュール

 

2021/08/27(金)~09/02(木)まで

=>最新IPOスケジュールをカレンダーで確認

 

IPOの申し込み期間は約7日間と短くなっていますので申し込み忘れにご注意下さい。

申し込み可能な証券会社は、ページ最下部で紹介しています。

=>IPOの応募の流れやルールなどはこちらを参考

 

 

IPO抽選対象の株数

 

115,000株

 

(内訳)

公募: 100,000

引受人の買い取り引受による売り出し: なし

オーバーアロットメントによる売り出し: 15,000

 

過去データをもとにした市場別の株数のおおよそ規模感

※Q-Boardのデータはあまりないのでマザーズのデータで比較します。
geolocation-tech-ipo-maza-zu
geolocation-tech-ipo-kabusuu

 

 

想定発行価格と仮条件の価格

 

想定発行価格 2030円
仮条件の価格 ※2021/08/25に決定予定

 

 

Geolocation Technology の強み

tsuyomi

※独自の見解な どを含みます。

  1. IPアドレスのデータベース「SURFPOINT」
    ※位置情報、組織属性、回線情報、気象情報等100種類以上のデータ組み合わせ
    ※自動分析プログラムの常時稼働、専門調査員が分析・検証をおこない精度を高めている
  2. 様々なニーズに対応
    ※エリアターゲティング、企業分析、不正アクセス防止・セキュリティ
  3. ネット広告プラットフォーム
    ※「どこどこad」
    ※ターゲティングの切り口でバナー広告を配信
  4. Web制作、アプリ開発のノウハウ
    ※各種ウェブサイト制作等、スタンプラリーなど自治体向けの観光アプリ

 

point<管理人コメント>

 

以下、2020/06期の売上高に対する各事業の内訳。

geolocation-tech-uriageuchiwake

IP Geolocation事業は、各種IPアドレス関連のサービスの他、各種ウェブサイト制作や自治体向けの観光アプリ開発なども含まれるようですが、1つの事業でまとめられているので詳しくは分かりません。

 

geolocation-tech-surfpoint

上記はIPアドレスと組み合わせデータの一部ですが、100種類以上のデータを組み合わせ提供しているそうです。

 

以下、利用用途と各種サービス

geolocation-tech-service

 

 

・IP Geolocation

 

 

直近の決算状況と業績の推移

geolocation-tech-gyouseki

 

クリック>>業績データを開く/閉じる

 

 

  2016/06 2017/06 2018/06 2019/06 2020/06 2021/06
売上高
(百万円)
324 321 539 459 475 584
経常利益
(百万円)
30 △ 65 63 18 32 50
当期純利益
(百万円)
8 △ 38 42 21 23 35
1株当たり
配当額(円)
- - - - - -
1株当たり
当期純利益(円)
2726 -13250 14702 37 39 61

※単位(百万円)、(円)の小数点以下端数は全て四捨五入で表示しています。

 

↓ 前年同期比へ置き換えたものがこちら

  2016/06 2017/06 2018/06 2019/06 2020/06 2021/06
売上高の
前年同期比
- -0.93% 67.91% -14.84% 3.49% 22.95%
経常利益の
前年同期比
- -316.67% 196.92% -71.43% 77.78% 56.25%

 

point<管理人コメント>

売上は変動を伴いながらも拡大傾向でしょうか?
経常利益は変動がありますが全体としては横ばいでしょうか?

 

コロナウイルスによる影響ですが、 「どこどこad」で売上の落ち込みがあったもののその他のサービスが堅調に推移したとのこと。 特にWeb制作で多くの案件受注に成功し売上高の伸張に寄与したそうです。 業績への影響は「軽微」と認識しているとのことです。

 

 

新規発行による手取金の使途

geolocation-tech-ipo-shito

 

新規発行による手取金の概算額 179,760千円

第三者割り当て増資の手取概算上限 28014 千円

 

社債の償還 22,000千円
新規商品開発 60,000千円
データ購入費 45,000千円
※SURFPOINTデータ拡張・維持のため
研究開発、新サービス開発、人件費 64,000千円
売掛金増加分 16,774千円
残額 0 円

 

 

Geolocation Technology の成長余力

 

※独自の見解などを含みます。

  1. 「SURFPOINT」の継続的な拡張
    ※外部の有料・無料の各種有益な情報も継続取り入れし顧客ニーズ先取り
  2. 「どこどこJP」の売上拡大
    ※新規顧客獲得を推進する営業施策
    ※飽きられないように顧客ニーズ対応
  3. 「どこどこad」の顧客利用頻度を高める
    ※活用例の提案、きめ細かいサポート
  4. IPv6に関する調査研究、対応サービス拡充

 

point<管理人コメント>

 

以下、2021/03時点の売上高に対する各事業の内訳。

geolocation-tech-uriageuchiwake2

上記は第3四半期時点なので注意ですが、この時点ですでに前期並みの売上高になっています。

 

2事業とも売上は拡大しており堅調のようですが、特にIPアドレス移転事業の伸びが大きく、売上割合も拡大しています。

 

 

・TOKYO PRO Market IPOのトップインタビュー

 

 

初値上昇の期待について管理人コメント

 

point<管理人コメント>

ネット利用者の属性情報は、ネットマーケティングには欠かせないものとなっていますので、より細かくターゲティングできるということは、効率よく広告費を使えて無駄がないのでとても価値のあるものだと思います。
ネットでしかできないマーケティングテクノロジーで今後も需要は拡大していくと思いますので、まだまだ今後の成長拡大にも期待したいところではあります。

 

最近は個人のデータ収集に関する厳しい目が向けられていたりもするのでその辺はどうなっているのか気になったりはします。

 

 

以下、過去に同じような属性データを活用した広告プラットフォームがありましたので紹介

 

・2019年

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
7072 インティメート・マージャー 10/24 299,000 1900 4000 110.53%

 

 

株主構成が公開されておらず不明だったのでよく分かりません。ロックアップ情報は公開されておりましたがそれなりにロックアップされてると思います。※詳細はページ下部にて

 

ベンチャーキャピタルによる売出しはありません。

 

 

仮にザーズ市場として比較してみると公開株数はとても少ないです。

 

過去にマザーズ市場で同程度程度の公開株数だったものを確認してみます。

 

・2020年で同程度の公開株数だったマザーズ銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
4011 (株)ヘッドウォータース 09/29 115,000 2400 28560 1090.00%

 

・2018年で同程度の公開株数だったマザーズ銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
6573 アジャイルメディア
・ネットワーク
03/28 142,600 3,000 15,470 415.67%
6577 ベストワンドットコム 04/25 125,300 4330 14830 242.49%

 

マザーズ市場でこの公開株数は事例も少なく、市場も違うのであまり参考にならないかもしれませんが、このくらいの公開株数はとても少ない規模で初値はどうしても高騰しがちです。
市場が福証Q-Boardではありますが、ネット証券で普通に取引できるので期待できるのかなとは思います。

 

業績は拡大傾向。コロナウイルスの影響は限定的。ネットマーケティング関連。何より公開株数はとても少ないので初値は大きな上昇に期待したいです。

 

 

IPOの申し込みが可能な証券会社はこちら

 

  証券会社名
主幹事 エイチ・エス証券
引受 SBI証券
引受 西日本シティTT証券
引受 岡三証券
引受 マネックス証券
岡三オンライン証券

 

ネット証券で平等抽選であるマネックス証券などは忘れずに申込みしておくことをオススメします。

 

※2021/08/17 追記

目論見書に記載されていない証券会社として岡三オンライン証券で応募できることが確認できました。前受金不要で資金余力がなくても応募できる証券会社ですので資金が少ない方も当選確率アップを狙えるのででお見逃しなく!

 

 

このページを見た人のアンケート

wan

=>他IPO銘柄の投票状況を見てみる

 

このページを見た人の初値予想

hatsune-yosou

結果を見ないで自分で予想するのが大事じゃ。

口コミ評価など

 

 

 

 

 

kuchikomi-hyouka

株主の構成とロックアップ期間など

 

上位株主の所有割合と一定期間、株の売却ができないロックアップ条件の詳細になります。
  

氏名、又は名称 役職、関係性など 所有割合 ロックアップ
小川武重   不明 180日間
株式会社エレファント   不明 180日間
株式会社キャピタルバンク   不明 180日間
以下続きを開く/閉じる
遠藤寿彦   不明 180日間
福井隆一   不明 180日間
株式会社MASA   不明 180日間
株式会社NORIKO   不明 180日間
吉原明雄   不明 180日間
髙橋邦美   不明 180日間
茂田井純一   不明 180日間
新井穣   不明 90日間、1.5倍除く
星久   不明 90日間、1.5倍除く

※上記は主な株主のみ

 

180日のロックアップ期間:2022/03/11

90日のロックアップ期間:2021/12/11

初値形成後に発行価格の1.5倍以上で売却がなされる場合があります。

ロックアップ期間中でも主幹事会社は、裁量で解除できる権限を有しています。

 

 

売り出し株式の詳細

 

なし

 

 

point<注意>
IPOに関する情報は、購入申し込み期間直前まで改定される場合があります。必ず最新の目論見書で内容をご自分で確認してから申し込むようにして下さい。ここで紹介した内容に間違いなどがあったとしても責任は持てませんので自己責任においてしっかり確認してください。
=>目論見書の見方はこちらを参考にして下さい








★この記事を読んだ方はシェア/ブックマークで応援お願いします。

 



ipo-banar


トップページへ


↑このページ先頭へ

スポンサードリンク

お役立ち関連記事

ついでに読みたい

  1. アスタリスク【6522】のIPO抽選申込どうする?
  2. セーフィー【4375】のIPO抽選申込どうする?
  3. プロジェクトカンパニー【9246】のIPO抽選申込どうする?
  4. シンプレクス・ホールディングス【4373】のIPO抽選申込どうする?
  5. ユミルリンク【4372】のIPO抽選申込どうする?
  6. ROBOT PAYMENT【4374】のIPO抽選申込どうする?
  7. デジタリフト【9244】のIPO抽選申込どうする?
  8. リベロ【9245】のIPO抽選申込どうする?
  9. レナサイエンス【4889】のIPO抽選申込どうする?
  10. コアコンセプト・テクノロジー【4371】のIPO抽選申込どうする?

IPO2021年09月IPO2021年09月