ココナラ【4176】のIPO抽選申込どうする?

3日後以内に上場予定のIPO銘柄があるかチェックします 本日、需要申告(BB)に申し込めるIPO銘柄があるかチェックします 最新IPOの上場結果/予定/カレンダーが確認できます 投票IPO申し込みアンケート投票の状況が一覧で確認できます
> > ココナラ【4176】のIPO抽選申込どうする?

スポンサードリンク

ココナラ【4176】のIPO抽選申込どうする?

 

 

kokonara-ipo

作成:2021/02/16 更新:2021/03/29

ココナラの紹介

(※2021/03/29更新)

コード 4176
会社名

(株)ココナラ

市場

マザーズ

事業内容

知識、スキル、経験を売買できる
プラットフォーム「ココナラ」の運営。

上場日

2021/03/19

公募売出
価格
1,200円
※仮条件の上限
初値
03/19
2,300円
+91.67%

 

 

需要申告(ブックビルディング)スケジュール

 

ココナラ の株式割り当て抽選への参加は誰でも可能ですが、まず以下の期間に指定の証券会社で需要申告する必要があります。=>IPOの応募の流れやルールなどはこちらを参考

 

2021/03/04(木)~03/10(水)まで

=>最新IPOスケジュールをカレンダーで確認

 

IPOの申し込み期間は約7日間と短くなっていますので申し込み忘れにご注意下さい。

※申し込み可能な証券会社は、ページ最下部で紹介しています。

 

 

IPO抽選対象の株数

 

13,905,900株

 

(内訳)

公募: 1,000,000

引受人の買い取り引受による売り出し: 11,092,900

オーバーアロットメントによる売り出し: 1,813,000

 

過去数年のデータをもとにした市場別の株数のおおよそ規模感

kokonara-ipo-maza-zu
kokonara-ipo-kabusuu

 

 

想定発行価格と仮条件の価格

(※2021/03/29更新)

想定発行価格 1000円
仮条件の価格(03/03) 1,000~1,200円

 

 

ココナラの強み

tsuyomi

※独自の見解な どを含みます。

  1. 多種多様なサービスの出品がある
    ※出品者約20万人、約40万件のサービスあり
    ※21カテゴリ、211サブカテゴリ
    ※購入者が個別カスタマイズしたものを提案依頼できる
  2. サービス提供は全てオンラインで完結
    ※時間や場所を気にしないで利用できる
    ※テキスト、電話、ビデオチャット、トークルーム
    ※人件費率が相対的に低く抑えられるので収益性が高い
  3. 取引金額に応じた手数料収入
    ※取引金額の25%を基本とし5万円超えは段階的に低減
    ※取引代金のやりとりはココナラが仲介で安全
  4. 評価、認定制度による信頼性の明示
    ※5段階のランク認定、PRO認定制度
  5. 365日体制でサポート
    ※問い合わせ対応、システムを用いた監視、目視による監視

 

point<管理人コメント>

 

以下、2020/08期の売上高に対する各サービスの内訳です。

kokonara-uriageuchiwake

売上のほとんどがココナラによる売上となっています。 

 

その他は、「ココナラ法律相談」と「ココナラミーツ」になります。

 

◆ココナラ

https://coconala.com/ 

kokonara-site

 

以下のようなものが出品されているそうです。

kokonara-skiru

カテゴリの中では「占い」が売上を多く占めるジャンルとなっているそうで、2019/08期は52.2%を占めていたそうです。2020/08期は40.7%で、2020/11時点は36.6%と徐々に依存割合は低下傾向にあるようです。

 

 

直近の決算状況と業績の推移

kokonara-gyouseki
※2012/01㈱ウェルセルフ設立。2014/06㈱ココナラに商号変更。

 

クリック>>業績データを開く/閉じる

 

 

  2016/08 2017/08 2018/08 2019/08 2020/08 2020/11
(第1四半期)
売上高
(百万円)
215 386 767 1138 1776 613
経常利益
(百万円)
△ 195 △ 785 40 △ 1053 △ 84 66
当期純利益
(百万円)
△ 195 △ 786 47 △ 1054 △ 94 65
1株当たり
配当額(円)
- - - - - -
1株当たり
当期純利益(円)
△ 8341 △ 28708 1542 △ 57 △ 5 3

※単位(百万円)、(円)の小数点以下端数は全て四捨五入で表示しています。

 

↓ 前年同期比へ置き換えたものがこちら

  2016/08 2017/08 2018/08 2019/08 2020/08 2020/11
(第1四半期)
売上高の
前年同期比
- 79.53% 98.70% 48.37% 56.06% -65.48%
経常利益の
前年同期比
- -302.56% 105.10% -2732.50% 92.02% 178.57%
    平成27年3月1日        

 

point<管理人コメント>

売上は拡大傾向になっています。
経常利益は、変動が大きく大きく赤字となっている時期もありますが、 直近では赤字は縮小して、2020/11時点は黒字転換しています。

 

過去、赤字要因としては広告宣伝費による影響が大きいと思われますで参考に以下掲載しておきます。

 

<広告宣伝>
2019/08期 約1285百万円
2020/08期 約487百万円

 

業績変動のグラフを見て分かるとおり、1年ごとに広告宣伝を大きく投入していますが、効果を見極めながらということでしょうか?大きく赤字となった翌期には、売上も目立って伸びていますので効果があるということかな?

 

 

新規発行による手取金の使途

kokonara-ipo-shito

 

新規発行による手取金の概算額 980百万円
第三者割り当て増資の手取概算上限 901百万円

 

広告宣伝費 362百万円
※オンライン広告、テレビCM
人件費 530百万円
※プロダクト機能拡充、技術開発等
システム費、通信費 95百万円
※流通高の成長にともなうサーバー費用、業務上利用が増加したソフトウェア費用

借入金返済 800百万円
残額 94百万円
※残額は具体化事項なし

 

 

ココナラの成長余力

 

※独自の見解などを含みます。

  1. サービス提供手法の拡張
    ※2020/07 対面サービス「ココナラミーツ」
  2. カテゴリ(汎用型、特化型)の拡張
    ※特定のカテゴリを異なる独立したサービスとして運営することも検討
    ※2016/08 ココナラ法律相談リリース済み
  3. マッチング手法(1対1、1対多)の拡張
  4. 課金手法(都度、継続)の拡張
  5. 中小企業、大企業を含めたユーザー属性の拡張
    ※ビジネス利用はサービス単価が高額
  6. 広告宣伝による新規ユーザー獲得
    ※オンライン広告、テレビCM
  7. コンテンツ分野への展開
    ※2020/04 ブログ機能。出品サービス紹介や有料記事の販売あり
  8. 日本のスキルシェア市場は拡大余地が大きい
    ※米国29.6%、日本3.7%
    ※働き方改革による副業ニーズ、残業削減のスキルアップニーズ

 

point<管理人コメント>

 

以下、2020/11時点の売上高に対する各サービスの内訳です。

kokonara-uriageuchiwake2

割合に大きな変化はありませんが、2サービスともに昨期を上回る売上高の進捗状況となっており堅調なようです。

 

 

株主の構成とロックアップ期間など

 

上位株主の所有割合と一定期間、株の売却ができないロックアップ条件の詳細になります。
  

氏名、又は名称 役職、関係性など 所有割合 ロックアップ
ジャフコSV4
共有投資事業有限責任組合
  15.34% 180日間
保有分売出
(80.00%)
南 章行 代表取締役 13.13% 180日間
保有分売出
(12.76%)
新明 智 取締役 11.70% 180日間
保有分売出
(2.99%)
以下続きを開く/閉じる
ニッセイ・キャピタル5号
投資事業有限責任組合
  7.65% 180日間
保有分売出
(80.00%)
Mistletoe Japan合同会社   7.02% 180日間
保有分売出
(80.00%)
Fidelity Funds   6.48% 180日間
ImproVistaⅠ投資事業
有限責任組合
  4.18% 全て売出し
鈴木 歩 代表取締役 3.82% 180日間
ニッセイ・キャピタル6号
投資事業有限責任組合
  3.74% 180日間
Fidelity Japan Trust PLC   3.24% 180日間
澤山 明依 従業員 2.70% 180日間
保有分売出
(9.62%)
EEIスマートエナジー
投資事業有限責任組合
  2.34% 全て売出し
DBJキャピタル投資事業
有限責任組合
  2.34% 180日間
保有分売出
(80.00%)
株式会社デジタルホール
ディングス
  2.29% 全て売出し
佐々木 好美   1.65% 全て売出し
柴田 高幸   1.65% 全て売出し
SMBCベンチャー
キャピタル2号投資事業
有限責任組合
  1.40% 全て売出し
株式会社VOYAGE
VENTURES
  0.98% 全て売出し
株式会社アドウェイズ   0.76% 全て売出し
吉松 徹郎   0.76% 全て売出し
上記合計   93.17%  

※上記以下は省略しています。

 

180日のロックアップ期間:2021/09/14

ロックアップ期間中でも主幹事会社は、裁量で解除できる権限を有しています。

第三者割当等に関して割当を引き受けたもの(※X)との間で継続所有等の確約あり。

 

 

売り出し株式の詳細

 
売り出し対象となっている株式の株主内訳です。
 

氏名、又は名称 役職、関係性など 株数 割合
ジャフコSV4
共有投資事業有限責任組合
  2,832,000 12.28%
ニッセイ・キャピタル5号
投資事業有限責任組合
  1,411,200 6.12%
Mistletoe Japan合同会社   1,296,000 5.62%
以下続きを開く/閉じる
ImproVistaⅠ投資事業
有限責任組合
  965,400 4.18%
ニッセイ・キャピタル6号
投資事業有限責任組合
  690,700 2.99%
EEIスマートエナジー
投資事業有限責任組合
  540,000 2.34%
株式会社デジタルホール
ディングス
  528,600 2.29%
DBJキャピタル投資事業
有限責任組合
  432,000 1.87%
南 章行 代表取締役 386,700 1.68%
佐々木 好美   379,800 1.65%
柴田 高幸   379,800 1.65%
SMBCベンチャー
キャピタル2号投資事業
有限責任組合
  323,400 1.40%
株式会社VOYAGE
VENTURES
  225,000 0.98%
株式会社アドウェイズ   176,400 0.76%
吉松 徹郎   176,400 0.76%
インクルージョン・
ジャパン株式会社
  92,400 0.40%
酒井 穣   92,400 0.40%
新明 智 取締役 80,700 0.35%
澤山 明依 従業員 60,000 0.26%
久保 健一郎   12,000 0.05%
小野 真理子   9,000 0.04%
大森 義輝   3,000 0.01%
合計   2,832,000 12.28%

 

 

初値上昇の期待について管理人コメント

 

point<管理人コメント>

仕事を仲介するクラウドソーシングのサービスと似ている部分もありますが、仕事を探すのではなく、仕事を自分で作ってサービスとして販売するというのがココナラの特徴ですね。

 

副業ニーズだけでなく、スキルアップなど様々なニッチなサービスを利用することができますので、これまでにないサービスを体験することができる新しいものだと思いますので今後の成長拡大にも期待したいです。

 

 

ロックアップはしっかりしており問題なし。

 

ベンチャーキャピタルによる売出しがありますので初値抑制要因として気になります。

ベンチャーキャピタルは成長しきったところで上場して利益確定しますが、保有分の8割以上を売出しており利益確定の石は明確です。事業内容はIT関連の新サービスなので今後の成長余力はまだまだあるのは間違いないですが、現状が想定発行株価にどこまで織り込まれているかは注意したいところです。

 

マザーズ市場としては公開株数はとても多いので初値抑制要因です。

 

過去にマザーズ市場で同程度程度の公開株数だったものを確認してみます。

 

・2020年で同程度の公開株数だったマザーズ銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
4165 (株)プレイド 12/17 15,055,000 1,600 3,190 99.38%
7342 ウェルスナビ(株) 12/22 17,153,700 1,150 1,725 50.00%

 

・2019年で同程度の公開株数だったマザーズ銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
4480 メドレー 12/12 15,824,000 1300 1270 -2.31%

 

・2018年で同程度の公開株数だったマザーズ銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
4384 ラクスル 05/31 12,592,000 1500 2734 82.27%

 

事例が少ないですが、このくらいの公開株数でも初値は大きく上昇しているものが意外と多いなという印象です。公募割れしているのも確認できますが、現時点の株価を見てみると上場してから大きく上昇しています。

 

2020年の上場分2つはベンチャーキャピタルによる売出しとなっておりますが、それでも初値は大きく上昇しています。相場環境がとても良かったのも影響しているかもしれませんが、事業内容によってはベンチャーキャピタルによる売出しも心配ない?というケースもあるようですね。

 

業績は拡大傾向。IT関連の新サービス。公開株数がとても多く、ベンチャーキャピタルによる売出しがある点も気になりますが、相場環境がとても良いので初値はそれなりに上昇して欲しいものです。ただし相場状況の変化によっては注意が必要となるかもしれませんので考慮したいです。

 

とりあえず公開株数が多いので公募割れの可能性も含めて、仮条件の価格や最終的な売り出し価格を確認して慎重に判断したいです。

 

 

IPOの申し込みが可能な証券会社はこちら

 

  証券会社名
主幹事 みずほ証券
主幹事 クレディ・スイス証券
引受 いちよし証券
引受 SBI証券
引受 楽天証券
引受 マネックス証券
引受 松井証券

 

積極的に応募される方は、ネット証券で平等抽選であるマネックス証券などは忘れずに申込みしておくことをオススメします。

 

 

 

このページを見た人のアンケート

wan

=>他IPO銘柄の投票状況を見てみる

 

 

このページを見た人の初値予想

hatsune-yosou

結果を見ないで自分で予想するのが大事じゃ。

 

 

口コミ評価など

 

 

 

 

 

 

point<注意>
IPOに関する情報は、購入申し込み期間直前まで改定される場合があります。必ず最新の目論見書で内容をご自分で確認してから申し込むようにして下さい。ここで紹介した内容に間違いなどがあったとしても責任は持てませんので自己責任においてしっかり確認してください。
=>目論見書の見方はこちらを参考にして下さい








★この記事を読んだ方はシェア/ブックマークで応援お願いします。

 



ipo-banar


トップページへ


↑このページ先頭へ

スポンサードリンク

お役立ち関連記事

ついでに読みたい

  1. Appier Group【4180】のIPO抽選申込どうする?
  2. スパイダープラス【4192】のIPO抽選申込どうする?
  3. ブロードマインド【7343】のIPO抽選申込どうする?
  4. イー・ロジット【9327】のIPO抽選申込どうする?
  5. ジーネクスト【4179】のIPO抽選申込どうする?
  6. ベビーカレンダー【7363】のIPO抽選申込どうする?
  7. Sharing Innovations【4178】のIPO抽選申込どうする?
  8. シキノハイテック【6614】のIPO抽選申込どうする?
  9. T.S.I【7362】のIPO抽選申込どうする?
  10. i‐plug【4177】のIPO抽選申込どうする?

IPO2021年03月IPO2021年03月