ユーピーアール【7065】のIPO抽選申込どうする?

3日後以内に上場予定のIPO銘柄があるかチェックします 本日、需要申告(BB)に申し込めるIPO銘柄があるかチェックします 最新IPOの上場結果/予定/カレンダーが確認できます 投票IPO申し込みアンケート投票の状況が一覧で確認できます
> > ユーピーアール【7065】のIPO抽選申込どうする?

スポンサードリンク

ユーピーアール【7065】のIPO抽選申込どうする?

 

 

upr-ipo

作成:2019/05/13

ユーピーアール IPOの紹介

 

コード 7065
会社名 ユーピーアール(株)
市場 東証二部
事業内容

主にパレット等物流機器のレンタル及び販売。

上場日

2019/06/12

初値  

 

 

需要申告(ブックビルディング)スケジュール

 

ユーピーアール  の株式割り当て抽選への参加は誰でも可能ですが、まず以下の期間に指定の証券会社で需要申告する必要があります。=>IPOの応募の流れやルールなどはこちらを参考

 

2019/05/27(月)~05/31(金)まで

=>最新IPOスケジュールをカレンダーで確認

 

IPOの申し込み期間は約5日間とかなり短くなっていますので申し込み忘れにご注意下さい。

※申し込み可能な証券会社は、ページ最下部で紹介しています。

 

ipo-kabucom-banar

 

 

IPO抽選対象の株数

 

529,400株

 

(内訳)

公募(自己株式の処分): 384,000

引受人の買い取り引受による売り出し: 76,400

オーバーアロットメントによる売り出し: 69,000

 

過去数年のデータをもとにした市場別の株数のおおよそ規模感

upr-ipo-toushou2bu
upr-ipo-kabusuu

 

 

想定発行価格と仮条件の価格

 

想定発行価格 3130円
仮条件の価格 ※2019/05/23に決定予定

 

 

ユーピーアールの強み

 

※独自の見解などを含みます。

  1. 長年にわたり時代の変化に応じたパレット提供
    ※木製、プラスチック、スマートパレット
  2. ニーズに応じた最新物流機器を提供
    ※アクティブタグでクラウド管理、アシストスーツ、Iotソリューション
  3. 営業所やデポを全国に展開
    ※2019/03/31時点 国内12営業所、174デポ
    ※レンタル用物流機器の保有枚数は約400万枚
  4. 日系企業向けに海外での拠点展開あり
    ※海外拠点はシンガポール、タイ、マレーシア、ベトナム

 

 

point<管理人コメント>

 

 

以下は、2018/08期の売上高に対する各事業の内訳です。
upr-uriageuchiwake

主にパレットなどの物流事業が売上の多くを占めています。

物流事業には、アシストスーツも含まれますが、売上の実績などの開示がなくよく分かりませんでした。

 

アシストスーツをサイトで確認すると以下のようなものです。
upr-assist-suit
「ベルトなどでサポート」するタイプや「人工筋肉による空気式」「電動モーター式」などがあるようです。

 

ベルトサポートタイプは、販売価格は2万5000円~3万6000円。
人工筋肉や電動モーター式は、レンタル価格6万~8万/月。販売価格は、498000円~90万円となっていました。
※2019/05/13時点

 

 

・マッスルスーツ

 

 

・国際物流展2018:社長インタビュー

 

 

直近の決算状況と業績の推移

upr-gyouseki

 

クリック>>業績データを開く/閉じる

以下、連結決算。

  2017/08 2018/08 2019/02
(第2四半期)
売上高
(百万円)
9312 10367 5613
経常利益
(百万円)
270 803 526
当期純利益
(百万円)
155 567 279
1株当たり
配当額(円)
- - -
1株当たり
当期純利益(円)
135 494 243

※単位(百万円)、(円)の小数点以下端数は全て四捨五入で表示しています。

 

↓ 前年同期比へ置き換えたものがこちら

  2017/08 2018/08 2019/02
(第2四半期)
売上高の
前年同期比
- 11.33% -45.86%
経常利益の
前年同期比
- 197.41% -34.50%

 

以下、単体決算

upr-gyouseki2

  2014/08 2015/08 2016/08 2017/08 2018/08
売上高
(百万円)
7292 7905 8863 9133 10076
経常利益
(百万円)
573 525 648 278 808
当期純利益
(百万円)
341 464 360 154 577
1株当たり
配当額(円)
50 100 50 50 50
1株当たり
当期純利益(円)
4454 6073 4880 134 503

※単位(百万円)、(円)の小数点以下端数は全て四捨五入で表示しています。

 

↓ 前年同期比へ置き換えたものがこちら

  2014/08 2015/08 2016/08 2017/08 2018/08
売上高の
前年同期比
- 8.41% 12.12% 3.05% 10.33%
経常利益の
前年同期比
- -8.38% 23.43% -57.10% 190.65%

 

point<管理人コメント>

売上は拡大傾向となっているのが確認できます。
経常利益は一時、減少しているところがありますが、その後の推移を考慮すると拡大傾向を維持しているように見えます。

 

 

・連結子会社の詳細

設立 会社名 所在地
2005/09 ウベパレットサービス㈱ 山口県
2011/08 UPR Singapore Pte.Ltd. シンガポール
2014/07 UPR(Thailand) Co.,Ltd タイ
2015/02 UPR Solution(Malaysia)Sdn.Bhd. マレーシア
2018/06 UPR VIETNAM CO.,LTD ベトナム
2016/01 UPR Services Inc. 米国

 

 

新規発行による手取金の使途

upr-ipo-shito

 

新規発行による手取金の概算額 1,104,776千円

レンタル資産の取得 1,104,776千円
※パレットなど物流機器等
残額 0円

 

 

ユーピーアール の成長余力

 

※独自の見解などを含みます。

  1. 国内外の営業拠点、デポ拡大
  2. スマートパレット販売拡大
  3. アシストスーツの商品ラインナップ拡大
    ※用途に適応したアシストスーツ提供
  4. 海外現地法人の事業拡大
  5. Iotサービスの収益性改善
    ※位置情報ソリューションと遠隔監視ソリューションに注力
  6. カーシェアリング拡大
    ※既存顧客へのレンタル販売強化、新規顧客開拓

 

point<管理人コメント>

 

以下は、2019/02時点の売上高に対する内訳です。

upr-uriageuchiwake2
第二四半期時点ですが、コネクティッド事業の割合が少し増えています。
昨年の売上金額で進捗率を計算してみると2つの事業とも昨年を上回るペースとなっていますので伸びているのだと思います。

 

これからの事業拡大が期待されるコネクティッド事業では以下のものを取り扱っています。

 

・なんつい

トラックや商品などあらゆるものをGPSで位置を把握し、温度や湿度も管理できるというもののようです。

 

・なんモニ
upr-nannmoni

 

・カーシェアリング
upr-car-sharing
筑波大学、東京都港区、山口県宇部市でカーシェアリングを運営しているそうです。

 

 

株主の構成とロックアップ期間など

 

上位株主の所有割合と一定期間、株の売却ができないロックアップ条件の詳細になります。
  

氏名、又は名称 役職、関係性など 所有割合 ロックアップ
酒田 義矢 代表取締役 71.78% 90日間
保有分売出
(6.84%)
酒田 三男 ※A 13.94% 90日間
酒田 加代子 ※A 5.57% 90日間
酒田 健治 取締役 5.40% 90日間
保有分売出
(83.33%)
ユーピーアール従業員持株会   2.09% 180日間
上記合計   98.78%  

 

90日のロックアップ期間:2019/09/09

180日のロックアップ期間:2019/12/08

ロックアップ期間中でも主幹事会社は、裁量で解除できる権限を有しています。

 

 

売り出し株式の詳細

 
売り出し対象となっている株式の株主内訳です。
 

氏名、又は名称 役職、関係性など 株数 割合
酒田 義矢 代表取締役 56400 4.91%
酒田 健治 取締役 20000 1.74%
合計   76400 6.66%

 

 

初値上昇の期待について管理人コメント

 

point<管理人コメント>

主にパレットによる事業となっていますが、アジアを中心とした事業拡大に期待したいところと、パレットの管理から発展し、様々なIot事業に展開しており、物流以外の事業分野へも応用できることを考えるとこれからに期待したい部分は大きいです。

 

ロックアップはしっかりしており特に問題ありません。

ベンチャーキャピタルによる売り出しは心配ありません。

 

 

東証二部市場としては公開株数はかなり少ない方なので初値上昇要因になるかもしれません。

 

過去に東証二部で同程度以下の公開株数だったものを確認してみます。

 

 

・2018年で同程度の公開株数だった東証二部銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
9273 コーア商事ホールディングス 06/21 425,000 2670 4000 49.89%

 

・2017年で同程度の公開株数だった東証二部銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
3480 ジェイ・エス・ビー 07/20 518,300 3200 4280 33.75%

 

・2016年で同程度の公開株数だった東証二部銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
6237 イワキ(銘柄名:イワキポンプ) 03/18 690,000 2000 2050 2.50%

 

事業の新規性や成長性の観点で二部市場の初値上昇は伸びにくい場合がありますが、公開株数が少ない分、それなりの初値上昇は期待できる傾向であることが確認できます。

 

 

パレット事業自体は新規性が無いものの、ITを活用した事業を色々積極的に展開していますので。現時点で詳しい見通しは不明なのですがその点で成長性が評価される部分はあるかもしれません。何より公開株数は少ないのでそれなりに上昇することに期待したいところです。

 

 

IPOの申し込みが可能な証券会社はこちら

 

  証券会社名
主幹事 野村證券
引受 東海東京証券
引受 三菱UFJモルガン・スタンレー証券
引受 SMBC日興証券
引受 SBI証券
引受 ひろぎん証券
引受 松井証券

 

ネット証券のSBI証券が主幹事なのはチャンスです!

個人向け配分の多いネット証券のSBI証券は外れた場合にIPOポイントがもらえますので、ポイント狙いでとりえず申し込みしておくのは良いと思います。

 

ipo-kabucom-banar

 

 

このページを見た人のアンケート

wan

=>他IPO銘柄の投票状況を見てみる

 

 

このページを見た人の初値予想

hatsune-yosou

結果を見ないで自分で予想するのが大事じゃ。

 

 

口コミ評価など

 

 

 

 

 

 

point<注意>
IPOに関する情報は、購入申し込み期間直前まで改定される場合があります。必ず最新の目論見書で内容をご自分で確認してから申し込むようにして下さい。ここで紹介した内容に間違いなどがあったとしても責任は持てませんので自己責任においてしっかり確認してください。
=>目論見書の見方はこちらを参考にして下さい








★この記事を読んだ方はシェア/ブックマークで応援お願いします。

 



ipo-banar


トップページへ


↑このページ先頭へ

スポンサードリンク

お役立ち関連記事

ついでに読みたい

  1. ブランディングテクノロジー【7067】のIPO抽選申込どうする?
  2. ピアズ【7066】のIPO抽選申込どうする?
  3. Sansan【4443】のIPO抽選申込どうする?
  4. 大英産業【2974】のIPO抽選申込どうする?

IPO2019年06月IPO2019年06月