投資初心者は経済投資を始める!難易度ミニマム

> > 投資初心者は経済投資を始める!難易度ミニマム

 おすすめネット証券  マネックス証券/ カブドットコム証券/ SBI証券 ※フィデリティ証券キャンペーンこちらで徹底解説中! 

スポンサードリンク

投資初心者は経済投資を始める!難易度ミニマム

 

 

toushinanido

投資対象には、

運用の難易度によってレベルがあります

 

以下は、

私がおおまかに 3つ の投資対象レベルに分けました

 

keizaitoshi

 

まず上から順番に説明します。

 

 

 

コモディティ ・・・

 

金融取引で扱う 「商品」 のこと。例えば 「金」、「原油」、「コーン」など貴金属や農作物などのモノに対する投資をするものです。

金は紛争などが起こったとき情勢により価格が大きく動きます。

原油は、産油国の情勢が悪くなったり消費具合でそのときの情勢で、価格が大きく動きます。

コーン、小麦、大豆などの農作物は、季節や年など不作の時期というものに価格が大きく左右されます。日本でも、野菜などが不作だと高くなったりしますよね。

自然が相手ですから人間に予測するのは基本的に不可能です。

先物取引などでは、投資金額を上回るマイナスになることもあります。

 

 

 

企業 ・・・

 

「株」 や 「社債」 など、1企業に対する投資のこと。

株の場合、企業の業績により価格が大きく動きます。

企業が倒産すると「株」や「社債」の価値は驚くほど小さく、もしくは無価値となります。

 

 

 

 経済 ・・・

 

人、モノ、金、サービスの流れ全体を投資対象としたもの。代表的なもので「日経平均」や「NYダウ」などの株価指数。

「債券市場」や「REIT市場」など対象によって市場が形成されているものもあります。

企業、為替、コモディティなど全てのものが合わさってできているものです。

投資対象としては色々なもので分散しているため、1企業などが倒産しようが影響は少ないと言えます。

 

 

 

 

投資初心者が 「1つの企業への投資(=株)」 をすることよりも、

 

「経済」 への投資をする方が簡単

 

であることが分かっていただけましたでしょうか?

 

 

「経済」 への投資をうまくすることが出来ないのに、

「企業」 への投資へショートカットして背伸びすることは、

 

 どれだけ無謀であるか感じてもらえましたでしょうか?

 

 

 

だからこそ、

投資を勉強、経験していく順番として、

 

「経済」 への投資がうまく出来るようになってから、

「企業」 への投資をする流れにすれば、

 

どれだけスムーズに投資を進めていくことができるかも分かっていただけるのではないでしょうか。

 

 

 

投資初心者のあなた!

経済投資から初めてみませんか?

 

 

 

 








★この記事を読んだ方はシェア/ブックマークで応援お願いします。

 




トップページへ


↑このページ先頭へ

スポンサードリンク

お役立ち関連記事

ついでに読みたい

  1. 現物の外国債券投資は初心者に難しい!南アフリカランド購入体験
  2. 債権とは価格決定で金利と信用リスクを使う変動/固定あり
  3. 老後資金が足りない!投資運用で準備が必要その額はいくら?
  4. 投資初心者が失敗する一番の原因は一括投資すること
  5. 夏冬ボーナスの使い道で投資する場合は慎重に考えましょう
  6. 投資の勉強をしても儲かるはずがない!お金持ちになれない
  7. 経済投資が安心して運用できる理由(2)
  8. 経済投資が安定して利益を積み重ねられる理由(1)
  9. 経済投資の種類を規模で分類区別一覧
  10. 投資初心者ハイリスクハイリターン?意味分かっていますか?

投資初心者が勉強すべきこと投資初心者が勉強すべきこと