老後資金が足りない!投資運用で準備が必要その額はいくら?

> > 老後資金が足りない!投資運用で準備が必要その額はいくら?

 おすすめネット証券  マネックス証券/ カブドットコム証券/ SBI証券 ※フィデリティ証券キャンペーンこちらで徹底解説中! 

スポンサードリンク

老後資金が足りない!投資運用で準備が必要その額はいくら?

 

 

rougoshikin

 

老後の生活を年金でまかなえるものなのか?

どのくらい足りないのか?

 

これを知っておくことは、資産運用や投資でとても大切なことです。

 

 

以下、ゆとり無しの最低ラインの月額支出。

※「平成23年家計調査年俸」を基に作成

 

◆65歳以上の無職 2人以上世帯

  約27.1万円/月

 

◆65歳以上の無職 単身世帯

  約15.2万円/月

 

そんなに必要ないよと思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、実際に生活してみないとわからないことも多いですよね。食費、光熱費、住居費、衣料費以外にも、ガゾリン、灯油、住民税、所得税、重量税、車検、ローン、医療費、車や家などの修繕費、健康食品など考えればキリがありません。しかも、どの方に対してもそんなに関係ないことでもありませんよね。

 

公的年金で賄おうとする場合、夫婦ともに厚生年金加入40年のケースなら可能。

厚生年金の加入が30年以下では厳しいことが分かります。国民年金だけの加入だと、到底無理ですね。

 

=>年金月額給付はいくら?自分はどうなるか把握してみる

 

 

 

◆65歳以上の夫婦がゆとりある生活を送る場合

  約36.6万円/月

 

 

 

 

年金で足りない資金はいくらか?

 

(例)  約36.6万円/月 必要だと設定します。

夫が厚生年金40年、妻が厚生年金20年加入のケース。

65歳から20年間に不足する金額を想定してみましょう。

 

年金受給額: 約26.8万円/月

不足金額: 約9.8万円/月

 

9.8万円 X 20年 X 12ヶ月 = 2352万円 不足!!

 

 

 

気をつけないといけないのは、年金受給年齡の引き上げです。

恐らく今後、65歳から引き上げられることは誰もが想像しえますね。

 

年金受給年齡が65歳から70歳になたっとします。

この引き伸ばされた5年に必要なお金は、

 

約36.6万円 X 5年 X 12ヶ月 = 2196万円 不足!!

 

再度、70歳から15年の不足分を計算すると

9.8万円 X 15年 X 12ヶ月 = 1764万円 不足!!

 

 

 

合計すると 3960万円 不足する!!

 

 

退職金が 2000万円 あったとしても不足は1960万円。

※退職金が無くなる企業が多くなってきていますのであまり計算に織り込まないように。

 

月額にすると 1960万円 ÷ 20年 ÷ 12ヶ月 = 8.16万円

 

2人なら1人あたり、約4.8万円。

85歳までは働かないといけないということになります。

 

あなたは、85歳まで元気に働ける姿を想像できますか?

 

 

結婚、出産、養育費、家、その他人生における出費。

それに加えての老後の資金。計算するのが嫌になっちゃいますよね。(^_^;

 

人生にゆとりを持った生活を送りたいなら、いち早く資産運用を考えるべきです。

 

 

経済投資は、株などとは違い堅実な資産運用をするものです








★この記事を読んだ方はシェア/ブックマークで応援お願いします。

 




トップページへ


↑このページ先頭へ

スポンサードリンク

お役立ち関連記事

ついでに読みたい

  1. 現物の外国債券投資は初心者に難しい!南アフリカランド購入体験
  2. 債権とは価格決定で金利と信用リスクを使う変動/固定あり
  3. 投資初心者が失敗する一番の原因は一括投資すること
  4. 夏冬ボーナスの使い道で投資する場合は慎重に考えましょう
  5. 投資の勉強をしても儲かるはずがない!お金持ちになれない
  6. 経済投資が安心して運用できる理由(2)
  7. 経済投資が安定して利益を積み重ねられる理由(1)
  8. 経済投資の種類を規模で分類区別一覧
  9. 投資初心者は経済投資を始める!難易度ミニマム
  10. 投資初心者ハイリスクハイリターン?意味分かっていますか?

投資初心者が勉強すべきこと投資初心者が勉強すべきこと