投資や資産運用に向いている人/不向きな人の判断と克服

> > 投資や資産運用に向いている人/不向きな人の判断と克服

 おすすめネット証券  マネックス証券/ カブドットコム証券/ SBI証券 ※フィデリティ証券キャンペーンこちらで徹底解説中! 

スポンサードリンク

投資や資産運用に向いている人/不向きな人の判断と克服

 

 

toushi-mukifumuki3

投資/資産運用の向き不向きは損得の結果とは違う

 

誰もが投資を始めると、

儲ける人、損する人に分かれます。

 

しかし、

「大きく儲けたこと」 と 「向いていること」

「大きく損したこと」 と 「向いていない」

 

ということは、必ずしも同じではないのです。

 

 

 

「投機」と「投資」には大きな違いがある

 

 

投資初心者の人は、以下の2つを混同しています。

投機は危険であるが、投資は危険ではないと認識してください。

 

 

「投機」 とは

一時的な動きに合わせて、取り引きするもの。相場の上下にタイミングを見計らって、売り買いします。

儲かる人もいれば、その裏に損する人が居るという、ゼロサムゲームの指向が強いです。

投資対象として、時期により大きく値段が上下する商品先物や、

ごく短期間で売り買いするデイトレードなど、商品やトレード方法によっても区別されます。

 

 

「投資」 とは

長期的な上昇を見据えた投資。株は企業です。企業の業績が上がれば、経済も反映する。

人が存在する以上、経済は上昇していくものですので株も上昇する合理的なもの。

株が上昇すれば、企業はもちろん、株を買った人全員が儲かるものなのです。

株以外に、債券などもあります。

 

 

一般的に資産運用の大部分は、

「投資」の方で行います。

 

 

 

 「投機」で1億儲ける人の裏で損している人たち

 

「株で1億儲けた!」

なんていう凄い話をTVなどで聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

こういった投資話は、

ほぼ「投機」で儲けた話だと思ってください。

 

投資とは、

時間とともに経済が成長していくと儲かるものなので、

少ない資金で短期間に1億儲けることは不可能だからです。

※10億、100億持っている人なら話は違いますが・・・

 

shisannunyou-mukifumuki2

 

投機は、儲ける人がいれば、損する人がいる。

勝負の世界です。

 

1億儲けている人がいるということは、その裏で多くの人が損していることを意味します。

 

自分が買うと何故か下がる。自分が売ると何故か上がる。

これは、あなたのような人を対象に利益を取り合っているのですから当然おこる現象なのですよ。

 

 

 

「投機」に向いている人/不向きな人がいる

 

投機とは、タイミングが全てです。

 

いつ、上げが下げに変わるか?下げが上げに変わるか、

取引画面での監視をずっとしていないといけませんから疲れます。

 

相場での取り引きは、心理的なものが大きく影響します。

心理的な悪影響を認識すること。取り除くテクニックは身につけないといけません。

 

当たり前ですが、

相場の特性を知った上で取引することは当然です。

大引けで下げる。この指標が下げたら、上がる。投機筋による相場の動き。

 

今、なぜ相場がその方向に動くかを勉強することは絶対。

時とともに変わるその内容を常に最新のものにしなければいけません。

 

注文するときには素早い思考回路と反射神経が必要。

ある程度勉強すれば、ここで買えれば儲かる。ここで売れば儲かる。というところは少なからず分かるものです。

しかし、同じことをほとんどの人も考えているのです。

 

toushi-mukifumuki

 

注文を出すには、

売り買いの注文を判断する時間 と 注文処理する時間 が必要です。

パソコンから注文を出すにしても、1秒の差がでるだけでものすごく大きいのです。

 

キーボードのエンターキーを押した時には既に遅し。

買いたい価格で買えない。売りたい価格で売れない。ものなのです。

※相手は人だけではありません。今の時代、ロボットが自動で取引する時代です。

 

toushi-mukifumuki2

 

 

早く判断して、早く注文を出す。

素質、訓練、素早さ、注文マシンの性能など、

場合によっては、プロとの差は縮められないものさえあります。

 

いかに「投機」の難易度が高いかお分かり頂けましたでしょうか?

 

ハッキリ言って、「投機」で利益を出し続けることはとても難しいです。

年齡、環境など時代の流れについていくのが容易ではないから。

 

1億儲けた人が、2億損することはよくある話。

年齡が40になったら、もう投機はやめるなんていう話もあります。

 

向いている人であり続けるのは大変ですね。

 

 

 

 

投資に向いていないのはナマケモノだけ

 

投資は、合理的なものであるので、

正しい投資をおこなえば儲かるものです。

 

その為、誰にとっても平等で儲けることができるのです。

 

正しい投資を行なうには知識が必要。

短期的には、マイナスになることもありえますのでそれに対する理解や対処。

 

shisannunyou-mukifumuki

 

よって、

何も勉強しないナマケモノな人は、

投資、資産運用に向いていないでしょう。

 

何もしないでお金を増やそうなんて甘い世の中ではありません。

 

逆に言えば、正しい知識があれば儲けることができるのです。

難しいことはありません。最低限のことだけでいいです。

 

 

あなたは、

投資や資産運用について正しい知識をもって、

 

これから「向いている人」になれば良いのですね!(^_^)






★この記事を読んだ方はシェア/ブックマークで応援お願いします。

 




トップページへ


↑このページ先頭へ

スポンサードリンク

お役立ち関連記事

ついでに読みたい

  1. 大暴落も怖くない!上昇下落の流動性が経済投資のルール
  2. 投資信託どのくらい損失?利益になる?運用実績の大公開でイメージ
  3. 投資はギャンブルとは違う!必勝法考えるヒマ有るなら経済を信じよ
  4. 誰でも億万長者になれる!複利運用で倍X倍で雪だるま式に増える威力  
  5. 投資は増えて当然?経済成長は長期で伸びると学習せよ

投資は増えるもの メニュー投資は増えるもの メニュー