手数料No1ライブスター証券キャンペーン使え!投資信託もスゴイ

> > 手数料No1ライブスター証券キャンペーン使え!投資信託もスゴイ

 おすすめネット証券  マネックス証券/ カブドットコム証券/ SBI証券 ※フィデリティ証券キャンペーンこちらで徹底解説中! 

手数料No1ライブスター証券キャンペーン使え!投資信託もスゴイ

 

 

raibusuta-shouken-kyanpen

 

■ライブスター証券

raibusuta-shouken-hyouban5

ライブスター証券は、株取引手数料がネット証券の中でも随一!

 

今だけ株取引手数料が¥0(無料)キャンペーンがある時は、利用しなきゃソン!株取引している人は、必須の口座です。

 

ライブスター証券でしか買えない投資信託「レオスアジアセレクト株式」がある。

 

投資信託「レオスアジアセレクト株式」の手数料無料キャンペーンなどは活用すべし!

 

口座開設はこちら

 

※口座開設、管理、維持費は無料(0円)

 

 

 

<=前に戻る(特徴の紹介)

 

引き続き、ライブスター証券の口座開設でお得なキャンペーンなどをご紹介していきます。

 

 

 

株取引手数料がネット証券でNo1

 

1回注文ごとに株取引手数料が発生するプランとしては、ネット証券No1です。

株式の取引手数料にこだわるならここしかないでしょう。(^_^)

 

  ライブス

証券

SBI

証券

楽天

証券

カブドット

コム証券

マネック

ス証券

約定金額 つどつど
プラン

(税抜)
スタンダード
プラン

(税抜)
ワンショット
コース

(税抜)

 
(税抜)
成り行き
注文

(税抜)
 10万円
80円 no11 139円 
139円  180円 
100円
 20万円 97円 no11 185円  185円  270円 
180円
 50万円 180円 no11 272円  341円  540円 
450円
 100万円 340円 no11 487円  609円  990円  1000円
 150万円 400円 no11 582円  728円  1440円  1500円
 3000万円 800円 no11 921円  1152円  3690円 
30000円
 3000万円以上 800円 no11 973円  1217円  3690円  30000円~

※2014/06/16更新
 

 

 

 

手数料0円キャンペーンをよく実施する

 

標準の株式手数料が安いのはもちろんなのですが、

キャンペーンで、期間中の取引は0円!

というのをよく見かけます。(^_^)

raibusuta-shouken-kyanpen2

はっきり言って、使わなきゃソン!

 

キャンペーン中に利用できるようにするため、とりあえず口座を持っておくことをオススメします。

 

 

投資信託のレオス・アジアセレクト株式ファンドを購入できる

 

 レオスアジアセレクト株式ファンドを購入できるのは、

ライブスター証券だけ。

※2014/04時点

 

投資信託をメインでやっている私が、ライブスター証券の口座を開設した最大の目的はコレでした。

 

raibusuta-shouken-kyanpen4

※2014/04時点。買付手数料キャンペーンやってます。

 

この投資信託は、アジア株へ投資するものです。

<投資対象国>

香港、中国、マレーシア、インドネシア、タイ、シンガポール、韓国、台湾、フィリピン、インド、ベトナム、スリランカ など

 

レオス・キャピタルワークスが直接株銘柄を取引しているというのではなく、

ハモン・セレクテッド・アジアン・ポートフォリオ受益証券を介したファンズオブファンドであることは理解しておきましょう。

レオス・マネーマザーファンドで、投資比率を調整するものと思われますので、単純なベビーではないはず。

 

 

2014年の米国緩和縮小の流れにおいて、

私としては、新興国へ投資するならアジアしかありえません。

なぜなら、他の新興国は通貨が流出しているからです。

細かい世界マネーの流れの話は、省略しますね。(^_^)

 

ということで、今後購入する可能性を考えていつでも買えるように口座開設しました。

 

 

なぜこの投資信託に注目するかですが、

好成績を残しているのは人気の「ひふみ投信」、「ひふみプラス」と同じ運用会社だから。

運用会社は、レオス・キャピタルワークスです。

 

日本株を運用する、「ひふみ投信」は、他の投資信託と違い現金比率をアクティブに動かすレアな投資信託で、

その成績から人気が高いのですが、最近の成績はこれを見るとわかりますが、日経平均を大きく上回っています。

それでいて運用手数料が高いので今、人気です。

raibusuta-shouken-kyanpen3

青色の線が、「ひふみプラス」。赤色の線が「日経平均」。

2013年から大きく上昇している日経平均。

同じくひふみプラスも上昇しているのですが、さらに高い成績が残せていることはわかるでしょう。

shita2

 

 

口座開設キャンペーンこちら

 

 








★この記事を読んだ方はシェア/ブックマークで応援お願いします。

 




トップページへ


↑このページ先頭へ

スポンサードリンク

お役立ち関連記事

ついでに読みたい

  1. 証券会社のリアルタイム入金サービス対応状況を比較してみた
  2. フィデリティ証券キャンペーンの手数料無料がすごい活用すべし!
  3. フィデリティ証券の評判とおすすめポイントを紹介/投資信託に特化
  4. 証券会社オペレーター電話注文の手数料を比較したら10倍も違う?
  5. ネット証券会社でも電話注文ができますパソコン苦手や緊急用に!
  6. 外貨建てMMF/通貨別に証券会社の取り扱いを比較します
  7. 所要時間わずか!ネット証券口座開設の流れを実際の画面を見ながら紹介
  8. 投資いくらから?少額低予算なら100円で可能!実は低リスク
  9. NISA比較は手数料/商品で選べ!どのネット証券で口座開設する?
  10. ネット証券口座の比較をベテラン指南!手数料だけじゃない初心者さん

証券口座 メニュー証券口座 メニュー