USリートの見通しにフィデリティ証券の動画を活用すべし

> > USリートの見通しにフィデリティ証券の動画を活用すべし

スポンサードリンク

USリートの見通しにフィデリティ証券の動画を活用すべし

 

 

us-reit-mitooshi
USリート(米国のREIT)へ投資する投資信託は、

販売ランキングで上位にくるほどとても人気があるので投資をしている人は多いと思います。

 

米国のREITのみを組入れた投資信託だけでなく、世界を対象としたグローバルリートでも米国のREIT組み入れは多いため海外のREITへ投資する場合、

米国リートの見通しを見極めることがとても重要となっています。

 

ただし、日本で得られる情報は少なく、投資判断に迷うことは多いのではないでしょうか?

海外だからしょうがない面はあるのですが、日本の投資家にこんな人気があって売れているのにちょっと残念に思います。

 

そこで活用したいのがフィデリティ証券から送られてくる情報です。

 

USリート運用担当者の動画を紹介してくれる

 

フィデリティ証券では定期的に投資に関する色々な情報をメルマガで配信してくれるのですが、

その中でも動画で紹介してくれるものはとても参考になります。

 

以下はフィデリティ・USリート・ファンドを運用担当している

スティーブ・ビューラー氏が来日したので日本の個人投資家向けに今後の見通しなどを詳しく話してくれているものです。
us-reit-mitooshi-fiderithi
※外国人による動画は、日本語訳で同時通訳されていますので誰でも分かりやすいです。

 

投資信託によっては運用レポートに少しコメントが出ていたりしますが、ハッキリ言ってあまり参考になりません。(^_^;
運用担当者による直接の意見を詳細に聞けるのはとても有益だと思います。

 

見通し分析の内容は、

政治要因、金利、景気動向、市場の割安感、マイナス要因、直近のリスクなどの具体的な解説がありますので自分の投資判断に役立ちます。
※動画の他にレポートでも要点をまとめたものも配布されているのでとてもありがたいです。
 

米国リート市場としての見通しは、
フィデリティ・USリートとは別の銘柄を保有している人はもちろん、グローバルリートなどへ投資している人にとっても参考になるものです。

 

ファンドマネージャーによる情報以外にも、

最近ではフィデリティ証券独自の相場見通しやトランプ政権によるリートへの影響などを動画で紹介してくれています。

 

そのほか動画紹介ではUSリートなど投資信託以外にも、
ハイイールド債券、中国リスク、日本株など様々な投資情報を分かりやすく伝えてくれますので投資をしている人なら誰もが活用できるはずです。

 

 

米国リートを運用するマネージャーのセミナーに行ける

 

以下は、フィデリティ証券のメルマガで案内があったものですが、

過去におこなわれた「米国リート」と「米国ハイイールド債券」のセミナーです。

us-reit-mitooshi-fiderithi2

※セミナー開催は不定期なので今後の開催はフィデリティ証券からのメール案内で確認してください。

 

「フィデリティ・USリート・ファンド」を運用している担当者と、

「フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド」を運用している担当者が同時に来日するというとても貴重なものでした。

日本の個人投資家向けに運用状況や相場の見通しなどを語るという内容のセミナーです。

 

こんな機会は滅多にないと思いますが、

フィデリティ証券に口座を開設している人向けにメールで案内が届きました。

 

フィデリティ・USリート・ファンドといえばものすごく売れていて人気の銘柄ですから、保有している人は多いのではないでしょうか?

もちろん他のUSリート銘柄や、グローバルリート銘柄を保有している人も役に立ちます。

フィデリティ証券の情報はぜひチェックしてみてください。

 

フィデリティ系の投資信託は多くの証券会社で取り扱っていますが、

やはりフィデリティと名がつくだけあってフィデリティ証券からの情報は見逃せないと思います。

 

 

米国リートの価値ある情報は

フィデリティ証券で!

 

shita2

 

フィデリティ証券こちらで紹介








★この記事を読んだ方はシェア/ブックマークで応援お願いします。

 




トップページへ


↑このページ先頭へ

スポンサードリンク

お役立ち関連記事

ついでに読みたい

  1. クーポンで投資信託の購入時手数料が無料になるフィデリティ証券
  2. フィデリティ証券の手数料は他にないダントツメリット
  3. フィデリティ証券で投資信託の積み立てを設定する手順です
  4. フィデリティ証券の積み立て楽天銀行の引き落としを設定してみた

フィデリティ証券についてフィデリティ証券について