日本版ISAのNISA(ニーサ)何の英語略とイギリスISA違い

スポンサードリンク

日本版ISAのNISA(ニーサ)何の英語略とイギリスISA違い

 

 

 

isaryaku

 

 

NISA(ニーサ)略語の意味は?

 

まず、ISA制度というものがイギリスで導入された制度があります。

1999年により運用開始され、現在では国民の約4割りもの人が利用していると言われ、資産形成の仕組みとして広く知れ渡っています。

 

ISA = Individual Sevings Account = 個人貯蓄口座

 

 

イギリスのISAという制度を参考に日本で取り入れたものが、

日本版ISAなのです。

 

当初、日本版ISAと呼ばれていたのですが、

「NISA推進・連絡協議会」 が愛称の公募を行い

 

NISA(ニーサ) と決まりました。

 

NISAの頭文字。

Nは、Nipponの略です。

 

 

 

 

イギリスのISA制度とNISAには違いがある

 

NISA(ニーサ)は、イギリスのISA制度を参考にしたのですが、

NISAとISAには違いがあります。

 

色々ありますが、大きなところでいうと

NISAは、非課税枠の使用期限が5年と決まっています。

 

しかし、

イギリスのISAは、使用期限が事実上無期限となっております。

 

イギリスの方が規制がゆるく、個人投資家のメリットが多いのですね。

 

NISAもイギリスのように、もっとメリットの多い制度に変わっていくことを期待していですね!

NISA制度の内容が決まった現在も、改善要望が金融庁などにだされております。

 

 

 

大盤振る舞いのNISA制度は10年限定!

最大限活用するため今すぐ開設すべし

 

shita2

 

NISA口座開設キャンペーン

 








★この記事を読んだ方はシェア/ブックマークで応援お願いします。

 




トップページへ


↑このページ先頭へ

スポンサードリンク

お役立ち関連記事

ついでに読みたい

  1. NISA口座は証券会社を変更できる毎年見直しがベスト
  2. かんたんnisa口座開設手順です。時間や必要書類バッチリ把握
  3. NISA導入理由と経緯は日本貯蓄を投資で景気をよくするため
  4. 急げ!NISA口座開設キャンペーン比較せよ期間限定の特典こちら
  5. NISA(ニーサ)の仕組みを分かりやすく解説
  6. NISA(ニーサ)とは?投資してない人は見逃しちゃダメ

NISAでお金を増やす!無税の資産運用やらなきゃ損NISAでお金を増やす!無税