投資いくらから?少額低予算なら100円で可能!実は低リスク

> > 投資いくらから?少額低予算なら100円で可能!実は低リスク

投資いくらから?少額低予算なら100円で可能!実は低リスク

 

 

toushiikura-teirisuku4

 

投資を始めることに躊躇する人は購入金額と損する恐怖感が原因

 

私も投資をする前は、

低所得者である私には、そもそも投資するお金なんてないよ。

大損したら、人生を狂わせるもの。

どこか別世界の話のように考えないようにしていましたね。

 

toushiikura-teirisuku

 

しかし、今なら断言できます。

私にとって、

 

投資は宝くじより気軽で低リスク!

 

であると。

 

 

 

投資金額はいくらで始めることができるのか?

 

投資資金で100万円といったら、

あなたは多いと思いますか?少ないと思いますか?

 

大丈夫です。

100万円なんて無くても投資は始めることができます。

 

この低所得時代に、子持ちの家族なら、

「毎月のお小遣いは、3万程度。」

「ボーナスがあっても残りは10万円がせいぜい。」

なんていう人もいるでしょう。

 

大丈夫です。

たった、100円でも投資はできますよ!(^_^)

 

 

 

「株」は証券会社ごとに少額投資商品が用意されている

 

通常、株式ではある程度まとまった株数を購入しないといけないものです。

これは、「単元株数」というもので企業ごとに決められています。

 

(例) キング工業(株)

東証ジャスダック  株コード:7986

単元株数:1000  株価:100円

最低投資額 = 1000 X 100円 = 10万円

※2014/03/26時点

 

いくら株価が100円だったとしても。

100円では購入できないのですね。

 

 

でも大丈夫!

 

通常の市場では、単元株数での購入が必要なのですが、

証券会社が仲介することにより、

バラ売りしてくれるのです。(^_^)

100円でも投資が可能です!

 

それが、「単元未満株」というものですね。

証券会社が用意するサービスなので、取引できる証券会社は限られます。

 

=> 単元未満株を購入したい人にオススメ証券会社

 

 

普通なら購入すら出来ない憧れの超有名企業も単元未満株なら投資できちゃいます。

 

ユニクロのファーストリテイリングなら最低320万必要なところが約3万円から投資可能。

ディズニーのオリエンタルランドなら最低200万必要なところが約2万円から投資可能。

任天堂なら最低115万必要なところが約1万ちょっとから投資可能。

※2014/08/31時点

 

「投資信託」は証券会社ごとに少額投資商品が用意されている

 

投資信託には最低購入単位というのがあります。

一般的に、1万口 もしくは、 1万円 です。

 

しかし、証券会社が仲介することにより、

バラ売りしてくれるサービスがあるのですね。

 

 

◆楽天証券

・・・ 「ミニ積立」 というサービスで、「 1000円 」から購入することが出来ます。

 

 => 楽天証券はちら

 

 

◆カブドットコム証券

・・・ 「ワンコイン積立」 というサービスで、「 500円 」から購入することが出来ます。

 

 => カブドットコム証券はこちら

 

 

 

各投資商品の最低投資額

 

以下、いろいろな金融商品の最低投資額を

一覧にしてみました。

 

名称 最低投資額 備考
 100円以下

3円~100円のものが、

108銘柄あり

投資信託 500円

=>カブドットコム証券

424ファンド

ETF 1500円

=>SBI証券での

端数注文

J-REIT
2万円 -
4500円 -
eワラント 3000円 -

※金額や、銘柄数などは、 2014/03/26時点 に調査したものです。

※取り引き手数料が別途必要です。

 

 

 

こちらで証券会社の取扱商品を確認

 

=> ネット証券口座の比較

 

 

 

宝くじより投資は低リスク!?

 

宝くじの場合、ハズレたら0円。パーです。

しかし、株が破綻して0円になるなんてそうそう起こりません。

 

株が破綻しそうなときは、情報が出ますので暴落はするのですが、0円にはなりません。

※株式によっては、別の株式と統合されたり、債券処理で残資産が現金で分配されたりします。

 

 参考=>投資はギャンブルとは違う

 

 

次に投資信託。

 

投資信託は、破綻リスクがほぼゼロ。

0円になることは普通ではありえません。

 

投資信託は、複数の企業、国や世界を一つの単位として投資するものなので

破綻する確立が限りなく低くできるのです。

 

大きく暴落したとしても、時間が経過すれば上昇しますので破綻しないことはとても重要なことですね。

 

 

 

損の大きさ=投資金額の大きさだった

 

年末ジャンボ宝くじは300円から購入出来ます。

10枚購入したら、3000円。

全てハズレれると、マイナス3000円。

※連番で入っている、おまけの300円は便宜上、省略します。

 

3000円くらいの損だったら、あなたも怖いとは思いませんよね?

 

でも、

1000枚購入したらどうでしょうか。

購入金額は、30万円。

全てハズレると、マイナス30万円!

 

1万枚購入したらどうでしょうか。

購入金額は、300万円。

 

全てハズレると、マイナス300万円!!

 

過去にTVで、宝くじを1億くらい購入したひとを観ました。

どうなったのだろう・・・。

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

購入金額が大きくなればなるほど、

損する金額も大きくなるのですね。当たり前のことです。

 

結局、損すると怖いと思うのは、

投資金額が大きいからなのです。

 

宝くじを3000円購入すること。

株を3000円購入すること。

 

これは同じようなことを意味するのです。

宝くじを3000円購入する人が、株を3000円買うことを怖いなんて思うのはおかしな話です。

 

むしろ、株は堅実に利益を増やすものに対して、

宝くじは一か八かの大勝負といったところです。

 

 

あくまで私の意見ですが、

宝くじを300万買うのは怖くて出来ませんが、

 

株を300万買うことは出来ます。怖くありません。(^_^)

 

toushiikura-teirisuku2

 

投資では少ない資金にレバレッジをかけて大きな金額の取引をすることができますが、

そのことが株のリスクを大きくしてしまい危ないものと思われてしまう点があります。

 

私はレバレッジをかけた運用は一切しません。

しっかりとリスクを認識して区別することで適切な運用ができますので安心して下さい。

 

=>投資初心者はレバレッジをかけた運用はしない

 

 

 

あなたも、

投資することのハードルは低いと認識できましたでしょうか?

 

 

投資している人/投資していない人には大きな違いが生まれます。

「アベノミクスでは投資している人だけが得しているんでしょ」と言われますが、

そう思うのなら、やればいいのです。

 

まずは、少額からでも初めて恩恵を受けようとすることが大事ではないでしょうか。

 

 








★この記事を読んだ方はシェア/ブックマークで応援お願いします。

 




トップページへ


↑このページ先頭へ

スポンサードリンク

お役立ち関連記事

ついでに読みたい

  1. 証券会社のリアルタイム入金サービス対応状況を比較してみた
  2. フィデリティ証券キャンペーンの手数料無料がすごい活用すべし!
  3. フィデリティ証券の評判とおすすめポイントを紹介/投資信託に特化
  4. 証券会社オペレーター電話注文の手数料を比較したら10倍も違う?
  5. ネット証券会社でも電話注文ができますパソコン苦手や緊急用に!
  6. 外貨建てMMF/通貨別に証券会社の取り扱いを比較します
  7. 所要時間わずか!ネット証券口座開設の流れを実際の画面を見ながら紹介
  8. NISA比較は手数料/商品で選べ!どのネット証券で口座開設する?
  9. ネット証券口座の比較をベテラン指南!手数料だけじゃない初心者さん
  10. 手数料No1ライブスター証券キャンペーン使え!投資信託もスゴイ

証券口座 メニュー証券口座 メニュー