証券総合口座とNISA口座は別もの!必ず申込みすること

> > 証券総合口座とNISA口座は別もの!必ず申込みすること

 おすすめネット証券  マネックス証券/ カブドットコム証券/ SBI証券 ※フィデリティ証券キャンペーンこちらで徹底解説中! 

スポンサードリンク

証券総合口座とNISA口座は別もの!必ず申込みすること

 

 

sougoukouza

証券総合口座とは?

 

証券会社で取引するのに、必ず必要なものが「証券総合口座」です。

投資するためのお金を管理するための口座になります。

 

証券会社へお金を入金するとこの証券総合口座に入ります。

※入金した現金は、自動的にMRFとして運用され低利率の金利を得ることが出来ます。

 

投資信託や、国内株式などは、証券総合口座に入金済みの範囲内ですぐに取引可能です。

証券総合口座を1つ開設すれば投資がすぐに始められるので簡単ですよね。

※先物や中国株、海外商品の取引など、投資商品によってはまた別の管理になっていますが、基本的にこの「証券総合口座」を開設すれば取引できます。その際、証券会社の審査や手続きなどが別途必要な場合があります。

 

そして、金融証券(株式や投資信託など)を管理するための「口座区分」というものがあります。

2つ存在しており、「一般口座」の他に「特定口座」という確定申告する上で便利なものがあり、取引するときにどちらで買い付けるか指定することになります。

 

参考=> 一般口座と特別口座の違いはこちら

sougoukouza2

ちなみに一般的には特定口座のみを利用するケースがほとんどだと思います。

私は一般口座をまったく利用しません。

 

 

 NISA口座とは?

 

2014年から開始されたNISAという制度が適用されるのが、NISA口座です。

特定口座や一般口座と同じように金融証券を管理する口座区分の一つという位置づけで、取引するときに選択することになります。

sougoukouza-nisakouza

特別な証券管理用の口座ですから、別に申し込みしないと利用できないものです。

証券会社に口座を持っているから、大丈夫なんて間違わないようにしてください。

 

改めてNISAとは、NISA口座で利益を得た場合、その利益に対しては税金がかからないという制度です。

必ず、NISA口座を申込みするようにしてくださいね!

 

 

NISA口座は1人1口座のみ

 

注意しないといけないのは複数の証券会社で証券総合口座をもつことができても、

NISA口座というのは、どこか1つの証券会社で1つの口座しか持てないことです。

 

NISA口座を申し込みする際は、注意して下さい。

どうやって決めるかは以下を参考にしてください。

 

参考=> NISA口座開設を選択しやすく比較しました

 

 

購入するときにNISAかその他の口座かを選ばないといけない

 

NISA口座を開設したからといって株式や投資信託が勝手にNISA口座に入るのではありません。

注文するときにどの口座(一般口座、特定口座、NISA口座)かを選ぶことになります。

 

あなたが、どの口座に入れるか選択するのです。

 

選ばないといけないというのがNISAの制度でとても使いづらい欠点。

 

どれをNISAに入れるか?

どれを証券総合口座に入れるか?

 

当サイトでもその辺りの話を掲載していますので、参考にしてくださいね。

 

 

 

大盤振る舞いのNISA制度は10年限定!

最大限活用するため今すぐ開設すべし

 

shita2

 

NISA口座開設キャンペーン

 








★この記事を読んだ方はシェア/ブックマークで応援お願いします。

 




トップページへ


↑このページ先頭へ

スポンサードリンク

お役立ち関連記事

ついでに読みたい

  1. 翌年にNISA余剰枠は繰越できない消える前に無理やり使う?
  2. 毎月分配の元本払戻金(特別分配金)でNISA枠は消えます 
  3. たった1日でNISA5年枠が消える?銘柄選択タイミングは慎重に
  4. 海外転勤の引越しでNISA口座は廃止!帰国で再開するには?
  5. 確定申告でもNISA口座は損益通算できないデメリットがある
  6. 複数の証券会社へNISA口座を申し込むのは絶対にやってはいけない

NISA注意点 メニューNISA注意点 メニュー