投資信託は分散しすぎないことが儲ける方法/世界分散は分析不可

> > 投資信託は分散しすぎないことが儲ける方法/世界分散は分析不可

 おすすめネット証券  マネックス証券/ カブドットコム証券/ SBI証券 ※フィデリティ証券キャンペーンこちらで徹底解説中! 

スポンサードリンク

投資信託は分散しすぎないことが儲ける方法/世界分散は分析不可

 

 

 

 

sekaibunsan

 

 

 

 

投資信託は、分散しすぎないことが儲ける方法です。

 

分散度を高くするとローリスクローリンターンになります。

分散度を低くするとハイリスクハイリターンになります。

 

参考>> 分散度レベルに応じた投資信託の運用

 

 

 

私が投資する分散度レベル

 

私は分散度が高いものから、低いものまで色々な投資を試してきました。

 

最終的に落ち着いたものが、

 

複数企業 への投資。

 

場合によっては、

単一国 への投資をすることもあり。

 

moukeruhouhou

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、主にある国の 「複数企業」 を選別した投資信託で投資をおこないます。

具体的には、アクティブ投資信託での投資です。

 

投資信託によっては、ある単一国の経済全体をカバーするものしかないこともあります。この場合は、単一国を選択せざるを得ません。

具体的には、インデックス投資信託での投資です。

 

 

 

 

分散度を低くしている理由

 

以下、2つが主な理由です。

 

 

分散度が低いとハイリスク/ハイリターンで儲けることができる

 

そもそも、投資信託による経済投資は分散されていることが前提です

分散しすぎて利益を減らす必要はありません。

 

 

 

分散度が低いと投資対象が限定される分、わかりやすい

 

世界経済をカバーする投資信託というのは、世界各国の経済に左右されます。

世界のどこで何が起きているか?

あなたは全て把握できますか?

私は、世界各国の経済を把握できません。

 

単一国の「日本」へ投資をする投資信託はどうでしょうか?

日本への投資は、日本経済のことだけを考えればいいので、簡単ですね。

 

要するに、

日本 株が上昇するか、下落するか分かりやすいということです。

 

 

 

 

分散度が低いデメリットをしっかり把握する

 

分散度が低い方がハイリスク/ハイリターンとなります。

 

 しかし、ハイリスク/ハイリターンだからといって、ローリスク/ローリターンより儲かるかどうかは分かりません。

 

ハイリスク/ハイリターンというのは、大きく損する場合もあるし、大きく儲けられる可能性があるということです。

 

 

単一国の「日本」へ投資したとします。

日本株が下落すれば、投資信託の価値が下がります。利益はマイナスですね。

 

しかし、世界経済の株をカバーする投資信託の場合、日本株が下落していても、他国の株が上昇していれば、マイナスとプラスが相殺されて利益はプラスになる可能性があります。

 

日本株の投資信託より世界経済の投資信託のほうが儲かったケースになりますね。

 

どちらが儲かるかというのは、経済状況によりますので誰にもわかりません。

 

 

 

 

デメリットがあっても分散度を低くする

 

儲けるには、 「安く買って高く売る」  が絶対です。安く買うには、分析が必要です。高く売るにも分析が必要です。

単一国の日本経済は分析が簡単なのです。

 

分散度の高い世界経済の投資は、分析なんてほぼ無理ですよね。

 

分析ができないということは、自分の力で儲けることが難しいことを意味します。運の要素が大きいということ。

※実際は最大国の米国に依存することは多い。

 

 

 

私が 「複数企業」 の投資信託をメインにしている理由。

 

それは自分の分析力を使って儲けることができるからです。

 

 

 

 

人気の投資信託TOOL

 

 株のテクニカル指標である「押し目」を教えてくれるTOOL。株の投資信託を買うときに使用します

 

 逆張りで買っても、その後に上昇しなければ意味が無い。ある特徴的なパターンでの逆張りで使用します

 

 天井圏での利益確定ほど難しい物はありません。急騰による下落危険度で利益確定のタイミングで使用します







★この記事を読んだ方はシェア/ブックマークで応援お願いします。

 




トップページへ


↑このページ先頭へ

スポンサードリンク

お役立ち関連記事

ついでに読みたい

  1. 投資先の選び方は有望な市場を探してから金融商品を選択が鉄則
  2. 中期投資タイミングで2倍儲ける!長期投資はとりこし苦労
  3. 積立ドルコスト平均法の驚愕!シミュレーション実践おすすめ?ダメダメ
  4. 自分で投資信託を運用しないといけないワケ現金比率をコントロール
  5. 投資信託が儲からない仕組みとは?運用会社が何をしているのか
  6. 資産運用の初心者が学ぶ始め方をアドバイス

のりたま式 経済投資のりたま式 経済投資