株は儲かるけど儲からない真実99%が知らないこと

> > 株は儲かるけど儲からない真実99%が知らないこと

スポンサードリンク

株は儲かるけど儲からない真実99%が知らないこと

 

 

moukaru

 

株は儲かります。でも儲かりません

 

この意味分かりますか?
何億も儲けて人生を変えてしまった人がいます。

 

でもこういった人は一握りの天才?しか無理なのです。
相当な精神力、想像力、洞察力、分析力がないとここまで到達するのは無理。

 

その反対に、儲けられない人がほとんどなのです。
また大きく儲けてもその後に、大きな損害をこうむって資産を失ったという話もあります。

 

そんなの大げさだと思う人がいるかもしれません。しかし、株をやったことのある個人投資家のほとんどは、理解できることなのです。

 

株で大きく儲けること。継続して儲けること。これは数パーセントの限られた人間しか存在しないことを認識してください。

 

ただし、個別株が難しいという意味であって、

資産運用における株資産への投資では、しっかり勉強することで誰もが増やすことができる可能性は大きくあります。

 

 

株の儲けが出たのに損してしまう理由

 

株が難しいといいましたが、

株をやってみるとわかるのですが、自分が買った株が上がることは良くあることなのです。

 

売却するまえの株価上昇分は、 「含み益」 といいます。

誰でも儲けがでることは良くあります。

 

含み益がでると儲かったと思うのですが、これは間違いです。

含み益を持ったまま売却してはじめて、含み益分の現金が増えるので儲かるのです。

一時的に含み益が出ても、売却するまでに損失が出てしまえば結局、儲からなかったということになるのです。

 

株が難しいという本質は、ここにあります。

儲かるのに儲からないのです!

 

 

 

具体的に、私が過去に株取引したときのものをご紹介します。

 

moukaranai

 

これは、任天堂の株です。

このとき、任天堂DSが爆発的に売れていました。円高で海外の利益が減ってしまう中、過去最高益!

私は、まだまだ上がると思って任天堂の株を購入しました。

 

1株 23580円で購入。上下を経て株価が上昇しました!

 

 +7万の含み益!

 

私にも、株で利益を出すことができました。

・・・・・というのはウソです。含み益は利益ではありません。

 

 

その後、ズルズルと株価が下がっていますね。

そのときの心理状況が以下のとおりです。

 

「すぐ戻るよ」

「もうそそそろ反転上昇するでしょ」

「買値に戻ってしまった。あーあ。塩漬けにするか」

「あれ!?マイナスになっちゃった」

「やばいやばい」  株を売却!!

 

 

 -1万の損失!

 

 

あれ?あれれ~?

 

ここで理解して欲しいのは、

含み益がでていても、いつ株を売ったらよいか分からないので損失になってしまうのです。

逆に損失がでると、買値という基準があるため売りやすいともいえます。

 

人によっては、いくら損失が出ようが直ぐに戻るはず。直ぐに戻るはず。とズルズル売れずに損失をどんどん膨らませてしまう人も多いです。

株価が大幅に下がってしまい、もとの株価に戻るのに時間がかかりそうとあきらめて放置してしまうこと。これを 「塩漬け」 といいます。

 

<参考>
この時の株取引について数年経過しました。今の知識や経験で分析したらどうなるか?やってみました。 

=>株で失敗した原因を今の知識と経験で分析してみた

 

 

人間は欲が大きいです。

 

含み益が出ると、もっと儲かると思ってしまう。

下がっても、株価はまた上昇すると思ってしまう。

私は、他の人と違う。きっと才能があるはず。

 

みんなこんな事を思っているのです。

 

 

 

株の初心者は、このことは分からないと思います。実際にやってみないと体感できないことですからね。

株をやるなといっても、小額なら問題ないです。

 

一度、やってみることは大事です。

 

 

2014年現在は、アベノミクスで日本株が上昇トレンドなので、誰がやっても含み益はでやすくなっている状況ではありますから、失敗も抑えられるいいタイミングであるかも?
まずは試しに株取引をしてみたいという人はこちらをお読み下さい。

 

=>ネット証券会社の株取引手数料を比較して早速はじめてみる

 

=>株の始め方と購入手順を把握する

 

=>投資は100円からでもできます!

 

 

 株がどれだけ難しいかを説明するときのたとえ話をします。

 

あなたが大学受験をするとします。

日本で有数の秀才が集まる 「東京大学」。あなたは受験しようと思いますか?

 

一般人のIQなら受験なんて考えませんよね?

 

 

なぜでしょうか?

 

それは、合格するわけがないと思っているからです。

今まで多くのことを学んできたからこそ誰もが理解できるのです。

 

合格しないから受験しないのですね。

 

 

株も同じです。

株で大きく儲けるのは、「東京大学」 を受験するぐらい難しいのです。

ようするに、見えない大きな壁があるのですね。

 

一般のIQなら、もっと合格しやすく自分のレベルにあった大学を受験しますよね。

それは自分のレベルに合った壁の小さい投資をすることと同じなのです。

 

投資には多くのレベルが存在します。

投資初心者の多くは、投資の難易度というものが分かっていません。

 

投資初心者は、まずレベルの低いところから初めて欲しいのです。

そうすると、自分のレベルが分かるのです。

 

難易度の低い投資を通ってから、株の投資をした方が確実であるということです。

 

自分が株投資できるレベルかどうかスキルを明確化しました。

まずは、自分の実力をチェックしてみてください。

 

=>個別株への投資で儲けることができるかどうかチェックしてみる

 

 

 

株が儲からない理由。分かりましたでしょうか。

 

 

しかし!

 

株が難しいというだけで、投資全般がダメだということではありません。

 

 

まずは、個別株のように心理的により影響されやすいものはやめて、

他の難易度が低い投資をすればよいのです。

 

それがこのサイトで紹介している、
経済投資です。(^_^)

 

経済投資なら、投資初心者でも順をおって勉強していくことにより、
儲けることができるスキルを身につけることができます。

 

順を追って経験することで、個別株の投資がどういうレベルにあるかも理解できるようになることでしょう。








★この記事を読んだ方はシェア/ブックマークで応援お願いします。

 




トップページへ


↑このページ先頭へ

スポンサードリンク

お役立ち関連記事

ついでに読みたい

  1. あの時、株で失敗した原因を今の知識と経験を使って分析する
  2. 投資といえば日本株しか見えなくなりチャンスを逃す!
  3. 投資を何から?投資企業の分析なんて無理!(2)
  4. 投資を何から?初心者は株式に手を出すな!(1)

初心者は株をやるな メニュー初心者は株をやるな メニュー