テクノスデータサイエンス・Eng.【7046】のIPO抽選申込どうする?

3日後以内に上場予定のIPO銘柄があるかチェックします 本日、需要申告(BB)に申し込めるIPO銘柄があるかチェックします 最新IPOの上場結果/予定/カレンダーが確認できます 投票IPO申し込みアンケート投票の状況が一覧で確認できます
> > テクノスデータサイエンス・Eng.【7046】のIPO抽選申込どうする?

スポンサードリンク

テクノスデータサイエンス・Eng.【7046】のIPO抽選申込どうする?

 

 

tdse-ipo

作成:2018/11/15 更新:2018/12/18

テクノスデータサイエンス・エンジニアリング IPOの紹介

 

コード 7046
会社名

テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(株)

市場 マザーズ
事業内容

AI、ビッグデータを活用した
顧客企業のデータ経営支援。
AI製品販売、モジュール提供。
※独自AI製品「scrobo」など。

公募売出
価格
3200円
※仮条件の上限
上場日

2018/12/18

初値
12/18
6350円
+98.44%

 

 

需要申告(ブックビルディング)スケジュール

 

テクノスデータサイエンス・エンジニアリング の株式割り当て抽選への参加は誰でも可能ですが、まず以下の期間に指定の証券会社で需要申告する必要があります。=>IPOの応募の流れやルールなどはこちらを参考

 

2018/12/03(月)~12/07(金)まで

=>最新IPOスケジュールをカレンダーで確認

 

IPOの申し込み期間は約5日間とかなり短くなっていますので申し込み忘れにご注意下さい。

※申し込み可能な証券会社は、ページ最下部で紹介しています。

 

ipo-kabucom-banar

 

 

IPO抽選対象の株数

 

616,000株

 

(内訳)

公募:190,000
引受人の買い取り引受による売り出し:346,000
オーバーアロットメントによる売り出し:80,000

 

過去数年のデータをもとにした市場別の株数のおおよそ規模感

tdse-ipo-maza-zu
tdse-ipo-kabusuu

 

 

想定発行価格と仮条件の価格

(※2018/12/18更新)

想定発行価格 2900円
仮条件の価格(11/29) 2900~3200円

 

 

テクノスデータサイエンス・エンジニアリングの強み

 

※独自の見解などを含みます。

  1. データ経営に必要なソリューションを総合的に提供
    ※コンサルティング、データ解析支援、人材育成、組織組成支援、システム構築
  2. 多彩な人材によるデータ活用
    ※素粒子・宇宙物理・航空工学、データサイエンティスト、様々な業界・業務に関する知識
  3. これまで蓄積してきた200を超える解析技術のライブラリー
    ※経験の浅い技術社員も活かせる
  4. 協業ネットワーク
    ※企業、研究機関、大学等の経験値・専門知識も積極的に活かす
  5. 6つの業界領域に注力した事業展開
    ※「デジタルマーケティング」、「金融」、「社会インフラ」、「製造・工場」、「健康医療」、「自動車」
  6. 使用料、運用保守料を受領するストックビジネスあり
    ※独自AI[scorobo」シリーズ、他社AI製品、AIモジュール提供など

 

point<管理人コメント>

売上の内訳を詳しく知りたかったのですが、公表されているデータがセグメント1つのみでよくわかりませんでした。

 

 

・AI株価予測について城谷氏への質問

 

・Iot異常検知、画像解析サービス紹介

 

 

直近の決算状況と業績の推移

tdse-gyouseki

  2014/03 2015/03 2016/03 2017/03 2018/03 2018/09
(第2四半期)
売上高
(百万円)
1 313 508 818 1019 645
経常利益
(百万円)
△ 21 24 46 111 103 102
当期純利益
(百万円)
△ 14 15 31 79 75 64
1株当たり
配当額(円)
- - 2500 2500 5 -
1株当たり
当期純利益(円)
△ 13849 14986 16955 53 45 35

※単位(百万円)、(円)の小数点以下端数は全て四捨五入で表示しています。
※2013/10テクノスデータサイエンスマーケティング㈱設立。2016/04テクノスデータサイエンス・エンジニアリングに社名変更。

 

↓ 前年同期比へ置き換えたものがこちら

  2014/03 2015/03 2016/03 2017/03 2018/03 2018/09
(第2四半期)
売上高の
前年同期比
- 31200.00% 62.30% 61.02% 24.57% -36.70%
経常利益の
前年同期比
- -214.29% 91.67% 141.30% -7.21% -0.97%

 

point<管理人コメント>

売上は右肩上がりで拡大しています。
経常利益は売上高に伴い拡大傾向にありますが、直近では横ばい傾向でしょうか。

 

 

新規発行と増資による手取金の使途

tdse-ipo-shito

 

新規発行による手取金の概算額 496,580千円

 

研究開発費 207,000千円
※自社製品「scorobo」シリーズ

技術社員の教育・研修等、技術者獲得費用 289,580千円
残額 0円

 

 

テクノスデータサイエンス・エンジニアリング の成長余力

 

※独自の見解などを含みます。

  1. さらなるライブラリー蓄積によりビジネス拡大
    ※自社AIやモジュール充実など
  2. 蓄積ライブラリーの自社活用でコスト削減し利益率向上
  3. 経営課題を本質的に解決するコンサルティングメニューの強化
  4. 新規事業展開
  5. 業先拡大、販売チャネル拡大による営業力強化
  6. 認知度向上による売上拡大
    ※国内イベント、セミナー参加。WEB広告、専門メディアと連携。上場効果。
  7. AI・ビッグデータ市場は今後大きく成長することが予想されている
    ※IDCJapanの市場予測2018/08公開より
     AI市場予測: 2021年度に約1.1兆円、2030年度に約2兆円。
     ビッグデータ市場予測: 2017年は約2517億円、2022年に約3800億円

 

 

株主の構成とロックアップ期間など

 

上位株主の所有割合と一定期間、株の売却ができないロックアップ条件の詳細になります。
  

氏名、又は名称 役職、関係性など 所有割合 ロックアップ
㈱テクノスジャパン ※A 43.33% 180日間
保有分売出
(42.93%)
城谷 直彦 代表取締役 8.60% 180日間
㈱エヌ・ティ・ティ・データ 資本業務提携 8.60%  
あいおいニッセイ同和損害保険㈱ 資本業務提携 8.60%  
城谷 紀子 代表取締役の配偶者 4.30% 180日間
奥出 聡 執行役員 4.30% 180日間
テクノスデータサイエンス・エンジニアリング従業員持株会   3.98%  
野池 清文   3.23% 180日間
白井 孝秀 従業員 3.23% 180日間
佐藤 晃   1.08% 180日間
上記合計   89.25%  

※A 東証一部上場企業。2017/09/27付で第三者割当実施により親会社ではなくなっています。

 

180日のロックアップ期間:2019/06/15

ロックアップ期間中でも主幹事会社は、裁量で解除できる権限を有しています。

第三者割当等に関して割当を引き受けたものとの間で継続所有等の確約あり。

 

 

売り出し株式の詳細

 
売り出し対象となっている株式の株主内訳です。
 

氏名、又は名称 役職、関係性など 株数 割合
㈱テクノスジャパン   346000 18.60%
合計   346000 18.60%

 

 

初値上昇の期待について管理人コメント

 

point<管理人コメント>

今注目のAI,ビッグデータを活用したビジネスで独自製品の販売に加え、顧客企業のコンサルティング支援などをおこなっています。
AIはいかに多くの分野でデータを蓄積していくかが重要ですので、支援や協業などを通して積極的にAIの精度を高めていこうという姿勢をとても感じます。売上、利益ともにしっかり拡大しており、今後の成長に期待できそうな会社です。

 

ロックアップは、上位株主のロックアップが合意されていないのは気になります。
ただし業務提携相手と従業員持株会であり、第三者割当等に関しては継続所有等の確約ありとなっていますので、それほど気にする必要はないかも?

 

ベンチャーキャピタルによる売出しは無しで心配はありません。

 

 

マザーズ市場としては公開株数は多くはないです。

 

過去にマザーズで同程度以下の公開株数だったものを確認してみます。

 

・2018年で同程度の公開株数だったマザーズ銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
4380 Mマート 02/23 675,500 1240 5380 333.87%
6572 RPAホールディングス 03/27 600,000 3570 14280 300.00%
4388 エーアイ 06/27 652,000 1000 3500 250.00%
7033 マネジメントソリューションズ 07/23 517,500 2100 4500 114.29%
3491 GA technologies 07/25 600,000 2510 5780 130.28%
7034 プロレド・パートナーズ
07/27 713,000 4250 7170 68.71%
4396 システムサポート
08/02 747,500 1750 4000 128.53%
4397 チームスピリット
08/22 552,000 1200 2417 101.42%
7038 フロンティア・マネジメント
09/28 598,000 2260 5000 121.24%
4422 VALUENEX
10/30 511700 1840 4300 133.70%

 

このくらいの公開株数であれば大きな初値上昇が見込めるのが確認できます。

 

次にAI関連のIPO銘柄を確認してみます。※以下全てマザーズ銘柄です。

 

・2018年 AI銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
4382 HEROZ 04/20 198,000 4500 49000 988.89%
4388 エーアイ 06/27 652,000 1000 3500 250.00%

 

・2017年 AI銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
3993 PKSHA
Technology
09/22 2,385,100 2400 5480 128.33%
3996 サインポスト 11/21 356,500 2200 8530 287.73%

 

公開株数が少ないのもありますが、AI関連の新規上場時初値は、大きく高騰する傾向にあります。PKSHATechnologyに関しては、公開株数がマザーズ市場としては多めだったのに初値は大きく上昇しています。

 

上記いずれの会社も売上の拡大に加えしっかり利益を出していますが、テクノスデータサイエンス・エンジニアリングも創業間もない会社ですが同様に利益をしっかり出しています。AI関連は価値の高さからストックビジネスとしての旨味が大きいのかもしれません。

 

業績はしっかりしており、人気のAI、ビッグデータ関連銘柄で、公開株数も多くないということで初値の大きな上昇を期待したいところです。

 

 

IPOの申し込みが可能な証券会社はこちら

(※2018/12/04更新)

  証券会社名
主幹事 いちよし証券
引受 大和証券
引受 みずほ証券
引受 SBI証券
引受 極東証券
引受 マネックス証券
引受 エース証券
ライブスター証券

 

ネット証券で平等抽選であるマネックス証券などは忘れずに申込みしておくことをオススメします。

 

※2018/12/04 追記

前受金不要で資金余力がなくても抽選に参加できちゃうライブスター証券で応募できることが確認できましたので見逃さないように!

 

ipo-kabucom-banar

 

 

このページを見た人のアンケート

wan

=>他IPO銘柄の投票状況を見てみる

 

 

このページを見た人の初値予想

hatsune-yosou

 

 

口コミ評価など

 

 

 

 

 

 

point<注意>
IPOに関する情報は、購入申し込み期間直前まで改定される場合があります。必ず最新の目論見書で内容をご自分で確認してから申し込むようにして下さい。ここで紹介した内容に間違いなどがあったとしても責任は持てませんので自己責任においてしっかり確認してください。
=>目論見書の見方はこちらを参考にして下さい








★この記事を読んだ方はシェア/ブックマークで応援お願いします。

 



ipo-banar


トップページへ


↑このページ先頭へ

スポンサードリンク

お役立ち関連記事

ついでに読みたい

  1. リンク【4428】のIPO抽選申込どうする?
  2. ベルトラ【7048】のIPO抽選申込どうする?
  3. レオス・キャピタルワークス【7330】のIPO抽選申込どうする?
  4. EduLab【4427】のIPO抽選申込どうする?
  5. 自律制御システム研究所【6232】のIPO抽選申込どうする?
  6. ポート【7047】のIPO抽選申込どうする?
  7. Amazia【4424】のIPO抽選申込どうする?
  8. AmidAホールディングス【7671】のIPO抽選申込どうする?
  9. ソフトバンク【9434】のIPO抽選申込どうする?
  10. Kudan【4425】のIPO抽選申込どうする?

IPO2018年12月IPO2018年12月