Kudan【4425】のIPO抽選申込どうする?

3日後以内に上場予定のIPO銘柄があるかチェックします 本日、需要申告(BB)に申し込めるIPO銘柄があるかチェックします 最新IPOの上場結果/予定/カレンダーが確認できます 投票IPO申し込みアンケート投票の状況が一覧で確認できます
> > Kudan【4425】のIPO抽選申込どうする?

スポンサードリンク

Kudan【4425】のIPO抽選申込どうする?

 

 

kudan-ipo

作成:2018/11/20

Kudan IPOの紹介

 

コード 4425
会社名

Kudan(株)
※社名の由来は時代の変革時に出現する
日本の妖怪「件(くだん)」

市場 マザーズ
事業内容

人工知覚のアルゴリズムを
ソフトウェアライセンスとして提供。
※「KudanSLAM」

上場日

2018/12/19

初値  

 

point<管理人コメント>

 

AP(人工知覚は)人間の眼と同様に機械に高度な視覚的能力を与えるもので、カメラなどが取得したデータを数理的に処理して立体感や運動感覚をリアルタイムに出力して記憶と照合までをおこなうソフトウェア

 

 

需要申告(ブックビルディング)スケジュール

 

Kudan の株式割り当て抽選への参加は誰でも可能ですが、まず以下の期間に指定の証券会社で需要申告する必要があります。=>IPOの応募の流れやルールなどはこちらを参考

 

2018/12/04(火)~12/10(月)まで

=>最新IPOスケジュールをカレンダーで確認

 

IPOの申し込み期間は約7日間と短くなっていますので申し込み忘れにご注意下さい。

※申し込み可能な証券会社は、ページ最下部で紹介しています。

 

ipo-kabucom-banar

 

 

IPO抽選対象の株数

 

196,500株

 

(内訳)

公募:123,000
引受人の買い取り引受による売り出し:47,900
オーバーアロットメントによる売り出し:25,600

 

過去数年のデータをもとにした市場別の株数のおおよそ規模感

kudan-ipo-maza-zu
kudan-ipo-kabusuu

 

 

想定発行価格と仮条件の価格

 

想定発行価格 3260円
仮条件の価格 ※2018/12/03に決定予定

 

 

Kudanの強み

 

※独自の見解などを含みます。

  1. 独自性のあるアルゴリズム
    ※高速処理と精度・安定性の高い認識手法を統合しハイブリッド化
    ※画像認識する特徴点の密度を柔軟に調整可能
    ※3次元特徴点群を逐次的に高精度化する最適計算 など
    ※既知の保存データとの高速な照合手法
  2. 柔軟で高い性能
    ※高い認識精度、環境や条件によらない安定性、高速処理、チューニング可能な構造
  3. 多様なセンサに対応可能なように設計されている
  4. 演算処理環境に柔軟性がある
    ※各種プロセッサ、OSで幅広く動作可能
  5. 部分的機能の切り出して顧客ソフトウェアと柔軟に統合できる
    ※半導体レベルでもソフトウェアアプリケーションレベルでも最適化可能

 

point<管理人コメント>

 

事業は1セグメントのみの公表となっていますので、詳細はよくわかりませんでした

 

 

・Kudan SLAM on KITTI car dataset

 

・KudanSLAM: map reuse and kidnapped camera tests

 

 

直近の決算状況と業績の推移

2017/03期から連結決算。

kudan-gyouseki

  2017/03 2018/03 2018/09
(第2四半期)
売上高
(百万円)
89 205 321
経常利益
(百万円)
△ 90 4 203
当期純利益
(百万円)
△ 93 4 196
1株当たり
配当額(円)
- - -
1株当たり
当期純利益(円)
△ 15 1 30

※単位(百万円)、(円)の小数点以下端数は全て四捨五入で表示しています。

 

↓ 前年同期比へ置き換えたものがこちら

  2017/03 2018/03 2018/09
(第2四半期)
売上高の
前年同期比
- 130.34% 56.59%
経常利益の
前年同期比
- 104.44% 4975.00%

 

以下、単独決算。

kudan-gyouseki2

  2015/03 2016/03 2017/03 2018/03
売上高
(百万円)
- 50 104 117
経常利益
(百万円)
△ 1 2 4 △ 6
当期純利益
(百万円)
△ 1 2 1 △ 7
1株当たり
配当額(円)
- - - -
1株当たり
当期純利益(円)
△ 60 55 0 △ 1

※単位(百万円)、(円)の小数点以下端数は全て四捨五入で表示しています。
※2014/11設立。

 

↓ 前年同期比へ置き換えたものがこちら

  2015/03 2016/03 2017/03 2018/03
売上高の
前年同期比
- - 108.00% 12.50%
経常利益の
前年同期比
- 300.00% 100.00% -250.00%

 

point<管理人コメント>

設立間もないですが右肩上がりで売上を拡大しています。
経常利益は赤字を伴いつつも、黒字幅は小幅にとどまっていましたが、 現在進捗中の2019/03期は利益もしっかりと伸びてきたようです。

 

・連結子会社の詳細

子会社化 会社名 所在地 事業内容
2015/01 Kudan Limited 英国 AP事業

 

 

新規発行と増資による手取金の使途

kudan-ipo-shito

 

新規発行による手取金の概算額 362,401千円

 

研究開発の人件費、採用費等 268,543千円

※子会社Kudan LimitedがおこなっているAP(人工知覚)アルゴリズム・組み込み要素技術
米国、中国を中心とした事業展開の人件費、採用費 72,407千円
※AP(人工知覚)アルゴリズムのライセンス販売拡大のため
本社移転費用 15,500千円
残額 21,451千円
※子会社Kudan Limitedへの投融資資金に充当予定

 

 

Kudan の成長余力

 

※独自の見解などを含みます。

  1. 全世界へKudanSLAMの認知度向上、新規顧客獲得
    ※米国、中国を中心とした事業展開
  2. センサ、半導体企業に対する販売活動を強化
    ※自社技術をインフラストラクチャーにする
    ※これまでは自動車、カメラ、ウェアラブルグラス、マップビジネスの個別対応が中心
  3. 将来のAP(人工知覚)は成長が見込まれると考えている
    ※機械の自動制御、AR、MR、AIとの融合など

 

point<管理人コメント>

 

 

以下は、2018/09時点の売上高に対する主要顧客の内訳です。
kudan-uriageuchiwake

 

2018/03期の内訳と比較するとガラリと変わっています。売上に加えて、利益を大きく伸ばした要因がここにあるでしょうか。

 

会社名 事業概要
株式会社ザクティ カメラや画像処理エンジン・デジタルデバイスのOEM開発
国際航業株式会社 地理空間情報技術
株式会社ニコン デジカメや測量機などの光学機器メーカー。

 

 

株主の構成とロックアップ期間など

 

上位株主の所有割合と一定期間、株の売却ができないロックアップ条件の詳細になります。
  

氏名、又は名称 役職、関係性など 所有割合 ロックアップ
大野 智弘 代表取締役 52.98% 180日間
保有分売出
(0.71%)
Jun Emi   11.04% 180日間
John Williams 子会社化の従業員 5.40% 180日間
保有分売出
(2.33%)
飯塚 健 取締役 3.97% 180日間
保有分売出
(2.47%)
Net Capital Partners Limited   2.89% 180日間
美澤 臣一 取締役 2.66% 180日間
保有分売出
(26.32%)
Ardian International Limited   2.10% 180日間
高橋 秀明   2.10% 180日間
斉藤 誠   2.10% 180日間
国際航業株式会社 資本提携 1.82%  
Pacific Standard (Hong Kong) Co Ltd   1.40% 180日間
井上 瑞樹   1.23% 180日間
株式会社ゼンリンデータコム 資本提携 1.18%  
大島 裕 従業員 1.05% 180日間
項 大雨 取締役 1.01% 180日間
上記合計   92.93%  

 

180日のロックアップ期間:2019/06/16

※合意ではなく約束と明記されています。

ロックアップ期間中でも主幹事会社は、裁量で解除できる権限を有しています。

第三者割当等に関して割当を引き受けたものとの間で継続所有等の確約あり。

 

 

売り出し株式の詳細

 
売り出し対象となっている株式の株主内訳です。
 

氏名、又は名称 役職、関係性など 株数 割合
大野 智弘 代表取締役 26900 0.38%
John Williams 子会社化の従業員 9000 0.13%
飯塚 健 取締役 7000 0.10%
美澤 臣一 取締役 50000 0.70%
合計   92900 1.30%

 

 

初値上昇の期待について管理人コメント

 

point<管理人コメント>

リアルタイムな画像解析といえば、自動運転車などを思い浮かべるのですが、資料を読む限り、応用先はとても幅広くあるのだなと感じました。設立間もないですが、利益もしっかり伸ばしてきていますのでこれからにも期待したい会社です。

 

 

ロックアップはしっかりしており、ベンチャーキャピタルによる売り出しも心配なし。

 

マザーズ市場としては公開株数は多くはないです。

 

過去にマザーズで同程度以下の公開株数だったものを確認してみます。

 

・2018年で同程度の公開株数だったマザーズ銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
7320 日本リビング保証 03/30 184,500 1,760 5,100 189.77%
4381 ビープラッツ 04/04 172,500 2,200 10,000 354.55%
4382 HEROZ 04/20 198,000 4500 49000 988.89%

このくらいの公開株数であれば初値は大きな上昇も見込めるのが確認できます。

 

画像やセンサーでのリアルタイム解析などはAIと並ぶ重要な最新技術だと思いますので人気化すると思います。直近の業績も期待が 持てる内容になっていますし、何より公開株数は少ないので初値の大きな上昇にも期待できるのではないでしょうか?

 

 

IPOの申し込みが可能な証券会社はこちら

 

  証券会社名
主幹事 SMBC日興証券
引受 みずほ証券
引受 いちよし証券
引受 大和証券
引受 マネックス証券
引受 エース証券
引受 岡三証券
引受 丸三証券

 

ネット証券で平等抽選であるマネックス証券などは忘れずに申込みしておくことをオススメします。

 

ipo-kabucom-banar

 

 

このページを見た人のアンケート

wan

=>他IPO銘柄の投票状況を見てみる

 

 

このページを見た人の初値予想

hatsune-yosou

 

 

口コミ評価など

 

 

 

 

 

 

point<注意>
IPOに関する情報は、購入申し込み期間直前まで改定される場合があります。必ず最新の目論見書で内容をご自分で確認してから申し込むようにして下さい。ここで紹介した内容に間違いなどがあったとしても責任は持てませんので自己責任においてしっかり確認してください。
=>目論見書の見方はこちらを参考にして下さい








★この記事を読んだ方はシェア/ブックマークで応援お願いします。

 



ipo-banar


トップページへ


↑このページ先頭へ

スポンサードリンク

お役立ち関連記事

ついでに読みたい

  1. リンク【4428】のIPO抽選申込どうする?
  2. ベルトラ【7048】のIPO抽選申込どうする?
  3. レオス・キャピタルワークス【7330】のIPO抽選申込どうする?
  4. EduLab【4427】のIPO抽選申込どうする?
  5. 自律制御システム研究所【6232】のIPO抽選申込どうする?
  6. ポート【7047】のIPO抽選申込どうする?
  7. Amazia【4424】のIPO抽選申込どうする?
  8. AmidAホールディングス【7671】のIPO抽選申込どうする?
  9. ソフトバンク【9434】のIPO抽選申込どうする?
  10. 田中建設工業【1450】のIPO抽選申込どうする?

IPO2018年12月IPO2018年12月