FUJIジャパン【1449】のIPO抽選申込どうする?

3日後以内に上場予定のIPO銘柄があるかチェックします 本日、需要申告(BB)に申し込めるIPO銘柄があるかチェックします 最新IPOの上場結果/予定/カレンダーが確認できます 投票IPO申し込みアンケート投票の状況が一覧で確認できます
> > FUJIジャパン【1449】のIPO抽選申込どうする?

スポンサードリンク

FUJIジャパン【1449】のIPO抽選申込どうする?

 

 

fujijapan-ipo

作成:2018/11/19 更新:2018/12/14

FUJIジャパン IPOの紹介

(※2018/12/14更新)

コード 7046
会社名

(株)FUJIジャパン

市場 札証アンビシャス
事業内容

主に外壁リフォーム工事。
エクステリア、水回り等のリフォーム工事、
外壁材の卸販売などもあり。

公募売出
価格
740円
※仮条件の上限
上場日

2018/12/13

初値
12/13
907円
+22.57%

 

 

需要申告(ブックビルディング)スケジュール

 

FUJIジャパン の株式割り当て抽選への参加は誰でも可能ですが、まず以下の期間に指定の証券会社で需要申告する必要があります。=>IPOの応募の流れやルールなどはこちらを参考

 

2018/11/26(月)~11/30(金)まで

=>最新IPOスケジュールをカレンダーで確認

 

IPOの申し込み期間は約5日間とかなり短くなっていますので申し込み忘れにご注意下さい。

※申し込み可能な証券会社は、ページ最下部で紹介しています。

 

ipo-kabucom-banar

 

 

IPO抽選対象の株数

 

110,000株

 

(内訳)

公募:60,000
引受人の買い取り引受による売り出し:50,000

 

過去数年のデータをもとにした市場別の株数のおおよそ規模感

※札証アンビシャスはデータが少ないので東証のデータをもとに比較します。 fujijapan-ipo-maza-zu
fujijapan-ipo-jasdaq
fujijapan-ipo-kabusuu

 

 

想定発行価格と仮条件の価格

(※2018/12/14更新)

想定発行価格 730円
仮条件の価格(11/22) 720~740円

 

 

FUJIジャパンの強み

 

※独自の見解などを含みます。

  1. 寒冷地での実績で裏付けされた技術力
    ※北海道など寒冷地で10年以上の施工実績
  2. 自社オリジナルの外壁材・施工資材を使用
    ※耐久性、耐熱性、防汚性等あり
    ※ガルバリウム鋼板使用、フルフッ素樹脂塗装、インクジェット3D印刷
  3. 外壁の10年間保証を付けている
  4. 外壁工事への施工は指定工事店へ外注
    ※2018/09末時点で31社。
    ※自社が定める基準、顧客意見フィードバックなど品質向上への取り組みあり

 

point<管理人コメント>

 

 

fujijapan-gaiheki

 

 

2017/12期の売上高に対する各事業別の内訳です。 fujijapan-uriageuchiwake
売上のほとんどが外壁リフォーム工事関連となっています。

 

 

・CM(ハッピーエンド戦士 FJマン)

 

 

直近の決算状況と業績の推移

fujijapan-gyouseki

  2013/12 2014/12 2015/12 2016/12 2017/12 2018/09
(第3四半期)
売上高
(百万円)
1065 1046 1079 1054 1236 964
経常利益
(百万円)
- 11 38 32 48 44
当期純利益
(百万円)
2 6 19 21 32 35
1株当たり
配当額(円)
- - - - - -
1株当たり
当期純利益(円)
375 929 2946 32 49 53

※単位(百万円)、(円)の小数点以下端数は全て四捨五入で表示しています。
※2005/03に㈱FLCジャパン設立。2006/03㈱FUJIジャパンに社名変更。

  2013/12 2014/12 2015/12 2016/12 2017/12 2018/09
(第3四半期)
売上高の
前年同期比
- -1.78% 3.15% -2.32% 17.27% -22.01%
経常利益の
前年同期比
- - 245.45% -15.79% 50.00% -8.33%

 

point<管理人コメント>

売上は横ばい傾向でしたが、直近では増加しているのが確認できます。
経常利益は変動を伴いながらも増加傾向であるのが確認できます。

 

2017/12期の売上増が要因としては、北海道地区に人的資本を集中的に投入したことや、関東地区で新たに北関東エリアに進出したことが挙げられています。

 

 

新規発行と増資による手取金の使途

fujijapan-ipo-shito

 

新規発行による手取金の概算額 36,396千円

 

新規出店にかかる費用 16,850千円
※2019/01頃 関東地区。2019/10頃 北関東地区

営業部の社員人件費 19,546千円

残額0円

 

 

FUJIジャパン の成長余力

 

※独自の見解などを含みます。

  1. 関東を中心とした販売エリアの拡大
    ※関東での新規出店の他、北陸等で現在空白地域へ展開予定
  2. 新たな指定工事店の確保で施工生産性の強化
  3. リフォームの市場規模は拡大が予測されている
    ※2013年7兆円、2025年12兆円。
    ※国土交通省住生活基本計画平成28年3月

 

point<管理人コメント>

 

 

2018/09時点の売上高に対する各事業の内訳です。 fujijapan-uriageuchiwake2
主力である外壁リフォーム工事事業の割合が増えています。
昨年末の時点と金額で比較すると大きく伸びているというわけではないですが、着実に拡大していると言った状況でしょうか。

 

以下は、地域別の売上高内訳です。
fujijapan-uriageuchiwake-chiiki
2018/09時点では昨年末と進捗を比較すると、北海道地区の進捗がイマイチですが昨年の反動でもあるのでしょうか?ただ一方で東北、関東の進捗が良いので、営業エリア拡大の結果が出ているのかなと推察されます。

 

 

株主の構成とロックアップ期間など

 

上位株主の所有割合と一定期間、株の売却ができないロックアップ条件の詳細になります。
  

氏名、又は名称 役職、関係性など 所有割合 ロックアップ
佐々木 忠幸 代表取締役 92.31% 180日間
保有分売出
(8.33%)
FUJIジャパン従業員持株会   3.23%  
樋口 俊一 取締役 1.54%  
佐賀 一郎 取締役 1.54%  
大内 宏 監査役 0.46%  
黒川 明則 取締役 0.46%  
大高 誠 取締役 0.31%  
國見 政明 監査役 0.15%  
上記合計   100.00%  

 

180日のロックアップ期間:2019/06/10

ロックアップ期間中でも主幹事会社は、裁量で解除できる権限を有しています。

 

 

売り出し株式の詳細

 
売り出し対象となっている株式の株主内訳です。
 

氏名、又は名称 役職、関係性など 株数 割合
佐々木 忠幸 代表取締役 50000 7.69%
合計   50000 7.69%

 

 

初値上昇の期待について管理人コメント

 

point<管理人コメント>

政府による中古住宅市場の活性化やリフォームへの注目度は高まっており、市場は拡大傾向にあるとは思います。
耐久性などに強みがあるようですが、個人的にはあまり詳しくないので他のもの比べた優位性などはよくわかりませんが10年保証からその自信が伺えます。
関東などへの営業エリア拡大で売上は着実に拡大はしているようなので今後の売上拡大に期待したいところでしょうか。

 

ロックアップはしっかりしており、ベンチャーキャピタルによる売り出しも心配なし。

 

札証アンビシャスのデータが少ないので比較しづらいですが、東証上場銘柄などと規模を比較すると公開株数はとても少ない方です。

 

住宅メンテナンス関連のIPOを確認してみたいと思います。

・2018年でマザーズ銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
7320 日本リビング保証 03/30 1,84,500 1,760 5,100 189.77%
1446 キャンディル 07/05 1,322,500 1180 1800 52.54%

 

直近のIPOでは、リフォーム工事に特化した会社はなかったのですが、住宅メンテナンス関連の事業ということで少し距離のある事業かもしれませんが挙げてみました。
住宅メンテナンスというと事業の新規性などはあまりないと思うかもしれませんが、意外と人気はあるなというのは個人的な印象ですがどうでしょうか。

 

今のところ今後の業績は大きく伸びるような見通しはしずらいですが、営業エリアの拡大による結果も出ていますし、政府の政策による市場拡大期待もあります。何より公開株数は少ないので需給条件でそれなりの初値上昇には期待したいところです。

 

 

IPOの申し込みが可能な証券会社はこちら

 

  証券会社名
主幹事 藍澤証券
引受 岡三証券
引受 SBI証券
引受 エース証券
引受 上光証券
引受 マネックス証券
岡三オンライン証券

 

ネット証券で平等抽選であるマネックス証券などは忘れずに申込みしておくことをオススメします。

 

※2018/11/19 追記

目論見書に記載されていない証券会社として岡三オンライン証券で応募できることが確認できました。前受金不要で資金余力がなくても応募できる証券会社ですので資金が少ない方も当選確率アップを狙えるのででお見逃しなく!

 

ipo-kabucom-banar

 

 

このページを見た人のアンケート

wan

=>他IPO銘柄の投票状況を見てみる

 

 

このページを見た人の初値予想

hatsune-yosou

 

 

口コミ評価など

 

 

 

 

 

 

point<注意>
IPOに関する情報は、購入申し込み期間直前まで改定される場合があります。必ず最新の目論見書で内容をご自分で確認してから申し込むようにして下さい。ここで紹介した内容に間違いなどがあったとしても責任は持てませんので自己責任においてしっかり確認してください。
=>目論見書の見方はこちらを参考にして下さい








★この記事を読んだ方はシェア/ブックマークで応援お願いします。

 



ipo-banar


トップページへ


↑このページ先頭へ

スポンサードリンク

お役立ち関連記事

ついでに読みたい

  1. リンク【4428】のIPO抽選申込どうする?
  2. ベルトラ【7048】のIPO抽選申込どうする?
  3. レオス・キャピタルワークス【7330】のIPO抽選申込どうする?
  4. EduLab【4427】のIPO抽選申込どうする?
  5. 自律制御システム研究所【6232】のIPO抽選申込どうする?
  6. ポート【7047】のIPO抽選申込どうする?
  7. Amazia【4424】のIPO抽選申込どうする?
  8. AmidAホールディングス【7671】のIPO抽選申込どうする?
  9. ソフトバンク【9434】のIPO抽選申込どうする?
  10. Kudan【4425】のIPO抽選申込どうする?

IPO2018年12月IPO2018年12月