ギフト【9279】のIPO抽選申込どうする?

3日以内に上場予定のIPO銘柄があるかチェックします 本日、需要申告(BB)に申し込めるIPO銘柄があるかチェックします 最新IPOの上場結果/予定/カレンダーが確認できます 投票IPO申し込みアンケート投票の状況が一覧で確認できます
> > ギフト【9279】のIPO抽選申込どうする?

スポンサードリンク

ギフト【9279】のIPO抽選申込どうする?

 

 

gift-ipo

作成:2018/09/21

ギフト IPOの紹介

 

コード 9279
会社名

(株)ギフト

市場 マザーズ
事業内容

横浜家系ラーメン(町田商店)の直営店舗運営、
ラーメン店へのコンサルティング及び食材の販売など。

上場日

2018/10/19

初値  

 

 

需要申告(ブックビルディング)スケジュール

 

ギフト の株式割り当て抽選への参加は誰でも可能ですが、まず以下の期間に指定の証券会社で需要申告する必要があります。=>IPOの応募の流れやルールなどはこちらを参考

 

2018/10/02(火)~10/09(火)まで

=>最新IPOスケジュールをカレンダーで確認

 

IPOの申し込み期間は約8日間と短くなっていますので申し込み忘れにご注意下さい。

※申し込み可能な証券会社は、ページ最下部で紹介しています。

 

ipo-kabucom-banar

 

 

IPO抽選対象の株数

 

1,182,200株

 

(内訳)

公募: 600,000
引受人の買い取り引受による売り出し: 428,000
オーバーアロットメントによる売り出し: 154,200

 

過去数年のデータをもとにした市場別の株数のおおよそ規模感

gift-ipo-maza-zu
gift-ipo-kabusuu

 

 

想定発行価格と仮条件の価格

 

想定発行価格 1900円
仮条件の価格 ※2018/10/01に決定予定

 

 

ギフトの強み

 

※独自の見解などを含みます。

  1. 自社開発した横浜家系ラーメン
    ※直営54店舗、業務委託6店舗
  2. ラーメン店をプロデュースできるコンサルティング力
    ※プロデュース店は348店舗
  3. プロデュース店はロイヤリティを原則収受しないビジネスモデル
    ※麺、タレ、スープ、食材などを購入してもらうビジネスモデル
  4. 直営店とプロデュース店のスケールメリットを活かしたコスト低減
    ※計408店舗の一括仕入れ
  5. 駅近エリアとローサイドエリアにおける出店戦略
    ※店舗名などエリアにより戦略が異なる
  6. スープは生産委託で味、品質、コストメリットを活かしている
    ※海外店舗は店舗内で製造
  7. 商品開発力
    ※絶え間ない味のブラッシュアップ、メニューの見直しと充実

 

point<管理人コメント>

 

 

以下は、2017/10期の売上高に対する各事業の内訳です。
gift-uriageuchiwake
直営店舗などの運営が多くを締めますが、プロデュース事業も存在感のあるものとなっています。

 

gift-produce
立ち上げ後のプロデュースが有償で、プロデュース店に食材を購入してもらうことでロイヤリティなどの費用は取らないビジネスモデルになっています。
必要なときに必要なものへ料金を支払うというのは、プロデュース店にとってとてもわかりやすくて良いのかもしれません。また、スープなどを仕入れるというのは、人手不足や重労働からの開放などラーメン店経営にとっても良い仕組みかもしれません。

 

以下は町田商店のこだわり。 WEBサイトより。

  1. 濃厚で旨い!町田商店のスープ 
  2. スープに相性抜群!特注の中太麺 
  3. 自分だけの1杯を!卓上調味料

 gift-yokohamaiekei

 

店舗戦略は、エリアによって少し異なるそうです。
gift-tenposenryaku
ローサイドエリアでは町田商店のブランドで展開。
駅近エリアではより地域密着性が強く、店舗名には「地域名+商店」として展開しているそうです。

 

 

・町田商店で働くということ 藤井誠二氏

※2016/12/03

 

・町田商店で食すyutuberの動画

※2017/07/04

 

 

直近の決算状況と業績の推移

gift-gyouseki

2016/10期から連結決算。

  2016/10 2017/10 2018/07
(第3四半期)
売上高
(百万円)
4536 5612 5080
経常利益
(百万円)
434 638 619
当期純利益
(百万円)
105 219 467
1株当たり
配当額(円)
- - -
1株当たり
当期純利益(円)
26 55 115

※単位(百万円)、(円)の小数点以下端数は全て四捨五入で表示しています。

 

↓ 前年同期比へ置き換えたものがこちら

  2016/10 2017/10 2018/07
(第3四半期)
売上高の
前年同期比
- 23.72% -9.48%
経常利益の
前年同期比
- 47.00% -2.98%

 

以下、単独決算。

gift-gyouseki2

  2012/11 2013/11 2014/11 2015/10 2016/10 2017/10
売上高
(百万円)
351 662 1190 1870 2343 4009
経常利益
(百万円)
13 34 82 104 91 297
当期純利益
(百万円)
10 22 51 41 26 322
1株当たり
配当額(円)
- - - - - -
1株当たり
当期純利益(円)
20188 42140 25645 20547 7 80

※単位(百万円)、(円)の小数点以下端数は全て四捨五入で表示しています。
※2009/12㈱町田商店設立。2015/05ギフトに商号変更。
※2015/08/28に決算期変更。2015/10期は、11ヶ月間。

 

  2012/11 2013/11 2014/11 2015/10 2016/10 2017/10
売上高の
前年同期比
- 88.60% 79.76% 57.14% 25.29% 71.11%
経常利益の
前年同期比
- 161.54% 141.18% 26.83% -12.50% 226.37%

point<管理人コメント>

売上は拡大傾向であるのが確認できます。
経常利益は、売上の拡大に伴って拡大傾向になっているのも確認できます。

 

 

・連結子会社の詳細

設立 会社名 所在地 事業内容
2015/05 GIFT (SINGAPORE) PTE.LTD. ※A シンガポール(シンガポール市) アジア展開のマーケティング
2016/03 GIFT USA INC.  アメリカ(デラウエア州) アメリカ子会社の持株会社
2016/03 GIFT LOS ANGELES LLC アメリカ(カリフォルニア州) ラーメン販売
2016/03 GIFT NEW YORK LLC アメリカ(ニューヨーク州) ラーメン販売

※A 2018/07/17に解散を決議し精算手続き中。

 

 

新規発行と増資による手取金の使途

gift-ipo-shito

 

新規発行による手取金の概算額 1,039百万円
第三者割当増資の手取概算 269百万円

新規開店予定店舗などの固定資産 735百万円
※国内直営21店舗の建物など

新規出店の敷金など差入保証金 202百万円
残額 371百万円
国内直営店の設備投資に充当予定

 

 

ギフト の成長余力

 

※独自の見解などを含みます。

  1. 国内直営店舗の新規出店、エリア拡大で売上拡大
  2. プロデュース店の出店支援拡大
    ※横浜家系ラーメンは全国に多くの出店余地を残す
  3. アメリカを中心とした海外での新規出店展開
    ※現在、アメリカに2店舗。
  4. 海外でのプロデュース出店支援展開
    ※北米以外のヨーロッパ地区(イタリアなど)、アジア地区(タイ、フィリピンなど)は積極的に
    ※現在、海外は6店舗
  5. 横浜家系ラーメン以外のラーメン業態のプロデュースニーズに対応
  6. 新業態の開発、立ち上げ
    ※がっつり系のラーメン店「豚山」の1号店オープン
  7. 麺生産の内製化比率を上げて採算性改善

 

point<管理人コメント>

 

 

各店舗の推移数は以下のようになっています。
gift-tenposuu

直近のデータしか公表されていなかったのですが、直営店、プロデュース店ともに伸びているのが確認できます。
特に直営店は、直近の出店数が多くなっているのがわかります。

 

以下は、2018/07時点の売上高に対する各事業の内訳です。
gift-uriageuchiwake2
直営店事業の割合が多くなっているのが確認できます。
直営店の出店ペースが上がっていたのでそれが影響しているのかもしれません。

 

トリップアドバイザーで、ロサンゼルス店の口コミを確認してみました。
gift-tripadvisor
※2018/09/21時点
評価が16件のみなのでよく分かりませんが、良い評価が多く確認できます。

 

 

株主の構成とロックアップ期間など

 

上位株主の所有割合と一定期間、株の売却ができないロックアップ条件の詳細になります。
  

氏名、又は名称 役職、関係性など 所有割合 ロックアップ
株式会社グローウィング ※A 51.89% 90日間
田川翔 代表取締役社長 28.40% 90日間
保有分売出
(35.55%)
笹島竜也 取締役 11.61% 90日間
末廣紀彦 取締役 1.04% 90日間
株式会社力の源ホールディングス   0.99% 180日間
藤井誠二 取締役 0.57% 90日間
宮下清幸 従業員 0.38%  
ギフトグループ従業員持株会   0.33%  
榎正規 取締役 0.33% 90日間
上記合計   95.54%  

※A 役員等により総株主の議決権の過半数が所有されている会社

 

90日のロックアップ期間:2019/01/16

180日のロックアップ期間:2019/04/16

ロックアップ期間中でも主幹事会社は、裁量で解除できる権限を有しています。

第三者割当等に関して割当を引き受けたものとの間で継続所有等の確約あり。

 

 

売り出し株式の詳細

 
売り出し対象となっている株式の株主内訳です。
 

氏名、又は名称 役職、関係性など 株数 割合
田川翔 代表取締役社長 428000 10.10%
合計   428000 10.10%

 

 

初値上昇の期待について管理人コメント

 

point<管理人コメント>

直営店、プロデュース店などの拡大に伴い売上、利益ともに拡大しています。プロデュースに力を入れているのは面白いと思いました。アメリカなどではラーメンが人気になっているのはよく聞きますし、これからは海外での店舗数拡大にも期待したいところです。

 

ロックアップはそれなりにしっかりしており、ベンチャーキャピタルよる売り出しは心配ありません。

 

マザーズ市場としては公開株数は少なくはないですが多くもないです。

 

過去にマザーズで同程度以下の公開株数だったものを確認してみます。

 

・2018年で同程度の公開株数だったマザーズ銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
3446 ジェイテック
コーポレーション
02/28 1,150,000 2250 9700 331.11%
9450 ファイバーゲート 03/23 1,152,300 1050 2388 127.43%
6575 ヒューマン・
アソシエイツ・
ホールディングス
04/10 1,131,600 1,170 3,600 207.69%
4395 アクリート
07/26 1,058,000 770 1542 100.26%

 

・2017年で同程度の公開株数だったマザーズ銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
3561 力の源ホールディングス 03/21 1,265,000 600 2230 271.67%
3983 オロ 03/24 1,150,000 2070 4750 129.47%
3482 ロードスターキャピタル 09/28 1,150,000 1820 2501 37.42%

 

このくらいの公開株数規模であれば初値の大きな上昇も十分見込めるものとなっています。

また、同じラーメン店(博多ラーメン一風堂)の経営をしており、海外展開もしていて、ギフトの株主でもある「力の源ホールディングス」の初値はかなり大きく上昇しています。※ 

 

参考に力の源ホールディングの株価をチェックしておきます。
gift-kabu-3561
株式分割後、大きく上昇していましたが、今はかなり戻してしまっている状況です。海外は好調を維持しており、国内も含めて店舗数は拡大しているものの、既存店などで苦戦しており、減益決算が嫌気されていると報道されているのが確認できました。

 

同じラーメン店とはいっても全く違うので単純比較はできませんが、特に日本国内の景況感などは気になるところです。(※災害などの影響を含めて)

 

業績は順調に拡大しており、海外への展開もまだこれからということで成長余力は大きいと思います。需給条件的にも悪くはないと思いますのでそれなりの初値上昇に期待したいところです。

 

 

IPOの申し込みが可能な証券会社はこちら

 

  証券会社名
主幹事 野村證券
引受 三菱UFJモルガン・スタンレー証券
引受 SMBC日興証券
引受 みずほ証券
引受 いちよし証券
引受 SBI証券
引受 エース証券
引受 岩井コスモ証券

 

ネット証券で平等抽選であるマネックス証券などは忘れずに申込みしておくことをオススメします。

 

ipo-kabucom-banar

 

 

このページを見た人のアンケート

wan

=>他IPO銘柄の投票状況を見てみる

 

 

このページを見た人の初値予想

hatsune-yosou

 

 

口コミ評価など

 

 

 

 

 

 

point<注意>
IPOに関する情報は、購入申し込み期間直前まで改定される場合があります。必ず最新の目論見書で内容をご自分で確認してから申し込むようにして下さい。ここで紹介した内容に間違いなどがあったとしても責任は持てませんので自己責任においてしっかり確認してください。
=>目論見書の見方はこちらを参考にして下さい








★この記事を読んだ方はシェア/ブックマークで応援お願いします。

 



ipo-banar


トップページへ


↑このページ先頭へ

スポンサードリンク

お役立ち関連記事

ついでに読みたい

  1. VALUENEX【4422】のIPO抽選申込どうする?
  2. リーガル不動産【3497】のIPO抽選申込どうする?
  3. ディ・アイ・システム【4421】のIPO抽選申込どうする?
  4. プリントネット【7805】のIPO抽選申込どうする?
  5. イーソル【4420】のIPO抽選申込どうする?
  6. Delta-Fly Pharma【4598】のIPO抽選申込どうする?
  7. CRGホールディングス【7041】のIPO抽選申込どうする?
  8. ブリッジインターナショナル【7039】のIPO抽選申込どうする?

IPO2018年10月IPO2018年10月