プロレドパートナーズ【7034】のIPO抽選申込どうする?

3日以内に上場予定のIPO銘柄があるかチェックします 本日、需要申告(BB)に申し込めるIPO銘柄があるかチェックします 最新IPOの上場結果/予定/カレンダーが確認できます 投票IPO申し込みアンケート投票の状況が一覧で確認できます
> > プロレドパートナーズ【7034】のIPO抽選申込どうする?

スポンサードリンク

プロレドパートナーズ【7034】のIPO抽選申込どうする?

 

 

prored-p-ipo

作成:2018/06/26 更新:2018/08/03

プロレド・パートナーズ IPOの紹介

(※2018/08/03更新)

コード 7034
会社名

(株)プロレド・パートナーズ

市場 マザーズ
事業内容

成果報酬型の経営コンサルティング
サービスを提供。
各業界構造、相場に応じたコスト削減、
購買部門のプロセス見直し、
プライスマネジメント、
CRE(企業不動産)マネジメントなど。

公募売出
価格
4250円
※仮条件の上限
上場日

2018/07/26

初値
07/27
7170円
+68.71%

 

 

需要申告(ブックビルディング)スケジュール

 

プロレド・パートナーズ の株式割り当て抽選への参加は誰でも可能ですが、まず以下の期間に指定の証券会社で需要申告する必要があります。=>IPOの応募の流れやルールなどはこちらを参考

 

2018/07/10(火)~07/17(火)まで

=>最新IPOスケジュールをカレンダーで確認

 

IPOの申し込み期間は約8日間と短くなっていますので申し込み忘れにご注意下さい。

※申し込み可能な証券会社は、ページ最下部で紹介しています。

 

ipo-kabucom-banar

 

 

IPO抽選対象の株数

 

713,000株

 

(内訳)

公募: 465,000
引受人の買い取り引受による売り出し: 155,000
オーバーアロットメントによる売り出し: 93,000

 

過去数年のデータをもとにした市場別の株数のおおよそ規模感

propertydbk-ipo-maza-zu
propertydbk-ipo-kabusuu

 

 

想定発行価格と仮条件の価格

(※2018/08/03更新)

想定発行価格 4100円
仮条件の価格(07/06) 4100~4250円

 

 

プロレド・パートナーズ の強み

 

※独自の見解などを含みます。

  1. 幅広いコストマネジメントを一括提供
    ※間接材から直材・電力コスト削減まで
  2. 成果報酬型でクライアント企業価値向上にコミットしている
    ※成果がでない間は無報酬
  3. 成果確認後に契約期間内で報酬を分割受領するのでサポートが長く続く
  4. 広告宣伝費などの専門的な費目も得意とする
    ※難易度が高く一般的な経営コンサルティングでは対象外
  5. 競合との差別化、クライアント営業要員に研修・サポートで提案の実現精度が高い
  6. BtoBビジネスにおけるプライスマネジメントに大きな成果あり
  7. プライベート・エクイティ・ファンドにおけるCREマネジメントに大きな成果あり
  8. 需要の高いサービスに限定、標準化して効率よくサービス化
    ※労力の低減、プロジェクト期間短縮
  9. 売上50億円規模の企業に対しても大企業と同等レベルのサービスを実現
    ※ビッグデータやRPAの活用で品質向上と自動化。
  10. コストマネジメントは深い知見を持つスペシャリストを配置
    ※電力費用は電力会社出身者、仕入れコストはバイヤー出身者など

 

point<管理人コメント>

 

ここ数年で売上高に占める割合が大きい主な取引相手は以下のようになっています。

HITOWAホールディングス株式会社
株式会社キタムラ
株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ
マックスバリュ東海株式会社
株式会社コジマ

※上記は売上の約10%~約22%が対象となっています。決算期により売上は大きく異なります。

 

色々な分野の事業者と取引があるのがわかります。

 

 

直近の決算状況と業績の推移

prored-p-gyouseki

  2013/10 2014/10 2015/10 2016/10 2017/10 2018/04
(第2四半期)
売上高
(百万円)
159 252 401 515 1014 804
経常利益
(百万円)
24 50 55 46 279 390
当期純利益
(百万円)
17 32 46 33 199 254
1株当たり
配当額(円)
- - - - - -
1株当たり
当期純利益(円)
24125 32309 45768 33 199 244

※単位(百万円)、(円)の小数点以下端数は全て四捨五入で表示しています。
※2008/04設立。

 

↓ 前年同期比へ置き換えたものがこちら

  2013/10 2014/10 2015/10 2016/10 2017/10 2018/04
(第2四半期)
売上高の
前年同期比
- 58.49% 59.13% 28.43% 96.89% -20.71%
経常利益の
前年同期比
- 108.33% 10.00% -16.36% 506.52% 39.78%

 

point<管理人コメント>

売上は右肩上がりに拡大しており、直近ではその伸びが大きくなっています。

 

経常利益も売上拡大に伴い伸びていますが、その利益率はとても大きくなっています。

 

ちなみにクライアントの成果が報酬を大きく左右しますが、コスト削減の成果で重要である物価、為替などの顧客の事業構造に依存する変動要因が業績に影響を与えることは認識しておきたいところです。

 

 

新規発行と増資による手取金の使途

prored-p-ipo-shito

 

新規発行による手取金の概算額 1,743,980千円
第三者割り当て増資の手取概算上限 350,796千円

 

本社オフィス移転 567,392千円

コンサルティングサービス自動化、システム構築 850,000千円
海外進出の調査費 42,540千円
残額 634,844千円

 

 

プロレド・パートナーズ の成長余力

 

※独自の見解などを含みます。

  1. 高い能力を有する人材を獲得し事業拡大
  2. 信用力向上で大企業への営業力強化
    ※実績の積み重ね、セミナーや出版などブランディングを踏まえた広報活動など
  3. グローバル企業の海外現地における支援ビジネス拡大
    ※東南アジア、東アジアの進出に取り組み
  4. ITテクノロジーの導入で幅広いサービスを提供

 

 

株主の構成とロックアップ期間など

 

上位株主の所有割合と一定期間、株の売却ができないロックアップ条件の詳細になります。
  

氏名、又は名称 役職、関係性など 所有割合 ロックアップ
株式会社SHINKインベストメント ※A 56.65% 180日間
佐谷 進 代表取締役 21.24% 180日間
保有分売出
(22.22%)
株式会社カプセルコーポレーション ※A 8.50% 180日間
山本 卓司 取締役 8.02% 180日間
保有分売出
(32.35%)
遠藤 昌矢 取締役 1.89%  
安藤 一郎 取締役 0.47%  
大谷 眞五   0.28%  
上記合計   97.05%  

※A 役員等により総株主の議決権の過半数が所有されている会社

 

180日のロックアップ期間:2019/01/22まで

ロックアップ期間中でも主幹事会社は、裁量で解除できる権限を有しています。

第三者割当等に関して割当を引き受けたものとの間で継続所有等の確約あり。

 

 

初値上昇の期待について管理人コメント

 

point<管理人コメント>

コンサルティングというのは高額な上に成果が適正かどうかが難しいものだと思いますが、クライアント企業にとっては持ち出しがなく、成果が出たらそれに応じて報酬を支払うことになりますので、成果報酬型というのは安心感がありますし、発注しやすくなると思いますのでとても素晴らしい報酬形態だと思います。
もちろん成果が出なければ売上もなしですが、自信がなければできませんし、業績にもしっかり表れていると思いますので今後の成長にも期待したい会社だと思います。

 

ロックアップはしっかりしており、ベンチャーキャピタルによる売り出しも心配はありません。

 

マザーズ市場としては、公開株数は多くはないので初値上昇要因になりそうです。

 

過去にマザーズで同程度以下の公開株数だったものを確認してみます。

 

・2018年で同程度以下の公開株数だったマザーズ銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
4380 Mマート 02/23 675,500 1240 5380 333.87%
6572 RPAホールディングス 03/27 600,000 3570 14280 300.00%
7323 アイペット損害保険 04/25 787,400 2850 4500 57.89%
6580 ライトアップ 06/22 781,000 2820 3725 32.09%

 

事業内容にもよりますが、人気化するものは大きく上昇する可能性もあることは確認できます。

 

コンサルティングは高度な人材を要する事業です。多くの事業分野での需要や利益率の伸びなどを考えると人気化する可能性は十分あります。公開株数も多くはありませんので、初値上昇に期待したいものだと思います。

 

 

IPOの申し込みが可能な証券会社はこちら

 

  証券会社名
主幹事 みずほ証券
引受 SMBC日興証券
引受 SBI証券
引受 東海東京証券
引受 岡三証券
引受 岩井コスモ証券
引受 マネックス証券
引受 楽天証券
引受 いちよし証券
引受 エース証券

 

ネット証券で平等抽選であるマネックス証券などは忘れずに申込みしておくことをオススメします。

 

ipo-kabucom-banar

 

 

このページを見た人のアンケート

wan

=>他IPO銘柄の投票状況を見てみる

 

 

このページを見た人の初値予想

hatsune-yosou

 

 

口コミ評価など

 

 

 

 

 

 

point<注意>
IPOに関する情報は、購入申し込み期間直前まで改定される場合があります。必ず最新の目論見書で内容をご自分で確認してから申し込むようにして下さい。ここで紹介した内容に間違いなどがあったとしても責任は持てませんので自己責任においてしっかり確認してください。
=>目論見書の見方はこちらを参考にして下さい






★この記事を読んだ方はシェア/ブックマークで応援お願いします。

 



ipo-banar


トップページへ


↑このページ先頭へ

スポンサードリンク

お役立ち関連記事

ついでに読みたい

  1. エクスモーション【4394】のIPO抽選申込どうする?
  2. アクリート【4395】のIPO抽選申込どうする?
  3. GA technologies【3491】のIPO抽選申込どうする?
  4. バンクオブイノベーション【4393】のIPO抽選申込どうする?
  5. マネジメントソリューションズ【7033】のIPO抽選申込どうする?
  6. MTG【7806】のIPO抽選申込どうする?
  7. キャンディル【1446】のIPO抽選申込どうする?
  8. ロジザード【4391】のIPO抽選申込どうする?

IPO2018年07月IPO2018年07月