アイペット損害保険【7323】のIPO抽選申込どうする?

3日以内に上場予定のIPO銘柄があるかチェックします 本日、需要申告(BB)に申し込めるIPO銘柄があるかチェックします 最新IPOの上場結果/予定/カレンダーが確認できます 投票IPO申し込みアンケート投票の状況が一覧で確認できます
> > アイペット損害保険【7323】のIPO抽選申込どうする?

スポンサードリンク

アイペット損害保険【7323】のIPO抽選申込どうする?

 

 

ipet-ipo

作成:2018/03/22 更新:2018/04/26

ページ下部でIPOアンケート受付中!↓↓↓

アイペット損害保険 IPOの紹介

(※2018/04/26更新)

コード 7323
会社名

アイペット損害保険(株)

市場 マザーズ
事業内容

ペット向けの保険サービスの提供。
動物を対象とした医療費の他、
ペットが他人にケガをさせたり、
物を壊したりした場合の補償特約あり。
乃木坂46がイメージキャラクター

公募売出
価格
2850円
※仮条件の上限
上場日

2018/04/25

初値
04/25
4500円
+57.89%

 

・乃木坂46のアイペット損害保険CM動画

 

 

需要申告(ブックビルディング)スケジュール

 

アイペット損害保険の株式割り当て抽選への参加は誰でも可能ですが、まず以下の期間に指定の証券会社で需要申告する必要があります。=>IPOの応募の流れやルールなどはこちらを参考

 

2018/04/10(火)~04/16(月)まで

=>最新IPOスケジュールをカレンダーで確認

 

IPOの申し込み期間は約7日間と短くなっていますので申し込み忘れにご注意下さい。

※申し込み可能な証券会社は、ページ最下部で紹介しています。

 

ipo-kabucom-banar

 

 

IPO抽選対象の株数

 

787,400株

 

(内訳)

公募: 450,000株
引受人の買い取り引受による売り出し: 234,700株
オーバーアロットメントによる売り出し: 102,700株

 

過去数年のデータをもとにした市場別の株数のおおよそ規模感

ipet-ipo-maza-zu
ipet-ipo-kabusuu

 

 

想定発行価格と仮条件の価格

(※2018/04/26更新)

想定発行価格 2600円
仮条件の価格(4/06) 2600~2850円

 

 

株主の構成とロックアップ期間など

 

上位株主の所有割合と一定期間、株の売却ができないロックアップ条件の詳細になります。
  

氏名、又は名称 役職、関係性など 所有割合 ロックアップ
株式会社
ドリームインキュベータ
 親会社 61.43% 90日間、1.5倍除く
みずほ証券プリンシパル
インベストメント株式会社
  4.75% 全て売り出し
YCP Holdings Limited   4.74% 90日間、1.5倍除く
株式会社フォーカス   4.74% 90日間、1.5倍除く
双日株式会社   4.74% 90日間、1.5倍除く
株式会社ソウ・ツー   4.25% 90日間、1.5倍除く
アイペット損害保険
従業員持株会
  3.18% 90日間、1.5倍除く
山村鉄平 代表取締役社長 1.04% 90日間、1.5倍除く
工藤雄太 取締役 1.04% 90日間、1.5倍除く
田中聡 取締役 1.04% 90日間、1.5倍除く
秋元康   0.95% 90日間、1.5倍除く
上記合計   91.90%  

 

90日のロックアップ期間:2018/03/27まで

初値形成後に発行価格の1.5倍以上で売却がなされる場合があります。

 

ロックアップ期間中でも主幹事会社は、裁量で解除できる権限を有しています。

第三者割当等に関して割当を引き受けたものとの間で継続所有等の確約あり。

 

 

point<管理人コメント>

 なんと上位の株主にあのAKB48プロデューサーである「秋元康氏」が確認できます。 アイペット損害保険では乃木坂46をイメージキャラクターとして採用しているので、 プロモーションの面で秋元康氏も関わっているということなのでしょうか?

 

 

売り出し株式の詳細

 
売り出し対象となっている株式の株主内訳です。
 

氏名、又は名称 役職、関係性など 株数 割合
みずほ証券プリンシパル
インベストメント株式会社
  234700 4.75%
合計   234700 4.75%

 

 

新規発行と増資による手取金の使途

ipet-ipo-shito

 

新規発行による手取金の概算額 1,159,000 千円
第三者割り当て増資の手取概算上限 266,085 千円

 

基幹システム開発にかかる設備投資 535,000千円
業務支援システム開発にかかる設備投資 440,000千円
商品対応システムにかかる設備投資 70,000千円
札幌支店の移転にかかる建物等 8,000千円
本社増床にかかる敷金、内装等 154,000千円
青森事業所の移転にかかる敷金、内装等 198,000千円
残額 20,085千円
※将来におけるサービスの成長に寄与するための支出又は投資

 

 

直近の決算状況と業績の推移

(※2018/03/27更新)

ipet-gyouseki

  2013/03 2014/03 2015/03 2016/03 2017/03 2017/12
(第3四半期)
売上高
(百万円)
4287 5102 6364 8128 10071 8995
経常利益
(百万円)
391 443 △ 1460 307 297 316
当期純利益
(百万円)
305 344 △ 1249 106 196 △ 104
1株当たり
配当額(円)
- - - - - -
1株当たり
当期純利益(円)
126 142 △ 515 44 42 △ 22

※単位(百万円)、(円)の小数点以下端数は全て四捨五入で表示しています。
※2007/05に株式会社スローグループを設立。2012/03にアイペット損害保険株式会社へ社名変更。

 

↓ 前年同期比へ置き換えたものがこちら

  2013/03 2014/03 2015/03 2016/03 2017/03 2017/12
(第3四半期)
売上高の
前年同期比
- 19.01% 24.74% 27.72% 23.91% -10.68%
経常利益の
前年同期比
- 13.30% -429.57% 121.03% -3.26% 6.40%

 

point<管理人コメント>

経常収益は右肩上がりで推移しているのが確認できます。経常利益は横ばい傾向でしょうか。

 

2015/03期は大きく赤字となっていますが、経営状況が安定したタイミングで財務内容の健全化を図るために保険業法第113条繰延資産を一括償却したためとのことです。

 

2017/12期の純利益がマイナスとなっていますが、開発作業の遅延にともない開発計画を見直したので特別損失として固定資産処分損256百万円を計上したとのことです。

 

 

アイペット損害保険の強み

 

※独自の見解などを含みます。

  1. 保険料と補償のバランスを考えた3つの商品ラインナップ
    ※「うちの子ライト」が価格.com保険アワード2017ペット保険の部で3年連続第一位を受賞。
  2. ペットが犯した賠償責任を補償する特約を付けることができる
    ※1事故500万円以内
  3. 利用者にうれしい各種割引制度がある
    ※多額割引、無事故継続割引、インターネット契約割引
  4. アイペット対応動物病院なら保険金請求の手続きが不要
    ※全国で4400病院あり2018/02末時点
    ※病院が代わりに保険金請求してくれる
    ※アイペット対応外の病院は保険金請求をすることで補償が受けられます
  5. 親切・丁寧な電話対応のコールセンター
    ※第18回企業電話対応コンテストでは、ペット保険会社で初となる優秀賞を受賞
  6. 正しい知識や対策に関する情報を発信して未然に病気や事故を防ぐ努力をしている
    ※うちの子HAPPY PROJECT、ワンペディア・にゃんペディア、PEDGE(ペッジ)
  7. ペット関連サービスの割引が受けられる優待サービスがある
  8. インターネットを通じた販売
    ※2017/04-2018/02まで新規契約のうち約4割りがインターネット経由
  9. 保険契約締結まで全て非対面で手続きができる
    ※電話、WEBサイト
  10. ペットショップなどの代理店販売
    ※2018/2末時点で688社、ペットショップ1640店舗で販売
    ※2018/2末時点で187社、816店舗のペットショップ以外の店舗で販売

 

point<管理人コメント>

 

犬、猫を対象としたペット保険のラインナップは3つあるようです。
ipet-hoken

うちの子」は、通院・入院・手術まで幅広くカーバーしたもの。

うちの子プラス」は、ペットショップ限定で「うちの子」にお迎え時から1ヶ月間の100%補償をプラスしたもの。
うちの子ライト」は、補償対象を手術費用のみに限定することで保険料を抑えたもの。

 

保険料は、「種類」と「年齢」と「保証割合」によって決まるようで、「年齢と保証割合」が高いほど保険料が高く設定されている傾向があるようです。
<うちの子>
犬の場合は、月々2270円~
猫の場合は、月々2180円~

 

<うちの子ライト>
犬の場合は、月々990円~
猫の場合は、月々780円~

※「うちの子ライト」は「うちの子」と比べると半額以下でかなり保険料が抑えられるようです。

 

年払いだと約-2.5~3%の割引となるようです。
「うちの子ライト」は、WEBからの申し込みだとさらに-10%割引となるようです。
※上記は、2018/03/23時点で公式サイトで確認したものです。最新の情報は公式サイトで確認してください。

 

保険の必要性についてですが、利用者のデータによると年に1回以上は利用する計算になるようです。
手術の場合は、平均約14万円で、場合によっては100万円を超える場合もあるそうです。
0歳の手術割合が高いなど、年齢を考慮した視点で適切なリスクのとり方で必要な時期に加入すればかなり保険料は抑えられるかもしれません。

 

 

アイペット損害保険の成長余力

 

※独自の見解などを含みます。

  1. ペット保険のブランディング、認知度向上
    ※TVCM、WEBメディアでの情報発信、お客様参加型イベント開催、上場効果
    ※2017/10より乃木坂46をイメージキャラクターに起用
  2. 新たな代理店の新規開拓
  3. 新商品の開発販売
    鳥・うさぎ・フェレット向けのペット医療費用保険の販売拡大
    ※2017/4より「うちの子キュート」開始
  4. コールセンターから見込み客への営業強化
  5. ペット関連市場は横ばいから微増に推移する見込み?
    ※高付加価値製品、サービスの拡大が要因
    ※人口減少などにより飼育数の大幅な増加は見込みにくい
  6. ペット業界関係者やペット関連企業との連携で多様な関係を構築

 

point<管理人コメント>

 

保険の契約件数は以下のような推移となっているようです。
ipet-hoken-keiyaku

今のところは鈍化する様子はなく堅調に伸びているように見えます。

 

犬、猫以外で新たに「鳥、うさぎ、フェレット」向けの保険が販売されています。
ipet-hoken2

公式サイトでは紹介されていなかったので料金などの詳細は不明です。

 

 

初値上昇の期待について管理人コメント

 

point<管理人コメント>

私はペットを飼っていないので事情が分かりませんが、まだペット保険の認知度も高くないでしょうし、業績や契約件数も堅調に伸びています。ネットのメリットを活かした保険会社ということでのでこれからに期待したい会社です。

 

ペット保険を提供している上場会社がありましたので株価をチェックしておきます。

ipet-kabu-chart

四季報では、ペット保険の草分けで業界首位との紹介がされていました。
ここ1年の株価は右肩上がりでとても堅調そうです。

 

もしかしたらとても強い競合かもしれませんが、
価格.COMのサイトではアイペット損害保険の方がランキング上位になっていました。
以下、価格comのサイトより。2018/03/23時点
ipet-ranking
※新規契約数の集計でランキングしたものだそうです。
アイペット損害保険の人気は高そうですね!

 

 

ベンチャーキャピタルによる売り出しは心配なく、ロックアップもしっかりしています。

 

マザーズ市場で公開株数は普通ですが多くはないです。

 

過去にマザーズ市場で同程度の公開株数だったものを確認してみます。

 

・2017年で同程度の公開株数だったマザーズ銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
3559 ピーバンドットコム 03/09 860,000 1650 3530 113.94%
9325 ファイズ 03/15 632,500 1250 4010 220.80%
6548 旅工房 04/18 644,000 1370 3750 173.72%
6552 GameWith 06/30 843,400 1920 4490 133.85%
6696 トランザス 08/09 840,000 1300 3510 170.00%
3990 UUUM 08/30 594,300 2050 6700 226.83%
9262 シルバーライフ 10/25 747,500 2500 4630 85.20%
6560 エル・ティー・エス 12/14 747,500 680 2810 313.24%

このくらいの公開株数であればそれだけでも大きく上昇する傾向があるのは分かると思います。

 

業績は堅調で、競合のペット保険と比べても劣っているわけでもなく今後に期待できそうです。
ネット保険会社ということもあって人気もそれなりにあると思いますが、需給だけでも初値は期待しても良いのではないでしょうか。

 

 

IPOの申し込みが可能な証券会社はこちら

 

  証券会社名
主幹事 大和証券
引受 SMBC日興証券
引受 マネックス証券
引受 岡三証券
引受 いちよし証券
引受 SBI証券

 

ネット証券で平等抽選であるマネックス証券などは忘れずに申込みしておくことをオススメします。

 

ipo-kabucom-banar

 

 

このページを見た人のアンケート

wan

=>他IPO銘柄の投票状況を見てみる

 

 

このページを見た人の初値予想

hatsune-yosou

 

 

口コミ評価など

 

 

 

 

point<注意>
IPOに関する情報は、購入申し込み期間直前まで改定される場合があります。必ず最新の目論見書で内容をご自分で確認してから申し込むようにして下さい。ここで紹介した内容に間違いなどがあったとしても責任は持てませんので自己責任においてしっかり確認してください。
=>目論見書の見方はこちらを参考にして下さい








★この記事を読んだ方はシェア/ブックマークで応援お願いします。

 



ipo-banar


トップページへ


↑このページ先頭へ

スポンサードリンク

お役立ち関連記事

ついでに読みたい

  1. エヌリンクス【6578】のIPO抽選申込どうする?
  2. ベストワンドットコム【6577】のIPO抽選申込どうする?
  3. HEROZ【4382】のIPO抽選申込どうする?
  4. ヒューマンアソシエイツHD【6575】のIPO抽選申込どうする?
  5. コンヴァノ【6574】のIPO抽選申込どうする?
  6. ビープラッツ【4381】のIPO抽選申込どうする?
  7. ブティックス【9272】のIPO抽選申込どうする?

IPO2018年04月IPO2018年04月