アズ企画設計【3490】のIPO抽選申込どうする?

3日以内に上場予定のIPO銘柄があるかチェックします 本日、需要申告(BB)に申し込めるIPO銘柄があるかチェックします 最新IPOの上場結果/予定/カレンダーが確認できます 投票IPO申し込みアンケート投票の状況が一覧で確認できます
> > アズ企画設計【3490】のIPO抽選申込どうする?

スポンサードリンク

アズ企画設計【3490】のIPO抽選申込どうする?

 

 

azplan-ipo

作成:2018/02/27 更新:2018/03/30

アズ企画設計 IPOの紹介

(※2018/03/30更新)

コード 3490
会社名

(株)アズ企画設計

市場 ジャスダック(スタンダード)
事業内容

東京、埼玉、千葉、神奈川中心に
主に収益性の低くなった不動産を取得し、
リーシング(賃貸募集活動)や
リノベーションにより収益力を
改善させて不動産投資家へ販売する事業。
不動産の転貸事業や、
不動産管理事業などあり。
東北被災地におけるビジネスホテル運営。
「アイルーム」

公募売出
価格
2160円
※仮条件の上限
上場日

2018/03/29

初値
03/29
4705円
+117.82%

 

point<管理人コメント>

アズ(AZ)という社名の由来は、「AからZまで、幅広くあらゆるニーズに対応できる会社」からきているそうです。。

 

 

需要申告(ブックビルディング)スケジュール

 

アズ企画設計の株式割り当て抽選への参加は誰でも可能ですが、まず以下の期間に指定の証券会社で需要申告する必要があります。=>IPOの応募の流れやルールなどはこちらを参考

 

2018/03/12(月)~03/16(金)まで

=>最新IPOスケジュールをカレンダーで確認

 

IPOの申し込み期間は約5日間とかなり短くなっていますので申し込み忘れにご注意下さい。

※申し込み可能な証券会社は、ページ最下部で紹介しています。

 

 

IPO抽選対象の株数

 

310,500株

 

(内訳)

公募(新株式発行): 310,500株
公募(自己株式の処分): 100,000株
引受人の買い取り引受による売り出し: 70,000株
オーバーアロットメントによる売り出し: 40,500株

 

過去数年のデータをもとにした市場別の株数のおおよそ規模感

azplan-ipo-jasdaq
azplan-ipo-kabusuu

 

 

想定発行価格と仮条件の価格

 

想定発行価格 2160円
仮条件の価格 ※2018/03/08に決定予定

 

 

株主の構成とロックアップ期間など

 

上位株主の所有割合と一定期間、株の売却ができないロックアップ条件の詳細になります。
  

氏名、又は名称 役職、関係性など 所有割合 ロックアップ
松本 俊人 代表取締役社長 60.24% 180日間
保有分売出
(14.00%)
合同会社ヒトプラン ※1 24.10% 180日間
株式会社アズ企画設計 自己株式 12.05%  
小尾 誠 専務取締役 0.90%  
磯部 和夫 常務取締役 0.48%  
石田 恭一 従業員 0.30%  
河合 洋将 従業員 0.30%  
磯 聖子 従業員 0.30%  
平山 雅彦 従業員 0.24%  
堀井 貴弘 従業員 0.18%  
上記合計   99.09%  

※1 役員等により総株主の議決権の過半数が所有されている会社

 

180日のロックアップ期間:2018/09/24まで

ロックアップ期間中でも主幹事会社は、裁量で解除できる権限を有しています。

第三者割当等に関して割当を引き受けたものとの間で継続所有等の確約あり。

 

 

売り出し株式の詳細

 
売り出し対象となっている株式の株主内訳です。
 

氏名、又は名称 役職、関係性など 株数 割合
松本 俊人 代表取締役社長 70000 8.43%
合計   70000 8.43%

 

 

新規発行と増資による手取金の使途

azplan-ipo-shito

 

新規発行による手取金の概算額 389,440千円
第三者割り当て増資の手取概算上限 80,481千円

 

販売用不動産の取得費用 469,921千円

残額 0千円

 

 

直近の決算状況と業績の推移

azplan-gyouseki

  2013/02 2014/02 2015/02 2016/02 2017/02 2017/11
(第3四半期)
売上高
(百万円)
1013 1075 1778 2884 4742 3508
経常利益
(百万円)
71 81 243 27 259 142
当期純利益
(百万円)
40 49 163 7 157 141
1株当たり
配当額(円)
- - - - - -
1株当たり
当期純利益(円)
28535 34730 116585 10 224 202

※単位(百万円)、(円)の小数点以下端数は全て四捨五入で表示しています。
※1989/04設立。1993/05にアズ企画設計へ商号変更。

 

↓ 前年同期比へ置き換えたものがこちら

  2013/02 2014/02 2015/02 2016/02 2017/02 2017/11
(第3四半期)
売上高の
前年同期比
- 6.12% 65.40% 62.20% 64.42% -26.02%
経常利益の
前年同期比
- 14.08% 200.00% -88.89% 859.26% -45.17%

 

point<管理人コメント>

売上は右肩上がりでとても勢いがある伸びとなっています。

 

 

アズ企画設計の強み

 

※独自の見解などを含みます。

  1. 物件エリアの市場調査能力
  2. 不動産の収益力を改善(稼働率、賃料水準の向上)するノウハウ
    ※リーシング、リノベーション
  3. 内部を区切るなど造作を加えて提供する空間再生力
    ※収納スペースや事業スペースなど
  4. 遊休地の有効活用ノウハウ
    ※貸しコンテナ、コインパーキング、月極駐車場
  5. ホテル建築においてモジュール工法を採用
    ※工期短縮と低コスト実現
  6. 需要がある東北被災地における復興工事作業員向けホテル
    ※アイルーム。運営は委託。

 

point<管理人コメント>

 

 

以下は事業別の売上高内訳になります。
azplan-uriage-uchiwake

 

以下は東北で展開しているビジネスホテルの運営状況です。
azplan-hotel
外見からも分かりますが、まさに各部屋が箱のようになっています。
モジュール工法とは1室単位で専用工場にて製造してから現地で組み立てる工法とのことで工期とコスト削減できるのもうなずけます。

 

以下は、岩手県釜石市鵜住居にあるホテルの室内です。
※JTBのページより
azplan-hotel2
ビジネスホテルということでとてもシンプルな作りだと思いますが、復興工事作業員向けということもあって中長期滞在できるような設備が整っているようです。朝食・夕食の提供やコインランドリーなどの設備があるようです。

 

 

アズ企画設計の成長余力

 

※独自の見解などを含みます。

  1. 販売用不動産の取得拡大
  2. 不動産賃貸・管理事業におけるスケール(受託戸数)の拡大
  3. 付加価値を生み出す開発力の向上
  4. 各地域で空室率は大きく悪化傾向にあるのでニーズは高まっている
    ※東京都は横ばい
  5. 東北・都市型ビジネスホテル運営の事業拡大
  6. シェアオフィス・貸会議室の運営
  7. M&Aや資本提携による事業拡大及び競争力強化

 

point<管理人コメント>

 

以下は今期進捗中の売上高に対する各事業の内訳です。 azplan-uriage-uchiwake2
僅かにですが賃貸事業の売上割合が前期を上回っていますが、東北のビジネスホテル運営に力を入れていることが表れているのかなと感じました。

 

 

初値上昇の期待について管理人コメント

 

point<管理人コメント>

売上の勢いは大きく伸びていますので、需要はもちろん、収益改善力に対する評価は高いのかなと感じます。
東北でのビジネスホテル運営もニーズに沿った展開だと思います。
エリアの分析力やニーズに合った開発力があるのだろうと思いますので今後も期待したい会社です。

 

ロックアップはしっかりしており、ベンチャーキャピタルよる売り出しは心配ありません。

 

ジャスダック市場で公開株数は少ない方なので初値の上昇要因にもなりそうです。

 

過去にジャスダック市場で同程度の公開株数だったものを確認してみます。

 

・2017年でアズ企画設計と同程度の公開株数だったジャスダック銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
1439 安江工務店 02/10 563,700 1250 1300 4.00%
6543 日宣 02/16 287,500 1600 3000 87.50%
3560 ほぼ日 03/16 460,000 2350 5360 128.09%
3562 No.1 03/28 506,000 1570 3460 120.38%
6549 ディーエムソリューションズ 06/20 226,000 2500 7100 184.00%
3988 SYSホールディングス 06/30 345,000 2560 5530 116.02%
3992 ニーズウェル 09/20 402,500 1670 3850 130.53%
4124 大阪油化工業 10/05 609,500 1860 3100 66.67%
7808 シー・エス・ランバー 11/15 494,500 1480 2724 84.05%
9264 ポエック 11/28 531,300 750 3280 337.33%
7807 幸和製作所 11/28 296,900 3520 7980 126.70%
3997 トレードワークス 12/01 241,500 2200 13600 518.18%
6698 ヴィスコテクノロジーズ 12/13 228,600 4920 15000 204.88%

 

事業内容により初値の上昇率はマチマチですが、大きく高騰している銘柄も多いです。
投資用不動産事業は人気があると思いますので初値上昇にも期待できるのではないでしょうか。

 

 

IPOの申し込みが可能な証券会社はこちら

 

  証券会社名
主幹事 みずほ証券
引受 野村證券
引受 SBI証券
引受 岡三証券
引受 東海東京証券
引受 丸三証券
引受 水戸証券

 

個人向け配分の多いネット証券SBI証券は外れた場合にIPOポイントがもらえますので忘れずに申し込みしておくのは良いと思います。

 

 

このページを見た人のアンケート

wan

=>他IPO銘柄の投票状況を見てみる

 

 

このページを見た人の初値予想

hatsune-yosou

 

 

口コミ評価など

 

 

 

 

point<注意>
IPOに関する情報は、購入申し込み期間直前まで改定される場合があります。必ず最新の目論見書で内容をご自分で確認してから申し込むようにして下さい。ここで紹介した内容に間違いなどがあったとしても責任は持てませんので自己責任においてしっかり確認してください。
=>目論見書の見方はこちらを参考にして下さい








★この記事を読んだ方はシェア/ブックマークで応援お願いします。

 



ipo-banar


トップページへ


↑このページ先頭へ

スポンサードリンク

お役立ち関連記事

ついでに読みたい

  1. 日本リビング保証【7320】のIPO抽選申込どうする?
  2. 和心【9271】のIPO抽選申込どうする?
  3. RPAホールディングス【6572】のIPO抽選申込どうする?
  4. アジャイルメディアネットワーク【6573】のIPO抽選申込どうする?
  5. キュービーネットHD【6571】のIPO抽選申込どうする?
  6. ファイバーゲート【9450】のIPO抽選申込どうする?
  7. SOU【9270】のIPO抽選申込どうする?
  8. 信和【3447】のIPO抽選申込どうする?
  9. 日総工産【6569】のIPO抽選申込どうする?
  10. 共和コーポレーション【6570】のIPO抽選申込どうする?

IPO2018年03月IPO2018年03月