ジーニー【6562】のIPO抽選申込どうする?

3日後以内に上場予定のIPO銘柄があるかチェックします 本日、需要申告(BB)に申し込めるIPO銘柄があるかチェックします 最新IPOの上場結果/予定/カレンダーが確認できます 投票IPO申し込みアンケート投票の状況が一覧で確認できます
> > ジーニー【6562】のIPO抽選申込どうする?

スポンサードリンク

ジーニー【6562】のIPO抽選申込どうする?

 

 

geniee-ipo

更新: 2017/12/19

ジーニー IPOの紹介

(※2017/12/19更新)

コード 6562
会社名

(株)ジーニー

市場 マザーズ
事業内容

主にインターネットメディアの
広告収益最大化プラットフォーム
「GenieeSSP」など

公募売出
価格
1350円
※仮条件の上限
上場日

2017/12/18

初値
12/18
2674円
+98.07%

 

 

需要申告(ブックビルディング)スケジュール

 

ジーニーの株式割り当て抽選への参加は誰でも可能ですが、まず以下の期間に指定の証券会社で需要申告する必要があります。=>IPOの応募の流れやルールなどはこちらを参考

 

2017/11/30(木)~12/06(水)まで

=>最新IPOスケジュールをカレンダーで確認

 

IPOの申し込み期間は約7日間と短くなっていますので申し込み忘れにご注意下さい。

※申し込み可能な証券会社は、ページ最下部で紹介しています。

 

 

IPO抽選対象の株数

 

1,504,200株

 

(内訳)

公募(新株式発行): 1,000,000株
公募(自己株式の処分): 23,000株
引受人の買い取り引受による売り出し: 285,000株
オーバーアロットメントによる売り出し: 196,200株

 

過去数年のデータをもとにした市場別の株数のおおよそ規模感

geniee-ipo-maza-zu

geniee-ipo-kabusuu

 

 

想定発行価格と仮条件の価格

(※2017/12/19更新)

想定発行価格 1220円
仮条件の価格(11/28) 1220~1350円

 

 

株主の構成とロックアップ期間など

 

上位株主の所有割合と一定期間、株の売却ができないロックアップ条件の詳細になります。
  

氏名、又は名称 役職、関係性など 所有割合 ロックアップ
工藤  智昭 代表取締役、
子会社の取締役
38.84% 90日間
保有分売出
(0.75%)
ソフトバンクグループ
インターナショナル合同会社
  32.70% 90日間、1.5倍除く
廣瀬  寛 取締役、
子会社の取締役
4.62% 90日間
保有分売出
(10.06%)
吉村  卓也 従業員 4.36% 90日間
保有分売出
(10.67%)
AT-Ⅰ投資事業
有限責任組合
  4.19% 90日間、1.5倍除く
トランス・コスモス
株式会社
  2.88% 90日間、1.5倍除く
NICE SATISFY
LIMITED
  2.34% 90日間、1.5倍除く
Fenox Venture
Company Ⅸ, L.P.
  1.50% 90日間、1.5倍除く
アンカー・アドバイザーズ
TMT3号投資事業有限責任組合
  1.27% 継続所有確約
YJ1号投資事業組合   0.70% 90日間、1.5倍除く

 

90日のロックアップ期間:2018/03/17まで

初値形成後に発行価格の1.5倍以上で売却がなされる場合があります。

ロックアップ期間中でも主幹事会社は、裁量で解除できる権限を有しています。

第三者割当等に関して割当を引き受けたものとの間で継続所有等の確約あり。

 

 

売り出し株式の詳細

 
売り出し対象となっている株式の株主内訳です。
 

氏名、又は名称 役職、関係性など 株数 割合
廣瀬  寛 取締役、
子会社の取締役
80000 0.47%
吉村  卓也 従業員 80000 0.47%
電通デジタル投資事業有限責任組合   75000 0.44%
工藤  智昭 代表取締役、
子会社の取締役
50000 0.29%
合計   285000 1.66%

 

 

新規発行による手取金の使途

geniee-ipo-shito

 

新規発行による手取金の概算額 1,139,215千円
第三者割り当て増資の手取概算上限 220,214千円

 

(使途の内訳)

自社プロダクトの開発資金 283,755千円
自社プロダクトの修繕・機能改善 384,987千円
処理能力向上のためのサーバー及び通信回線の増強、ハードウェア購入 244,011千円
本社オフィス増床 140,000千円
事業拡大の人材採用費 167,263千円
借入金の返済資金 99,999千円
残額 39,414千円
※残額は将来における運転資金に充当する方針

 

 

直近の決算状況と業績の推移

geniee-gyouseki

以下、2016/03期から連結決算。

  2016/03 2017/03 2017/09
(第3四半期)
売上高
(百万円)
7369 11731 6488
経常利益
(百万円)
107 195 237
当期純利益
(百万円)
52 △ 15 △ 133
1株当たり
配当額(円)
- - -
1株当たり
当期純利益(円)
3 △ 1 △ 8

※単位(百万円)、(円)の小数点以下端数は全て四捨五入で表示しています。

 

↓ 前年同期比へ置き換えたものがこちら

  2016/03 2017/03 2017/09
(第3四半期)
売上高の
前年同期比
- 59.19% -44.69%
経常利益の
前年同期比
- 82.24% 21.54%

 

以下、単独決算のみ。

geniee-gyouseki2

  2012/03 2013/03 2014/03 2015/03 2016/03
売上高
(百万円)
824 1260 2911 7047 11353
経常利益
(百万円)
△ 68 △ 4 186 108 329
当期純利益
(百万円)
△ 70 △ 4 124 67 162
1株当たり
配当額(円)
- - - - -
1株当たり
当期純利益(円)
△ 95289 △ 4511 9 4 10

※単位(百万円)、(円)の小数点以下端数は全て四捨五入で表示しています。
※2010/04設立

 

↓ 前年同期比へ置き換えたものがこちら

  2012/03 2013/03 2014/03 2015/03 2016/03
売上高の
前年同期比
- 52.91% 131.03% 142.08% 61.10%
経常利益の
前年同期比
- 94.12% 4750.00% -41.94% 204.63%

 

point<管理人コメント>

売上高は右肩上がりで毎年大きく伸びています。
利益は赤字から黒字へ転換し、変動はあるようですが少しずつ拡大傾向にあるようです。

 

直近では純利益がマイナスとなっていますが、投資有価証券の評価損によるものが影響しているようです。
2017/09期: 約-59.8百万円
2017/09期: 約-275.6百万円

 

・投資有価証券

種類 銘柄 貸借対照表計上額(百万円)
株式 ADSKOM PTE.LTD. 約78.5
株式 株式株式ヒトクセ 約6.9
株式 UNICON. PTE. LTD 約3.3
株式 Adpushup 約120.6
債券 PT GLACTIC MULTIMEDIA 約33.6
その他 IMJ-IP Global3号 約37

 

季節変動要因としては、12月と3月に集中する傾向があるそうです。

2017/03 第1四半期 第2四半期 第3四半期 第4四半期
売上高
(千円)
2446399 2647345 3168689 3468466
割合 20.85% 22.57% 27.01% 29.57%

※第1四半期+第2四半期=43.42%
※第3四半期+第4四半期=56.58%

 

・連結子会社の詳細

設立 会社名 所在地 事業内容
2013/03 Geniee InternationalPte., Ltd. シンガポール アドテクノロジー事業の営業取引
2013/09 Geniee Vietnam Co., Ltd.PT.
Geniee Technology Indonesia
ベトナム アドテクノロジー事業の営業取引
2015/09 PT. Geniee Technology Indonesia インドネシア アドテクノロジー事業の営業取引
2016/08 PT. Adstars Media Pariwara インドネシア アドテクノロジー事業の営業取引
2016/08 上海及妮广告有限公司 中国 アドテクノロジー事業の営業取引
2017/08 Geniee Adtechnology
(Thailand) Co., Ltd.
タイ アドテクノロジー事業の営業取引

※上海及妮广告有限公司は2017/4/20に解散を決議し精算手続き中。

 

 

ジーニーの強み

 

※独自の見解などを含みます。

  1. オークション形式による広告枠の売買で広告収益の最大化が可能
  2. 独自の広告配信最適化アルゴリズムで効果的な配信
    ※行動履歴、購入履歴、位置情報
  3. フルハンドメイドしたシステム基盤で膨大なデータを超高速に処理が可能
    ※ユーザーがアクセスしてから広告が表示されるまで平均0.1秒以下
  4. 全てのプロダクトを独自開発しているので新技術や顧客要望にスピーディーに対応可能
  5. コンピューターサイエンスの博士/修士課程出身がエンジニアの半数を占め新技術の開発に取り組んでいる
  6. 顧客サイトのプライベートなデータとインターネット上のパブリックデータの2つを統合し分析活用できる
  7. 広告配信プラットフォームを他社ブランドでOEM提供
  8. 有力企業との連携
    ※ソフトバンクグループや国内外の通信キャリアなど
  9. Google公式認定メディアソリューションパートナー
    ※2017/04
  10. 欧米の技術より日本やアジアの国々に最適化されている?

 

 

point<管理人コメント>

 

以下は、事業別の売上高割合です。
geniee-uriage-wariai
インターネットメディア事業者向けサービス:
 「GenieeSSP」、「Googleプロダクト」になります。
広告主・アドネットワーク事業者向けサービス:
 「GenieeDSP」、「GenieeDMP」、「MAJIN」になります。

 

売上のほとんどがインターネットメディア向けに最適な広告配信する部分での売上となります。

geniee-rtb

広告配信する仕組みでは 広告枠を買う側と取引をしているDSP事業者が存在していますが、
ジーニーではその各社のなかから最適なものをメディアに表示する仕組みを提供しています。

ジーニー自体もDSP事業者としてプラットフォームを提供していますがその売上は小さいので、広告主側との取引は少ないということになると思います。

 

「GenieeSSP」では、以下のようなパートナーと提携しているようです。
geniee-dsp

 

メディアに広告を配信するうえで最適な広告を表示する際に、独自のアルゴリズムで行動履歴、購入履歴、位置情報などのデータを活用していますが、その部分が強みになっています。

 

 

・Genieeプロダクト紹介

 

・MAJIN紹介

 

 

ジーニーの成長余力

 

※独自の見解などを含みます。

  1. 広告掲載する新規媒体の獲得
  2. 海外市場におけるシェア拡大
    ※現地企業向けにGenieeSSPの提供など
  3. OEM提供の拡大?
    ※2017/10 Softbank Ads platform上でOEM提供
  4. マーケティングオートメーションプラットフォーム「MAJIN」の利用者拡大
    ※2017/07
  5. 新規サービスの開発提供
    ※2017/08 トレーダーズ株式会社とmitayo.を共同開発

 

 

初値上昇の期待について管理人コメント

 

point<管理人コメント>

インターネット媒体にとって広告による収益が得られる仕組みは無くてはならない存在となっています。行動履歴などを活用して、より広告主にとって有望なユーザーへの広告配信で効果の高いものとなれば、より価値は高まっていくのではないでしょうか。

 

ロックアップはしっかりしており、ベンチャーキャピタルによる売り出しも心配がありません。

 

気になる点としては12月でIPOが集中している点です。
上場日前日までに大型のIPOが連日の上場となっていますので資金分散が気になります。
それから上場日当日は、「ナレッジスイート」、「すららネット」、「歯愛メディカル」と合わせて4社同時上場となります。基本的にマザーズ、ジャスダック銘柄で規模はそれほど大きくは無いのですが、資金の分散はちょっと気になるところです。

 

マザーズ市場で公開株数は普通よりちょっと多いくらいで、それほど気になるほどではありません。

 

業績としては、利益が少ないものの着実に売上は伸ばしてきております。
人気のIT関連銘柄ですし、初値もそれなりに期待できるのではないでしょうか。

 

 

IPOの申し込みが可能な証券会社はこちら

(※2017/11/24更新)

  証券会社名
主幹事 野村證券
引受 SBI証券
引受 三菱UFJモルガン・スタンレー
引受 大和証券
引受 SMBC日興証券
引受 いちよし証券
カブドットコム証券

 

個人向け配分の多いネット証券であるSBI証券は応募しておくとよいです。

 

目論見書などで紹介されていない、いわゆる裏幹事としてカブドットコム証券がIPOを募集しています。ネット証券で平等抽選でもあるので積極的に参加したい人はお見逃しなく!

 

 

このページを見た人のアンケート

wan

=>他のIPO銘柄はこちらで投票受付中

 

 

口コミ評価など

 

 

 

 

point<注意>
IPOに関する情報は、購入申し込み期間直前まで改定される場合があります。必ず最新の目論見書で内容をご自分で確認してから申し込むようにして下さい。ここで紹介した内容に間違いなどがあったとしても責任は持てませんので自己責任においてしっかり確認してください。
=>目論見書の見方はこちらを参考にして下さい








★この記事を読んだ方はシェア/ブックマークで応援お願いします。

 



ipo-banar


トップページへ


↑このページ先頭へ

スポンサードリンク

お役立ち関連記事

ついでに読みたい

  1. オプティマスグループ【9268】のIPO抽選申込どうする?
  2. ABホテル【6565】のIPO抽選申込どうする?
  3. 要興業【6566】のIPO抽選申込どうする?
  4. ミダック【6564】のIPO抽選申込どうする?
  5. プレミアグループ【7199】のIPO抽選申込どうする?
  6. 森六ホールディングス【4249】のIPO抽選申込どうする?
  7. オプトラン【6235】のIPO抽選申込どうする?
  8. みらいワークス【6563】のIPO抽選申込どうする?
  9. 歯愛メディカル【3540】のIPO抽選申込どうする?
  10. すららネット【3998】のIPO抽選申込どうする?

IPO2017年12月IPO2017年12月