歯愛メディカル【3540】のIPO抽選申込どうする?

3日後以内に上場予定のIPO銘柄があるかチェックします 本日、需要申告(BB)に申し込めるIPO銘柄があるかチェックします 最新IPOの上場結果/予定/カレンダーが確認できます 投票IPO申し込みアンケート投票の状況が一覧で確認できます
> > 歯愛メディカル【3540】のIPO抽選申込どうする?

スポンサードリンク

歯愛メディカル【3540】のIPO抽選申込どうする?

 

 

ci-medical-ipo

作成:2017/11/28 更新:2017/12/19

歯愛メディカル IPOの紹介

(※2017/12/19更新)

コード 3540
会社名

(株)歯愛メディカル
※「しいあいメディカル」と読みます

市場 ジャスダック(スタンダード)
事業内容

主に歯科製品を中心として
医療関係者向けに
カタログによる通信販売。
※歯科分野以外の製品取扱もあり
※個人向けにWEB販売もあり

公募売出
価格
3300円
※仮条件の上限
上場日

2017/12/18

初値
12/18
4030円
+22.12%

 

point<管理人コメント>

現在「TOKYO PRO Market」で上場しておりますが、2017/12/17に上場廃止とし、 「ジャスダック」へ上場する経緯になっています。

 

「TOKYO PRO Market」の上場を廃止し、「ジャスダック」に上場する理由は、 資金調達の多様化と認知度向上など前向きなもののようです。

 

 

需要申告(ブックビルディング)スケジュール

 

歯愛メディカルの株式割り当て抽選への参加は誰でも可能ですが、まず以下の期間に指定の証券会社で需要申告する必要があります。=>IPOの応募の流れやルールなどはこちらを参考

 

2017/12/01(金)~12/07(木)まで

=>最新IPOスケジュールをカレンダーで確認

 

IPOの申し込み期間は約7日間と短くなっていますので申し込み忘れにご注意下さい。

※申し込み可能な証券会社は、ページ最下部で紹介しています。

 

 

IPO抽選対象の株数

 

1,100,000株

 

(内訳)

引受人の買い取り引受による売り出し: 1,000,000株
オーバーアロットメントによる売り出し: 100,000株

 

過去数年のデータをもとにした市場別の株数のおおよそ規模感

ci-medical-ipo-jasdaq

ci-medical-ipo-kabusuu

 

 

想定発行価格と仮条件の価格

(※2017/12/19更新)

想定発行価格 3210円
仮条件の価格(11/30) 3210~3300円/span>

 

 

株主の構成とロックアップ期間など

 

上位株主の所有割合と一定期間、株の売却ができないロックアップ条件の詳細になります。
  

氏名、又は名称 役職、関係性など 所有割合 ロックアップ
清水  清人 代表取締役社長 60% 180日間
保有分売出
(16.67%)
エア・ウォーター株式会社 資本業務提携 40% 180日間

 

180日のロックアップ期間:2018/06/15まで

※エア・ウォーター株式会社については合意ではなく、約束。

ロックアップ期間中でも主幹事会社は、裁量で解除できる権限を有しています。

 

 

売り出し株式の詳細

 
売り出し対象となっている株式の株主内訳です。
 

氏名、又は名称 役職、関係性など 株数 割合
清水  清人 代表取締役社長 1000000 10.00%

 

 

直近の決算状況と業績の推移

ci-medical-gyouseki
2015/12期から連結決算。

  2015/12 2016/12 2017/09
(第3四半期)
売上高
(百万円)
18145 20334 16873
経常利益
(百万円)
1610 1864 1677
当期純利益
(百万円)
1088 1282 1128
1株当たり
配当額(円)
- - -
1株当たり
当期純利益(円)
109 128 113

※単位(百万円)、(円)の小数点以下端数は全て四捨五入で表示しています。

 

↓ 前年同期比へ置き換えたものがこちら

  2015/12 2016/12 2017/09
(第3四半期)
売上高の
前年同期比
- 12.06% -17.02%
経常利益の
前年同期比
- 15.78% -10.03%

 

以下、単独決算のみ。

ci-medical-gyouseki2

  2012/12 2013/12 2014/12 2015/12 2016/12
売上高
(百万円)
10947 13236 15926 17949 20064
経常利益
(百万円)
1262 913 1367 1600 1833
当期純利益
(百万円)
745 582 875 1097 1277
1株当たり
配当額(円)
- - - - 64
1株当たり
当期純利益(円)
3729843 2912667 4379413 110 128

※単位(百万円)、(円)の小数点以下端数は全て四捨五入で表示しています。
※2000/01設立

 

↓ 前年同期比へ置き換えたものがこちら

  2012/12 2013/12 2014/12 2015/12 2016/12
売上高の
前年同期比
- 20.91% 20.32% 12.70% 11.78%
経常利益の
前年同期比
- -27.65% 49.73% 17.04% 14.56%

 

point<管理人コメント>

売上は右肩上がりで堅調な伸びとなっています。
利益も着実に拡大傾向にあります。

 

・連結子会社の詳細

子会社化 会社名 事業内容
2008/10 株式会社デンタルフィット 患者など個人向けの通販サービス
2016/03 株式会社デミライン 歯科医院専用のデイリーユース商品のカタログ販売、ウェブ販売。
2015/11 株式会社RayVision レントゲン医療機器の販売

 

 

業績予想

※2017/11/13時点

  2015/12 2016/12 2017/12
(予想)
売上高
(百万円)
18145 20334 23109
経常利益
(百万円)
1610 1864 2426
当期純利益
(百万円)
1088 1282 1574
1株当たり
配当額(円)
- - -
1株当たり
当期純利益(円)
109 128 157

※単位(百万円)、(円)の小数点以下端数は全て四捨五入で表示しています。

 

↓ 前年同期比へ置き換えたものがこちら

  2015/12 2016/12 2017/12
(予想)
売上高の
前年同期比
- 12.06% 13.65%
経常利益の
前年同期比
- 15.78% 30.15%

 

point<管理人コメント>

売上高は前年よりも伸びが大きくなるという予想になっていますが、 新規主力商品である歯科・動物用レントゲン機器及び歯科用CT機器等の販売強化とその他事業での伸びが考慮されているそうです。

 

利益の伸びが大きくなっているように思いますが、
販売費及び一般管理費の伸びが抑えられているようです。

 

・販売費及び一般管理費
2016/12期(実績) 36億90百万円(前年同期比 +19.8%増)
2017/12期(予想) 39億25百万円(前年同期比 +6.37%増

 

その他は、円安による海外仕入れコストの増加が見込まれるなかで、
国内仕入れ先にシフトした上で大量発注することで仕入れコストダウン実現を考慮されているとのことです。

 

 

歯愛メディカルの強み

 

※独自の見解などを含みます。

  1. 商品の開発・企画、仕入から販売まで一貫して手がける体制
    ※製造はおこなっていません
  2. 従来の卸売業に比べて各業務の内製化強化で安価な販売価格の実現
    ※コールセンター、カスタマーセンター、ロジスティクスセンター等
  3. 歯ブラシ販売本数、歯科通販売上高ではトップシェア
    ※歯科機器・用品年鑑2017年版より
  4. 歯科医師、歯科衛生士が主体となって歯科医師目線で企画開発
  5. グッドデザイン賞を受賞する商品開発力
    ※過去に3つ受賞

 

point<管理人コメント>

 

歯愛メディカルでは通販事業以外もおこなっているようですが、各事業の割合は以下のとおりです。

ci-medical-uriage-wariai

売上のほとんどが通販事業で、その他事業の割合はとても小さいです。

 

「その他事業」では以下のような事業をおこなっているそうです。
・CAD/CAM歯科技工物製作事業
・デンタルマガジン出版事業
・太陽光発電による電力事業
・歯科医院等を対象としたホームページ作成代行業

 

グッドデザイン賞を受賞した商品は以下のものです。
2010/11 「歯ブラシ/ネオタフト」 グッドデザイン賞 受賞
2012/11 「舌ブラシ/ゼクリンモア」 グッドデザイン賞 受賞
2013/11 「歯ブラシ/Ciアシストミニ」 グッドデザイン賞 受賞
ci-medical-good-design
どれだけ売れているかは知りませんが、オリジナル商品により新規需要を積極的に掘り起こしているのかなと思えるものです。

 

以下は、歯愛メディカルが「TOKYO PRO Market」に上場したときのトップインタビューです。
・トップインタビュー動画

※2016/06/16

 

 

歯愛メディカルの成長余力

 

※独自の見解などを含みます。

  1. 業務提携によるシナジー効果で業績拡大
    ※2016/10/18 エア・ウォーター株式会社と資本業務提携
  2. 動物医院や介護・福祉向けなど歯科医院以外の新規開拓
  3. その他事業の拡大
  4. オリジナル商品の企画開発
  5. 海外への事業拡大
    ※詳細は不明

 

point<管理人コメント>

歯科医院以外の新規開拓が課題となっていますが、通販はすでに開始しているようです。

・動物病院向け医療材料・医薬品通販カタログ「Vet」
※2009/09創刊
・介護施設・福祉施設向け通販カタログ「FreshCare」
※2011/12創刊
・病院・一般診療所向け通販カタログ
※2015/05創刊

 

各分野ごとの売上が公表されていないのでよく分かりませんが、 すでに何年も前から歯科以外の分野へ展開しているという経緯があるなかで、歯科製品中心の売上ということなので、そう簡単に新規分野で業績拡大できるようなものではないのかもしれません。

 

特に歯科医師、歯科衛生士が主体となった商品開発が歯科分野で強みとなっていたと思いますが、その他分野では現場目線での企画開発は強みは発揮しにくいところはあるのかも?と思いました。

 

歯科分野の海外展開に期待したいところなのですが現時点では計画が不明なので期待のし過ぎは禁物。
とりあえず直近では、業務提携によるシナジー効果やオリジナル商品の企画開発などで歯科分野の強みを活かした事業拡大を引き続きおこなっていくことに着目すべきかなと思います。

 

 

初値上昇の期待について管理人コメント

 

point<管理人コメント>

歯科製品の通販でトップシェアで業績は堅調ということで期待したい会社だとは思います。

 

しかし、「TOKYO PRO Market」からの市場変更で新規発行の公募はなしで売り出しのみとなっています。
何か新しい投資をするという期待感がないので、初値への期待感は少し抑えられるかもしれません。

 

ロックアップはしっかりしており、ベンチャーキャピタルによる売り出しも心配がありません。

 

気になる点としては12月でIPOが集中している点です。
上場日前日までに大型のIPOが連日の上場となっていますので資金分散が気になります。
それから上場日当日は、「ジーニー」、「ナレッジスイート」、「すららネット」、と合わせて4社同時上場となります。基本的にマザーズ銘柄で規模はそれほど大きくは無いのですが、資金の分散はちょっと気になるところです。

 

歯愛メディカルはジャスダック市場で公開株数は多目になっているのも気になるポイントです。

 

・2017年で歯愛メディカルと同程度規模の公開株数だったジャスダック銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
6175 ネットマーケティング 03/31 1,104,000 1140 1552 36.14%
7810 クロスフォー 07/20 1,725,000 730 1051 43.97%

 

・2016年の初値一覧も確認

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
6188 富士ソフトサービスビューロ 03/15 809,600 890 1010 13.48%
7185 ヒロセ通商 03/18 1,265,000 830 830 0.00%
2820 やまみ 06/17 1,230,500 1690 1751 3.61%

 

今年のIPO市況はとても良いですし、業績も良くまだ拡大していけそうなので、大幅上昇は難しいとしても初値はそれなりに期待してもよいのではないでしょうか。

 

一応、心配な場合は、仮条件の価格、最終的な売り出し価格が仮条件の上限で決まるかどうかなどを確認したうえで、最終的に購入するようにすると手堅いです。

 

需要申告で当選した場合に辞退するとペナルティを受ける証券会社は避けておくと良いかもしれません。

 

 

IPOの申し込みが可能な証券会社はこちら

 

  証券会社名
主幹事 SMBC日興証券
引受 大和証券
引受 三菱UFJモルガン・スタンレー証券
引受 フィリップ証券
引受 SBI証券

 

「SMBC日興証券」、「三菱UFJモルガン・スタンレー証券」は当選辞退した場合のペナルティがあります。

 

個人向け配分の多いネット証券であるSBI証券は応募しておくとよいです。

 

 

このページを見た人のアンケート

wan

=>他のIPO銘柄はこちらで投票受付中

 

 

口コミ評価など

 

 

 

 

point<注意>
IPOに関する情報は、購入申し込み期間直前まで改定される場合があります。必ず最新の目論見書で内容をご自分で確認してから申し込むようにして下さい。ここで紹介した内容に間違いなどがあったとしても責任は持てませんので自己責任においてしっかり確認してください。
=>目論見書の見方はこちらを参考にして下さい








★この記事を読んだ方はシェア/ブックマークで応援お願いします。

 



ipo-banar


トップページへ


↑このページ先頭へ

スポンサードリンク

お役立ち関連記事

ついでに読みたい

  1. オプティマスグループ【9268】のIPO抽選申込どうする?
  2. ABホテル【6565】のIPO抽選申込どうする?
  3. 要興業【6566】のIPO抽選申込どうする?
  4. ミダック【6564】のIPO抽選申込どうする?
  5. プレミアグループ【7199】のIPO抽選申込どうする?
  6. 森六ホールディングス【4249】のIPO抽選申込どうする?
  7. オプトラン【6235】のIPO抽選申込どうする?
  8. みらいワークス【6563】のIPO抽選申込どうする?
  9. すららネット【3998】のIPO抽選申込どうする?
  10. ナレッジスイート【3999】のIPO抽選申込どうする?

IPO2017年12月IPO2017年12月