シー・エス・ランバー【7808】のIPO抽選申込どうする?

> > シー・エス・ランバー【7808】のIPO抽選申込どうする?

スポンサードリンク

シー・エス・ランバー【7808】のIPO抽選申込どうする?

 

 

cs-lumber-ipo

更新: 2017/10/13

シー・エス・ランバーIPOの紹介

 

コード 7808
会社名

(株)シー・エス・ランバー
※社名の意味は、
「Customer Satisfaction through Lumber」
の略で木材の顧客満足に徹する
という意味です。

市場 ジャスダック(スタンダード)
事業内容

木造住宅資材のプレカット加工、販売。
木造戸建て住宅、木造一般建築物の建築の請負。
建築した戸建て住宅の販売。
不動産賃貸業。
※プレカット加工とは建築現場に搬入する前に
工場で木材を加工することです。

上場日 2017/11/15
初値 -

 

 

需要申告(ブックビルディング)スケジュール

 

シー・エス・ランバーの株式割り当て抽選への参加は誰でも可能ですが、まず以下の期間に指定の証券会社で需要申告する必要があります。=>IPOの応募の流れやルールなどはこちらを参考

 

2017/10/27(金)~11/02(木)まで

=>最新IPOスケジュールをカレンダーで確認

 

IPOの申し込み期間は約7日間と短くなっていますので申し込み忘れにご注意下さい。

※申し込み可能な証券会社は、ページ最下部で紹介しています。

 

 

IPO抽選対象の株数

 

494,500株

 

(内訳)

公募: 237,000株
引受人の買い取り引受による売り出し: 193,000株
オーバーアロットメントによる売り出し: 64,500株

 

過去数年のデータをもとにした市場別の株数のおおよそ規模感

cs-lumber-ipo-jasdaq

cs-lumber-ipo-kabusuu

 

 

想定発行価格と仮条件の価格

 

想定発行価格 1480円
仮条件の価格 ※2017/10/25に決定予定

 

 

株主の構成とロックアップ期間など

 

上位株主の所有割合と一定期間、株の売却ができないロックアップ条件の詳細になります。
  

氏名、又は名称 役職、関係性など 所有割合 ロックアップ
株式会社千代   45.55% 90日間、1.5倍除く
中井 政助 ※1 7.59% 90日間、1.5倍除く
シー・エス・ランバー
従業員持株会
  7.52%  
中井 礼子 ※2 6.95% 90日間、1.5倍除く
中井 俊輔 ※1、従業員 5.25% 90日間、1.5倍除く
中井 千代助 代表取締役社長 3.21% 90日間、1.5倍除く
株式会社日立ライフ   2.28% 90日間、1.5倍除く
株式会社東栄住宅 取引先(販売先) 2.28% 90日間、1.5倍除く
SMB建材株式会社 取引先(仕入れ先) 2.28% 90日間、1.5倍除く
戸田 正 取締役 2.18% 90日間、1.5倍除く
酒井 正喜   1.90% 90日間、1.5倍除く
土井 利和   1.90% 90日間、1.5倍除く
阪和興業株式会社 取引先(仕入れ先) 1.52% 90日間、1.5倍除く
株式会社
シー・エス・ランバー
自己株式 1.14%  
双日建材株式会社 取引先(仕入れ先) 0.76% 90日間、1.5倍除く

※1代表取締役社長の二等親内の血族
※2代表取締役社長の配偶者

 

90日のロックアップ期間::2018/2/12まで

初値形成後に発行価格の1.5倍以上で売却がなされる場合があります。

ロックアップ期間中でも主幹事会社は、裁量で解除できる権限を有しています。

 

第三者割当等に関して割当を引き受けたものとの間で継続所有等の確約あり。

 

 

売り出し株式の詳細

 
売り出し対象となっている株式の株主内訳です。
 

氏名、又は名称 役職、関係性など 株数 割合
中井 政助 ※1 70000 4.43%
中井 礼子 ※2 60000 3.80%
中井 俊輔 ※1、従業員 33000 2.09%
酒井 正喜   15000 0.95%
土井 利和   15000 0.95%
合計   193000 12.21%

※1代表取締役社長の二等親内の血族
※2代表取締役社長の配偶者

 

 

新規発行と増資による手取金の使途

cs-lumber-ipo-shito

 

新規発行による手取金の概算額 312,699,000円
第三者割り当て増資の手取概算上限 87,823,000円

 

(使途の内訳)

山武工場の製品保管テント新設費用 61,000,000円
山武工場の屋根全面葺替費用 61,000,000円
山武工場の下屋設置費用等 42,000,000円
残額 236,522,000円
残額は過去に実施した設備投資にかかる長期借入金の返済原資

 

point<管理人コメント>

多くの割合が借入金の返済となっているところが気になると思いますが、直近でも設備投資を積極的に行っているようです。

 

・2016/11期の設備投資
山武工場におけるプレカット工場ラインの更新と山武第二工場の新設 826百万円
保育所の取得3件 596百万円
・2017/8時点の設備投資
山武工場におけるピッキング用自動倉庫、事務所棟の新設、東金工場における加工機械購入 386百万円
保育所の取得4件 834百万円

 

先行して投資しているということであれば気にならないかなと思います。

 

 

直近の決算状況と業績の推移

cs-lumber-ipo-gyouseki
2015/11期から連結決算。

  2015/11 2016/11 2017/08
(第3四半期)
売上高
(百万円)
12532 13635 10504
経常利益
(百万円)
501 537 293
当期純利益
(百万円)
236 317 133
1株当たり
配当額(円)
- - -
1株当たり
当期純利益(円)
159 214 90

※単位(百万円)、(円)の小数点以下端数は全て四捨五入で表示しています。

 

↓ 前年同期比へ置き換えたものがこちら

  2015/11 2016/11 2017/08
(第3四半期)
売上高の
前年同期比
- 8.80% -22.96%
経常利益の
前年同期比
- 7.19% -45.44%

 

以下、単独決算のみ。

cs-lumber-ipo-gyouseki2

  2012/11 2013/11 2014/11 2015/11 2016/11
売上高
(百万円)
8396 9742 10818 9937 10834
経常利益
(百万円)
291 355 405 350 430
当期純利益
(百万円)
65 159 96 216 242
1株当たり
配当額(円)
700 3000 6000 7000 8000
1株当たり
当期純利益(円)
13019 31889 19269 146 164

※単位(百万円)、(円)の小数点以下端数は全て四捨五入で表示しています。 ※1983年4月に千葉中井材木店を設立し、1995年7月シー・エス・ランバーに商号変更

 

↓ 前年同期比へ置き換えたものがこちら

  2012/11 2013/11 2014/11 2015/11 2016/11
売上高の
前年同期比
- 16.03% 11.04% -8.14% 9.03%
経常利益の
前年同期比
- 21.99% 14.08% -13.58% 22.86%

 

point<管理人コメント>

全体の売上は右肩上がりで拡大しています。
ただし単独決算では2015/11期に一時的な鈍化の動きが確認できます。詳細は不明。
上記のグラフでは、単独決算と連結決算を結合しているので右肩上がりに見えてしまっている可能性もあると思いますので見極めが難しいです。

 

木材加工、建築請負に係る売上高は9月から12月までに集中。第4四半期に多く計上される傾向があるようです。

 

・2016/11期の各四半期売上と割合

  第1四半期 第2四半期 第3四半期 第4四半期
売上高(百万円) 3287 3318 3058 3970
各四半期毎の
売上割合
24.1% 24.3% 22.4% 29.1%

 

この昨年データをもとに単純計算で第4四半期に3割り増加すると仮定した場合、2017/11期の売上は約14820百万円で前期並みの伸び率になるかな?
とりあえずはグループ全体としては着実に売上を伸ばしており、堅調な様子は伺えます。

 

・(参考)連結子会社の詳細

設立 備考 会社名 所在地 事業内容
1992/05 2000/11
子会社化
(株)なのはなハウジング 千葉県 建築請負事業
2005/10 2005/10
分社化
(株)CLCコーポレーション 千葉県 不動産賃貸事業
1990/10 2000/11
子会社化
(株)シー・エス・物流 千葉県 プレカット製品の配送事業
2008/10 2011/12
子会社化
(株)シー・エス・ホーム 千葉県 建築請負事業、
不動産販売事業など。
2013/10 新設 CLS CAD VIETNAM
COMPANY LIMITED
ベトナム プレカット事業

 

 

シー・エス・ランバーの強み

 

※独自の見解などを含みます。

  1. 工場で木材加工するプレカットの採用で建築現場での大幅な工期短縮を実現
  2. コンピュータ制御による機械加工で高精度さらに無駄の無い木材加工ができる
    ※バラツキのない製品、高品質な接合部分、木くず等が削減など
  3. 木材加工の大幅な工期短縮と人件費等のコストダウンが可能
    ※大工職人が1日かかる作業をわずか10分で可能
  4. プレカット製品の加工、物流、建築、不動産販売まで自社グループで全て賄うことができる
  5. 生産拠点を首都圏にエリアを絞ることで営業、配送効率を上げている

 

point<管理人コメント>

工場で加工して建築現場での工期を大幅削減するプレカット加工はとても合理的な手法だと思います。
さらにコンピュータ制御による高精度な加工は強みになっています。
・(参考)プレカット加工した木材
cs-lumber-ipo-purekatto
人の手で作業したらとても時間がかかりそうな複雑な加工を短時間でバラツキなくできるのですから凄いことだと思います。

 

・主要な販売先

株式会社東栄住宅 株式会社新昭和
株式会社なのはなハウジング 大東建託株式会社
住友林業株式会社 東建コーポレーション株式会社
株式会社LIXIL住宅研究所 日本住宅株式会社
株式会社マルダイ スターツCAM株式会社

他300社  ※HPより

大手ハウスメーカーや賃貸住宅事業者など多くの取引先へ納入しており、需要の大きさや信頼度などを感じ取れると思います。

 

シー・エス・ランバーでは、建築事業や販売などもおこなっています。 cs-lumber-kenchiku

子会社の「なのはなハウジング」、「シー・エス・ホーム」にて建築事業を請け負えるようになっています。
自社で加工したプレカット製品を使って建築するので建築を請け負うと同時に自社製品の売上高を拡大することができます。

 

 

シー・エス・ランバーの成長余力

 

※独自の見解などを含みます。

  1. 新式の生産設備による効率的な加工とコスト削減の向上
    ※2016/11期に全面入れ替えを実施
  2. 山武第二工場の新設による生産能力の拡大
  3. 新規取引先の開拓による売上拡大
    ※建築請負事業は埼玉までエリアを拡大
  4. 保育所等の大型木造施設の建築受注を拡大中
  5. 保育所の賃貸を拡大し長期契約により安定収益を目指す
  6. 外国人技能実習生制度の積極的活用
    ※ベトナムから受け入れる体制を構築している

 

point<管理人コメント>

 シー・エス・ランバーの売上における内訳は以下のようになっています。

・2016/11期の各事業別売上の内訳
cs-lumber-uriage-uchiwake
 

当然主力がプレカット加工の製品ですが、次いで建築の請負事業となっています。
基本的には、プレカット製品の加工から建築までの工程が事業の柱で得意としているところなのでしょう。

 

不動産賃貸業や不動産販売事業などは現状、売上に占める割合はとても小さいようです。

2016/11期において介護施設が空室となり賃料収入が減少したとありましたので苦戦しているところはありそうです。
※2016/11期 不動産賃貸業の売上高は、199百万円(前年同期比 +9.2%減)

今後どれだけ売上拡大できるかは未知数ですが、ある意味拡大余地は大きいと言えますので成長に期待できる部分かもしれません。

 

賃貸経営としては以下のものがあるようです。
cs-lumber-chintai
共同賃貸住宅の他、「保育所」や「介護施設」など現在、日本の社会問題として大きく話題になっており需要のある施設を手がけている点は期待してしまう部分だと思います。

 

賃貸経営は難しいところがあるかもしれませんが、プレカット製品の使用から建築までをグループで請け負っているわけなので確実に主力事業の売上拡大には貢献します。

 

・現在新設中の保育所

建設場所 完成予定 投資額
東京都品川区 2017/11 230百万
東京都大田区 2017/11 230百万
東京都文京区 2017/11 230百万

 

介護施設で上手くいっていないところがあるのが関係しているのか、需要に違いかはわかりませんが、現在は保育所の新設に力を入れているようです。
今後、賃貸事業として経営されていくものなので今後の施設数拡大にも期待できるところだと思います。

 

 

初値上昇の期待について管理人コメント

 

point<管理人コメント>

個人的に建築関連に詳しくはありませんが、プレカット加工というのは合理的で人手不足の時代において、ほとんどのハウスメーカーは当たり前のように利用していると思うので、今後も安定した需要は見込めるのではないでしょうか?
もちろん、景気に左右される部分や輸入材の為替影響などのリスクは注意点です。

 

単にプレカット加工というだけでは競合との差別化がどうか気になりますが、
注目したいのは保育所の新設を積極的に行っている点です。
首都圏での保育所は足りないと社会問題になっていますし、自治体、政府としても力を入れています。国策銘柄として魅力は高まりそうな気がします。

 

ロックアップもあり、ベンチャーキャピタルによる売り出しも心配がありません。

 

想定株価は高くなく、ジャスダック市場で公開株数も少ない方で、今年のIPO市況はとても良いです。

 

前回のIPO(Casa)からは15日後とかなり間は空いています。

 

今後大きな成長が見込めるかどうかというと難しいですが、業績もそれなりに堅調さは感じますし、初値はそれなりに期待しても良いのではないでしょうか?

 

参考に今年、ジャスダックに上場したものを参考に掲載しておきます。

・2017年でシー・エス・ランバー と同じ規模以上の公開株数だった銘柄の初値一覧

コード 銘柄名 上場 公開株数 公募価格 初値 騰落率
1439 安江工務店 02/10 563700 1250 1300 4.00%
6694 ズーム 03/28 725600 1520 2278 49.87%
3562 No.1 03/28 506000 1570 3460 120.38%
6175 ネットマーケティング 03/31 1104000 1140 1552 36.14%
7810 クロスフォー 07/20 1725000 730 1051 43.97%
7809 壽屋 09/26 690000 2000 2650 32.50%
4124 大阪油化工業 10/05 609500 1860 3100 66.67%

 

 

IPOの申し込みが可能な証券会社はこちら

 

  証券会社名
主幹事 みずほ証券
引受 三菱UFJモルガン
・スタンレー証券
引受 ちばぎん証券
引受 マネックス証券
カブドットコム証券

 

ネット証券で完全平等抽選であるマネックス証券などは忘れずに申込みしておくとよいです。

 

目論見書などで紹介されていない、いわゆる裏幹事としてカブドットコム証券がIPOを募集していますので穴場です!ネット証券で完全平等抽選でもあるのでお見逃しなく!(>_<)

 

 

このページを見た人のアンケート

 

 

 

口コミ評価など

 

 

 

 

point<注意>
IPOに関する情報は、購入申し込み期間直前まで改定される場合があります。必ず最新の目論見書で内容をご自分で確認してから申し込むようにして下さい。ここで紹介した内容に間違いなどがあったとしても責任は持てませんので自己責任においてしっかり確認してください。
=>目論見書の見方はこちらを参考にして下さい






★この記事を読んだ方はシェア/ブックマークで応援お願いします。

 



ipo-banar


トップページへ


↑このページ先頭へ

スポンサードリンク

お役立ち関連記事

ついでに読みたい

  1. サインポスト【3996】のIPO抽選申込どうする?

IPO2017年11月IPO2017年11月