投資信託の運用会社が破綻しても保護されます

> > 投資信託の運用会社が破綻しても保護されます

スポンサードリンク

投資信託の運用会社が破綻しても保護されます

 

 

 

hatan

 

 

投資信託は、お金を他人に預けて投資をするものです。

運用を任せている会社が破綻したらどうなるでしょうか?

 

 

運用会社は、投資の運用をすることによる手数料でビジネスが成り立っています。

いくら運用の成績がよくとも、資金が集まらなければ利益が増えません。

場合によって、破綻することがあります。

 

 

運用会社が破綻しても投資家の資金は 「保護」 されます。

 

実は、

投資から集めたお金は、運用会社が保有していないのです。

必ず、「信託銀行」 に預けることとなっています。

※巷には資金を直接保有して運用する破綻リスクのあるファンドが存在します。証券会社以外の直販系は必ず確認して下さい。

ですから、

運用会社が自社の損失補償など、不正な利用がされることが無いので安心な仕組みになっていると言えるでしょう。

 

 

運用会社が破綻した場合、

別の運用会社へ委託されます。

もしくは、

投資信託が繰り上げ償還され投資家へ資金が戻ります。

 

 

 

次に、

信託銀行が破綻したらどうなるのか?

銀行は、お金などの財産を預かり運用して利益を得るビジネスですから、利益が得られなければ破綻します。

 

 

信託銀行が破綻しても投資家の資金は 「保護」 されます。

 

ここで重要なのが、

投資信託の運用会社をへて預かった資金は、信託銀行の財産とは別に管理することが法律で義務付けられているのです。

信託銀行の損失補償には、利用できないようになっていますから安心だと言うわけですね。

※銀行の債権者が差し押さえすることはできません。

 

信託銀行が破綻した場合、

別の信託銀行へ委託されます。

もしくは、

投資信託が繰り上げ償還され投資家へ資金が戻ります。

 

 

 

最後に、

販売会社が破綻した場合です。

 

これはお分かりになると思いますが、

当然、投資家の資金は 「保護」 されますので安心してください。

 








★この記事を読んだ方はシェア/ブックマークで応援お願いします。

 




トップページへ


↑このページ先頭へ

スポンサードリンク

お役立ち関連記事

ついでに読みたい

  1. 投資信託のメリットデメリットを理解すればきっと買いたくなる
  2. どのくらい儲かる?投資信託のリターン上位50ランキング2014
  3. 投資信託の分散度レベルに応じた運用/リスク軽減とリターン
  4. 直販系ファンドの投資信託会社とは
  5. 投資信託を使って経済投資する方法

経済投資の方法 メニュー経済投資の方法 メニュー