直販系ファンドの投資信託会社とは

 おすすめネット証券  マネックス証券/ カブドットコム証券/ SBI証券 ※フィデリティ証券キャンペーンこちらで徹底解説中! 

スポンサードリンク

直販系ファンドの投資信託会社とは

 

 

chokuhantoushin
直販系の投資信託というのが存在します。

 

投資信託は、基本的に運用会社が直接販売するのではなく販売会社を通じて販売するのが一般的です。

主な販売会社は、証券会社です。

※参考>> 投資信託を使って経済投資する方法

 

 

 

投資信託の手数料には、「販売会社」の手数料と「運用会社」の手数料があります。

 

 

直販系とは、

投資信託の「運用会社」自身が「販売」も直接おこなうのです。

 

 

chokuhan1

chokuhan2

 

 

 そもそも販売会社を通すのは、運用会社の都合です。

 

個人投資家はにとって信頼が高く、証券会社で取引をする人が多いです。顧客対象が多い、証券会社に販売してもらう方がメリットが大きいのは当然ですね。

当然、販売会社を通すことで手数料がかかってしまうので個人投資家にとってはデメリットであるのです。

 

ですから個人投資家の目線で販売会社の手数料を削減して、

個人投資家へ利益を還元することが直販系、最大のメリットです。

 

 

 

直販系の先駆者は、

さわかみ投信

です。

 

その後、

追随するように多くの直販系投信会社が設立されています。

 

セゾン投信

ありがとう投信

鎌倉投信

ひふみ投信

 

私、のりたまも以前は、

「さわかみ投信」、「ひふみ投信」などへ投資していたことがあります。

 

 

運用会社が 直接販売 しようとしても、実績、知名度がよほど無いと売れないのが現実です。

運用内容が独自の運用性の強いものが多いです。個人的には運用成績にも大きな波を感じることがありました。

ユニークなものが多いので、共感できるものがあれば面白い投資方法ではあります。

 

 

 

フィデリティ証券の積み立ては

NISA枠120万円を超えた分も手数料無料!

 

shita2

 

フィデリティ証券おすすめポイント

直販ファンドを凌駕するサービスとは・・・








★この記事を読んだ方はシェア/ブックマークで応援お願いします。

 




トップページへ


↑このページ先頭へ

スポンサードリンク

お役立ち関連記事

ついでに読みたい

  1. 投資信託のメリットデメリットを理解すればきっと買いたくなる
  2. どのくらい儲かる?投資信託のリターン上位50ランキング2014
  3. 投資信託の分散度レベルに応じた運用/リスク軽減とリターン
  4. 投資信託の運用会社が破綻しても保護されます
  5. 投資信託を使って経済投資する方法

経済投資の方法 メニュー経済投資の方法 メニュー