フィデリティ証券で投資信託の積み立てを設定する手順です

> > フィデリティ証券で投資信託の積み立てを設定する手順です

 おすすめネット証券  マネックス証券/ カブドットコム証券/ SBI証券 ※フィデリティ証券キャンペーンこちらで徹底解説中! 

スポンサードリンク

フィデリティ証券で投資信託の積み立てを設定する手順です

 

 

fiderithishouken-tsumitate

フィデリティ証券には毎月、投資信託の積み立てを自動で実行してくれるサービスがあります。

 

「ステップ・BUY・ステップ」と名付けられており、

月々1万円からコツコツと一歩ずつ、

時間分散を活用して投資をおこなっていく目的で用意されています。

いわゆるドルコスト平均法の概念にもとずく投資法を実践したい人向けのサービスとなっております。

 

私は過去にネットサービスが存在しない直販ファンドなどで積み立ての申し込みをしたことがあります。今思えば、書類や電話などでとても煩わしかったなと思えますが、

フィデリティ証券のWebサイトで自由にいつでも変更可能でとても便利になっています。

 

とくにフィデリティ証券では積み立てによる優遇処置などがありますので、

投資初心者にとってはメリットは大きいと思います。

積み立てをしてみたいと思っている人向けに手順がどのようになるかご紹介したいと思います。

 

積み立てを初める前に銀行口座引き落としの申し込みが必要

 

フィデリティ証券で積み立てをするには、

銀行口座から投資資金を自動で引き落としできるように、

予め申し込みをしておく必要があります。

 

詳細はこちらのページで紹介しております。

=>フィデリティ証券の積み立て楽天銀行の引き落としを設定してみた

 

銀行口座から証券会社の口座へいちいち入金する手間が省けますし、
振込手数料も節約できますので、
銀行口座から自動引き落とでおこなう積み立てはとても便利です。

 

これから説明する積み立て手順は、

銀行口座からの引き落としを申し込みしていないと出来ないものになりますのでご注意ください。

 

投資信託の積み立て指示を設定する手順

 

(1)積み立てしたいファンドを選択する

 

まずは積み立てしたいファンド(投資信託)を自分で選びます。

フィデリティ証券のWEBサイトにログイン後、資産運用のメニューから探す事ができます。

 

「(各種分類で)ファンドを探す」、「ランキングから探す」、「(名称での)検索」など色々な探し方がありますので、

自分が投資したいと思うものをまずは見つけてください。

 

※画像クリックで拡大

fiderithishouken-tsumitate1

 

(2)買い注文からファンド積み立て登録をする

 

ファンドを探す画面でファンド名をクリックすると銘柄の詳細画面を確認することができます。

以下は、「資源ファンド(株式と通貨) ブラジルレアル・コース」で積み立てする場合を例に説明しています。

 

 「買い注文」のボタンをクリックすると購入の仕方で、

4つのコースが選択できる小さい画面が開きます。

 

※画像クリックで拡大

fiderithishouken-tsumitate2

 

ファンド一括購入は都度、スポットで投資信託を買い付ける場合のコースです。

積み立てをする場合は、

「分配金再投資コース」もしくは、「分配金受け取りコース」のどちらかを選択します。

 

fiderithishouken-tsumitate22

 

分配金再投資コース」・・・ 決算で分配金が発生した場合、分配金を使って投資信託を買い付け直します。※分配金を再投資する場合の手数料は無料です。

 

分配金受け取りコース」・・・ 決算で分配金が発生した場合、分配金を現金で受け取ります。

 

どちらを選択するかは個人の考え方次第ですが、

分配金というのは発生した時点で税金が源泉徴収されます。

せっかく現金化された分配金ということもありますし、

現金化するということは、資産の一部をリスク回避できるという考え方もできるので個人的には分配金受け取りコースを選んでいます。

 

(3)積み立て金額を決定する

 

コースを選択すると以下のような「ファンド積立」の画面が表示されます。

※銀行口座の引き落としを申し込みしていない場合は、この画面が表示されません。

 

積み立てするファンドの名称のところに、

選択したコース名が表示されていますので間違いないことを確認します。

 

※画像クリックで拡大

fiderithishouken-tsumitate3

 

毎月、積み立てしたい金額を「毎月の積立額」のところに数字で入力します。

特定口座で購入する場合は、上段の「特定」のところへ入力します。

NISA口座で購入する場合は、下段の「NISA」のところへ入力します。

※フィデリティ証券でNISA口座を開設していないとNISAは入力できません。

※口座の違いやキャンペーンの時期など手数料がお得になったりしますので、

このとき金額の下に表示される手数料が確認できるのは便利です。

 

それから任意で、ボーナス月に増額して積み立てする設定もできます。

こちらも特定口座とNISA口座で分かれていますので、必要に応じて入力します。

会社員の賞与時期に多めに投資したいと思っている人向けの設定です。

 

上記の例は、

特定口座で毎月1万円分の積み立てを行い、

ボーナス月である1月と7月に+1万円を増額する場合となります。

 

<上記設定例での各月における積み立てイメージ>

01月 2万円 の積み立て

02月 1万円 の積み立て

03月 1万円 の積み立て

04月 1万円 の積み立て

05月 1万円 の積み立て

06月 1万円 の積み立て

07月 2万円 の積み立て

08月 1万円 の積み立て

09月 1万円 の積み立て

10月 1万円 の積み立て

11月 1万円 の積み立て

12月 1万円 の積み立て

 

ボーナス月は1月と7月で固定となっています。

ボーナス月以外に増額設定したいと思っているひとは、

その月になったときに個別で手動買付をおこなえば対応できます。

 

 

積み立て金額の内容を確認したら、

「取引内容を確認する」をクリックすると次へ進みます。

 

※積み立て金額は最低1万円以上での入力となっていますので、

1万円より少ない金額を入力すると以下のようにファンド名が赤くなりエラーとなります。

1万円以上に入力しなおして再度、「取引内容を確認する」をクリックすると次へ進めます。

fiderithishouken-tsumitate32

※ボーナスの積み立て増額も1万円以上でないとダメなようです。

最初、1万円より少ない金額で指定したら次に進めなくてハマりました。

 

 

(4)目論見書などの確認をする

 

目論見書等の閲覧画面が表示されますので、

未読となっているものを全てクリックして確認しておきます。

 

※「閲覧済み」となっている場合は既に確認済みなので、任意で再確認してください。

※一番最初の画面でも目論見書を閲覧するリンクがあるのですが、

既に全て閲覧済みとなっている場合は、このSTEP2の画面はスキップされSTEP3へ進みます。

 

fiderithishouken-tsumitate4

 

※目論見書などの閲覧には、adobe readerが必要です。

クリックしても表示できない場合は、adobe readerをダウンロードしてインストールしてください。

 

=>adobe readerのダウンロードはこちらからどうぞ

 

 

全て閲覧したら、

「書面の内容を理解し、取引をはじめる」ボタンをクリックします。

※未読が残っている状態だとクリックできません。

 

 

(5)最終確認をおこない確定する

 

前のSTEPで入力した内容を最終確認できます。

積み立て内容に間違いのないことを確認します。

 

fiderithishouken-tsumitate4

 

内容を確認したら、

ご確認くださいのところで3つのチェックボタンをクリックします。

 

理解したに全てのチェックが完了した後、

「上記の内容で登録する」をクリックします。

 

登録が完了すると以下のような画面が表示されます。

fiderithishouken-tsumitate42

 

 

投資信託の積み立て登録の内容の確認や変更をする

 

積み立て登録した後は、

設定内容の確認や変更する画面が別に用意されています。

 

マイページより、以下手順でリンクをクリックすると画面が開けます。

お預かり明細・ファンド積立 > ファンド積立登録状況のご確認・変更
※画像クリックで拡大
fiderithishouken-tsumitate5

 

 金額を「変更」するほか、「停止」もいつでも自由におこなえます。

fiderithishouken-tsumitate6

 

自動引き落としの開始日と積み立て実施日の注意点

 

銀行口座からの引き落としは、

毎月、28日におこなわれます。

※休業日の場合は、翌営業日です。

 

そして、積み立て登録は引き落とし日から11営業日前までにおこなわなければいけないこととなっています。

登録してもすぐには積み立てが出来ない点には注意してください。

 

締め切り時間は、18:30までとなっていますので11営業日前の18:30までに登録する必要があります。

11営業日前であっても18:30を過ぎるとその月は積み立てがおこなわれません。

 

その場合は、手動で買い付ければ対応できますが、

いつから積み立てが開始されるかは事前に理解しておくべきだと思います。

 

ちなみに実際に投資信託を買い付けるのは、

引き落とし日から7営業日後となります。

 

 

 

フィデリティ証券の積み立ては

NISA枠120万円を超えた分も手数料無料!

 

shita2

 

フィデリティ証券おすすめポイント








★この記事を読んだ方はシェア/ブックマークで応援お願いします。

 




トップページへ


↑このページ先頭へ

スポンサードリンク

お役立ち関連記事

ついでに読みたい

  1. クーポンで投資信託の購入時手数料が無料になるフィデリティ証券
  2. USリートの見通しにフィデリティ証券の動画を活用すべし
  3. フィデリティ証券の手数料は他にないダントツメリット
  4. フィデリティ証券の積み立て楽天銀行の引き落としを設定してみた

フィデリティ証券についてフィデリティ証券について