証券会社の電話注文(日本株手数料)

> 証券会社の電話注文(日本株手数料)

 おすすめネット証券  マネックス証券/ カブドットコム証券/ SBI証券 ※フィデリティ証券キャンペーンこちらで徹底解説中! 

証券会社の電話注文(日本株手数料)

SBI証券では、「インターネットコース」と「ダイレクトコース」でそれぞれ電話注文が可能ですが、手数料に違いがありますので両方掲載しています。

SBI証券イ = インターネットコース 
SBI証券ダ = ダイレクトコース 

  SBI
証券イ
SBI
証券ダ
楽天
証券

マネック
ス証券
カブドッ
トコム
証券
野村

証券

大和

証券

約定金額 (税抜) (税抜) (税抜) (税抜) (税抜) (税込) (税込)
 10万円
2000円 858円 3450円 2500円 2090円 1954円 1890円
 30万円
2000円 1905円 3450円 2500円 2250円 2571円 2608円
 50万円
2000円 2572円 3450円 2500円 2250円 4423円 4347円
 100万円
3600円 4000円 3800円 4000円 2990円 7509円 8694円
 150万円
4400円 5715円 4000円 6000円 3440円 10080円 13041円
 300万円
6400円 11429円 4500円 12000円 5690円 18000円 21999円
 500万円
6400円 19048円 4500円 20000円 5690円 24686円 35305円
 1000万円
6400円 28572円 4500円 40000円 5690円 43200円 59875円
 30000万円
6400円 38096円 4500円 120000円 5690円 113142円 139147円

※2016/04/06更新

※各証券会社を比較して割安と思えるところに色を付けてあります。

※マネックス証券は、約定金額の0.4%(最低手数料2500円)で計算したもので算出しております。

※大和証券は、約定金額の規模に応じた料率(0.86940%~0.22680%)と固定の手数料を加算する料金体系となっています。

※マネックス証券と大和証券以外は、約定金額の規模に応じた料金設定表をもとに転記しています。

※3000万円を超える手数料については省略しておりますので各証券会社にてご確認ください。

※SBI証券のダイレクトコースは、全国各地に店舗をかまえているSBIマネープラザという仲介業者に相談したり取引することができるものです。もちろんインターネットを使った取引も自分で出来ます。
 インターネットコースからダイレクトコースへの切り替えはインターネットコースの窓口から申し込みで簡単にできます。

※野村證券は、「野村ネット&コール」の料金体系となっています。

※大和証券は、「ダイワ・ダイレクトコー」の料金体系となっています。

※野村と大和は、公式ページで税別表示がありませんでしたので税込み表示にしております。


★この記事は参考になりましたでしょうか?