証券会社の単元未満株・取引手数料を比較(電話注文)

> 証券会社の単元未満株・取引手数料を比較(電話注文)

証券会社の単元未満株・取引手数料を比較(電話注文)

SBI証券イ = インターネットコース 
SBI証券ダ = ダイレクトコース 

※野村證券と大和は、税込みでの表示となりますのでご注意下さい。

証券会社 名称 手数料(税抜)
SBI証券イ S株 約定代金×6% /最低:2000円
SBI証券ダ S株 約定代金×6% /最低:2000円
マネックス証券  ワン株 約定代金×1% /最低:1905円
カブドットコム証券 プチ株 (※1)通常取引手数料に加えて、オペレータ手数料2000円を加算。
野村ネット&コール まめ株 (※2) /最低:2160円(税込)
大和ダイレクト ミニ株 (※3)/最低:756円(税込)
楽天証券 取扱なし

(※1)マネックス証券の通常取引手数料は、約定代金2万円まで100円、以降約定代金1万円増加まで毎に67円加算
(※2)約定代金×1.404%(税込み)
(※3)単元数での価格により電話注文で通常の株取引手数料の料率が決定されます。その料率と約定金額で計算したものが手数料となります。
 なお、通常の株取引では料率+固定料金が設定されている価格帯がありますが、固定料金については購入株数に応じて減額調整されます。
 参考:「100万円以下 0.86940%」、「300万円以下 約定代金の0.66528%+ 2041円」
   300万円の場合、固定料金の2041円が購入株数に応じて減額されます。


★この記事は参考になりましたでしょうか?